【日産・プレセア】女性に人気だったスタイリッシュな4ドアハードトップ
2017年3月10日 更新

【日産・プレセア】女性に人気だったスタイリッシュな4ドアハードトップ

トヨタ・カリーナEDのヒットにを契機に市場が拡大しつつあった“4ドアハードトップ”に日産が新たに投入したのがプレセア。背の低い流麗なボディラインにグリルレスのフロントマスク、マリーンブルーメーター等、スタイリングの美しさを追求し、女性ドライバーからの支持が高い車でした。

42,799 view

◎女性に嬉しい「バニティミラー」

マイナーチェンジ時に一部グレードに設定された「バニティ...

マイナーチェンジ時に一部グレードに設定された「バニティミラー」

車内で身だしなみを整えたり、お化粧直しにとても便利な装備。

プレセアのネックは後部座席の狭さ

日産・プレセアは、スタイリングの美しさを優先したことで、居住性が犠牲になっていました。今のクルマと較べると室内高が圧倒的に低く、後部座席の狭さは特筆すべきものがあり、男性が後部座席に座ると天井に頭がつきそうな程で、ニースペースもほとんどありませんでした。5人乗りとはいえ、大人5人が本当に乗るのは困難なクルマでした。

“見返り美人”をモチーフにしたテレビCM

1990 Nissan Presea R10 CM

当初は国内専用車の位置づけであったプレセア。CMは菱川師宣の「見返り美人図」をモチーフとするなど、“日本の美”をアピールしていました。
菱川師宣の「見返り美人図」

菱川師宣の「見返り美人図」

菱川師宣(ひしかわ もろのぶ)は江戸初期に活動した浮世絵師。浮世絵の確立者であり、しばしば「浮世絵の祖」と称されます。
見返り美人役は「桐島かれん」

見返り美人役は「桐島かれん」

初代プレセアのCMキャラクターを務めたのは人気モデルの桐島かれん。

男性に人気だったスポーツグレード「ブラックスター」

1991年5月、スポーツグレードの「ブラックスター」が追加。リアスポイラーを採用したスポーティモデルは男性人気を得ました。
「ブラックスター」

「ブラックスター」

1.8L/2L車にエアロパーツやスポーツシート、本革巻きステアリングなどが備わるスポーティグレード。

1995年、2代目「プレセア」誕生!

1995年1月にフルモデルチェンジを実施し、2代目モデルにバトンが渡されました。
【2代目】日産・プレセア(PRESEA)

【2代目】日産・プレセア(PRESEA)

販売期間: 1995年 - 2000年

【画像提供:カーセンサーnet 】
2代目は5ナンバーサイズを守りつつもホイールベースを80mm延長、全長も60mm伸ばし、一回り大柄に。初代で不満の大きかった後席の居住性を改善した半面、エクステリアからプレセアならではのエッセンスが薄められてしまいました。
シャシーは先代と同じくサニーをベース

シャシーは先代と同じくサニーをベース

エンジンは初代と同じく1.5L、1.8L、2Lと3種類の直列4気筒を用意。駆動方式はFFのみで、それぞれ5MTと4ATのミッションが選択できました。

ちなみに、ボディカラーに用意されていた「パールグレー」は、“グレー”とあるのにどうしても“紺”にしか見えませんでした(笑)

【画像提供:カーセンサーnet 】
鮮やかなブルーに発光する「マリーンブルーメーター」は継続採用

鮮やかなブルーに発光する「マリーンブルーメーター」は継続採用

【画像提供:カーセンサーnet 】
この類いのモデルとしては真面目に造られた印象の強いモデルでしたが、4ドアハードトップの流行は既に峠を超えており、この2代目プレセアはさしたる営業的成果も残せないままフェードアウトしていくことになります。

2代目プレセアのCMは浅野温子

46 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • イサオ 2020/2/4 22:36

    カリーナEDとは同時期に一新したS160系セリカをベースにしたトヨタ初のピラーレスサイドウィンドウを採用した4ドアハードトップで、若者を中心に人気を集めました。一番人気は新型2リッターDOHCを搭載するGリミテッドで、オプションでバーチャルゲームの様なデジタルメーターも選べました(S180系以降はコスト高騰でアナログメーターに統一)。尚・2代目ED(S180系・前期)は刑事貴族で所轄の車として登場(OPタイトルでも見れる)し、同2の前半迄活躍しました。

    I.O 2019/11/20 13:27

    プレセアとはスタンザとローレルスピリットを統合したモデルで、カリーナEDに対抗するためセダンながらハードトップスタイル(初代X50系クレスタみたいなもの)を採用し、女性を中心に人気を集めました。プレセアが登場する数カ月までは、スタンザの兄弟車・オースターという車が有りましたが、プリメーラの登場に伴い終了し、そのスタンザもオースターの後を追うように終了しました。

    すべてのコメントを見る (2)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「不良少女とよばれて」「ポニーテールはふり向かない」で活躍した伊藤かずえ!30年間乗り続けている「初代シーマ」を披露!

「不良少女とよばれて」「ポニーテールはふり向かない」で活躍した伊藤かずえ!30年間乗り続けている「初代シーマ」を披露!

女優として長年活躍する伊藤かずえ(53)が、自身のツイッターにて30年間乗り続けている愛車「日産・シーマ」の写真を投稿しました。
隣人速報 | 2,152 view
初代&4代目のデザインを意識!日産「フェアレディZ」が12年ぶりのフルモデルチェンジを行う!!

初代&4代目のデザインを意識!日産「フェアレディZ」が12年ぶりのフルモデルチェンジを行う!!

日産自動車は、1969年の発売以来同社の代表車種として高い人気を誇る「フェアレディZ」の7代目となる新型のプロトタイプモデル『フェアレディZ プロトタイプ』をオンラインイベントで公開しました。
隣人速報 | 2,234 view
そう言えば!必要?いらない?進化とともに無くなりつつある車の装備!!

そう言えば!必要?いらない?進化とともに無くなりつつある車の装備!!

昭和の時代には普通にあった装備も平成・令和と時代とともに車も進化し、装備が新しくなったり、無くなっていったりしています。そんな消えつつある装備をご紹介します。
ギャング | 14,480 view
トヨタ「セルシオ」に追いつけ!追い越せ!で挑むも消えていった名車達!!

トヨタ「セルシオ」に追いつけ!追い越せ!で挑むも消えていった名車達!!

1980年代後半から1990年代前半にかけて高級志向が高まり、なかでもトヨタ「セルシオ」は絶対的な人気を誇っていました。自動車メーカー各社はセルシオに挑むも消えていった名車が有ります。そんな名車達をご紹介。
ギャング | 42,877 view
GT-RとフェアレディZの誕生から50周年!『NISMO FESTIVAL 2019』が開催される!!

GT-RとフェアレディZの誕生から50周年!『NISMO FESTIVAL 2019』が開催される!!

富士スピードウェイにて、日産自動車とニスモによるイベント『NISMO FESTIVAL 2019』が12月8日に開催されました。
隣人速報 | 1,262 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト