《90年代の国産スポーツカー比較》スープラやRX-7など【今買うといくら?】
2021年2月22日 更新

《90年代の国産スポーツカー比較》スープラやRX-7など【今買うといくら?】

「トヨタ スープラ」をはじめとした90年代の国産スポーツカー。現在の中古車市場において、どのくらいの価格で取引されているのでしょうか?

7,863 view

90年代の国産スポーツカー!今買うといくら?

現在40代~50代の世代が憧れた、90年代のスポーツカー。「トヨタ スープラ」をはじめ、国内各社が魅力的なモデルを発表していました。あれから20年以上が経過した現在。かつてのスポーツカーは中古車市場でどのくらいの価格になっているのでしょうか?この記事では、90年代のスポーツカーのうち代表的な車種の、中古車市場における相場について見ていきたいと思います。なお、記事内に出てくる中古車の価格は消費税込みの価格です。

動画を製作しました!

まだまだ自動車が憧れの的だった90年代。その頃に人気を集めた国産スポーツカー。
本稿で取り扱う人気のスポーツカーを、洗練されたBGMと共に動画化しています。

是非ご覧ください。

《90年代の国産スポーツカー比較》スープラやRX-7など【今買うといくら?】

トヨタ スープラ(JZA80)

まずご紹介するのは「トヨタ スープラ(JZA80)」。1993年から2002年にかけて販売されたトヨタ・スープラの日本国内における2代目のモデルであり、累計生産台数はおよそ3万台。「THE SPORTS OF TOYOTA」のキャッチコピーで、2ウェイツインターボエンジンなどを搭載した俊足モデルとして当時の若者の憧れの的となっていました。
 (2243444)

映画「ワイルド・スピード」にも登場し、日本のみならず海外でも人気の高い「トヨタ スープラ(JZA80)」ですが、現在の中古車相場は、以下の写真の1997年式の「スープラ 3.0 SZ-R クーペ」が289万円、1999年式の「スープラ 3.0 RZ-S クーペ」が698万円、場合によっては1000万円を超えるものもあるなど幅広くなっています。全体的に見ると400万円台のものが多く、この価格帯がボリュームゾーンと言えるかもしれません。

【車両本体価格】289.0万円

トヨタ(TO)  スープラ 3.0 SZ-R  クーペ...

トヨタ(TO) スープラ 3.0 SZ-R クーペ(年式:1997年)

【画像提供:カーセンサーnet 】

【車両本体価格】698.0万円

トヨタ(TO)  スープラ 3.0 RZ-S  クーペ...

トヨタ(TO) スープラ 3.0 RZ-S クーペ(年式:1999年)

【画像提供:カーセンサーnet 】

マツダ RX-7(アンフィニ)

1991年から2003年にかけて販売され、「アンフィニのスポーツです。」「その非凡さが、アンフィニ。」などのキャッチコピーで注目を浴びた「マツダ RX-7(アンフィニ)」。ユーノス・コスモに次いでシーケンシャルツインターボを採用したパワフルな走りで、累計販売台数はおよそ5万台を記録しました。
 (2243456)

中古車市場における「マツダ RX-7(アンフィニ)」ですが、趣味性の高い車であったことから現存数は多く、中古車の相場は100万円台後半から300万円台後半。例えば1997年式の「アンフィニRX-7 タイプRS クーペ」は走行距離などに応じて213万円、368万円の値が付いています。全体的に見ると、特に250万円前後の中古車が目立つ印象です。

【車両本体価格】213.0万円

マツダ(MA)  アンフィニRX-7 タイプRS  ク...

マツダ(MA) アンフィニRX-7 タイプRS クーペ(年式:1997年)

【画像提供:カーセンサーnet 】

【車両本体価格】368.0万円

50 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • ライモン 2022/2/28 02:44

    あと補足として一つ注意して欲しいのはこうした国産スポーツカーは当時の走り屋などとかに社外製のチューニングパーツを取り付けられたり悪い物では事故歴があり修復された物も多いです。必ず買う時は信頼出来る専門のディーラーに行きよくネットでどこが故障・劣化しやすいかとかここが〇〇だと修理されているとかの情報を集めてから買いましょう。安物買いの銭失いにならないように、ある程度高値を覚悟して購入を検討して下さい。

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「GRスープラ」の3つの特別仕様車が1/64スケールミニカーになって登場!限定各999台で予約受付開始!!

「GRスープラ」の3つの特別仕様車が1/64スケールミニカーになって登場!限定各999台で予約受付開始!!

ヒコセブンが展開するオリジナルブランド「CARNEL」より、ダイキャスト製1/64スケール(約6.5cm)、トヨタ スープラ RZ “Horizon blue edition” 2020 Horizon blueと“Matte White Edition” 2022 Matte Avalanche White Metallic、“Plasma Orange 100 Edition” 2023 Plasma Orangeの3種類が発売されます。
隣人速報 | 149 view
【トヨタ・スープラ(SUPRA)】1990年代スポーツカーブームを懐かしむ、愛車スープラ(SUPRA)JZA70とともに過ごしたの青春。

【トヨタ・スープラ(SUPRA)】1990年代スポーツカーブームを懐かしむ、愛車スープラ(SUPRA)JZA70とともに過ごしたの青春。

1990年代は国産スポーツカーブーム。MR2、セリカ、RX7、180SX、フェアレディZ、シルビア、スカイラインなど魅力的なスポーツカーが数多く登場した時代でした。なかでも私は、愛車だったトヨタスープラ(JZA70)が大好きでした。
青春の握り拳 | 18,940 view
80年代はホットハッチ全盛期♪ 「スターレットターボS」「シティターボⅡ」等、ブームを牽引したクルマたち

80年代はホットハッチ全盛期♪ 「スターレットターボS」「シティターボⅡ」等、ブームを牽引したクルマたち

安価で使い勝手の良いハッチバックボディとスポーツカー顔負けのパワフルなエンジンを両立させたホットハッチは、当時多くの若者を魅了しました。「ボーイズレーサー」とも呼ばれた、ホットハッチブームを牽引したクルマたちを振り返ります。
ヤマダゴロー | 226,531 view
1986年の初代スープラ(SUPRA)登場から30年、復活が期待されるスープラを艶やかなフォルムとともに振り返る。

1986年の初代スープラ(SUPRA)登場から30年、復活が期待されるスープラを艶やかなフォルムとともに振り返る。

かつてのスポーツカーブームを体感した私たち、2017年にも登場するであろうBMW×トヨタによる「新型スープラの復活」に期待せずにはいられませんね。国内初代の登場(1986年)から30年経ったいま、そんなスープラ(SUPRA)の歴史を改めて振り返ってみましょう。
青春の握り拳 | 26,624 view
日産がR32型「スカイラインGT-R」のEVを製作するプロジェクトを始動!GT-Rのパーツ復刻も話題に!!

日産がR32型「スカイラインGT-R」のEVを製作するプロジェクトを始動!GT-Rのパーツ復刻も話題に!!

日産自動車が、R32型「スカイラインGT-R」をベースにしたEV(電気自動車)『R32 GT-R EVコンバージョンコンセプトモデル』の製作プロジェクトを始動することが明らかとなりました。
隣人速報 | 513 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト