リアルな残酷シーンが衝撃的!!ドキュメンタリー映画『グレートハンティング』
2017年1月30日 更新

リアルな残酷シーンが衝撃的!!ドキュメンタリー映画『グレートハンティング』

この映画は、ライオンが人を襲う!!という事が話題を呼び、世界的なヒットを収めた作品です。かなり見せられないシーンもありモザイクなどがかけられました。

20,683 view

グレートハンティング

映画『グレートハンティング』

映画『グレートハンティング』

1976年公開のドキュメンタリー映画。

監督/製作/脚本:アントニオ・クリマーティ、マリオ・モッラ
音楽: カルロ・サヴィーナ
1970年代のオカルト映画、動物パニック映画などで刺激的な描写に慣れていた観客の度肝を抜いた、ライオンによって人が喰い殺されるシーンを売り物にしたドキュメンタリー映画である。『世界残酷物語』と同様、文明と野生を対比させてその根本は変わらない、むしろ人間のほうがおかしいのではないかと文明批判をするスタイルを装いつつ、キワモノ感覚に満ちたシーンを集めている。
実際にはライオンよりも、人間狩りのシーンの方が遥かに後味が悪い。C・サヴィーナの優しいメロディーに乗せて、動物と人間の戯れる姿を捉えたシーンだけがわずかな救い。

037:『グレートハンティング』 (Ultime grida dalla savana) - YouTube

出典 youtu.be

映画内容

野生も文明も、根底に流れているのは狩りである。
全世界の動物や人間の狩りを巡るエピソードを紹介していて、猿を飲み込む大蛇、ブーメランを使って狩りをするオーストラリアの原住民、成金となってしまって狩りを忘れてしまったエスキモー、遊びで狩られていく象やシマウマたち。
アフリカのアンゴラでは、バスから降りてライオンを撮影していた観光客が、背後からライオンに襲われ、家族の目の前で食い殺された。
アマゾンの奥地では、飛行場建設に反対する原住民を白人が狩り出し、頭の皮を剥ぎ、首を切り落として嬉々としている。
しかしドイツのジーメン博士のように、野生の狼と共存している人間もいます。
パタゴニアの原野で鹿を狩るハンターに始まり、アボリジニの狩りの様子やエスキモーの生活風景などを、ラブ&ピースを標榜する文明社会ヒッピーたちの集会(景気よく脱いでエロ部門を兼任)と対比させ、「どちらが人間の本来の姿だろうか」なんて勿体ぶったナレーションが挿入される。
もちろんこれを観に来た連中は、どいつもこいつも「人がライオンに食われる瞬間」を期待して集まった、ご高尚な人間ばっかだから、そんなもっともらしいテーマなんか知ったこっちゃない。
ハンターによって遊びで狩られていく象。

ハンターによって遊びで狩られていく象。

出典 ameblo.jp
人間が動物を狩り、

人間が動物を狩り、

出典 ameblo.jp
動物でも強者が弱者を狩ります。

動物でも強者が弱者を狩ります。

そして人が人を狩る事も?!

そして人が人を狩る事も?!

ブーメランを使って狩りをするオーストラリアの原住民。狙...

ブーメランを使って狩りをするオーストラリアの原住民。狙った獲物は逃しません。

川で見事に魚を捕らえる熊

川で見事に魚を捕らえる熊

狼と触れ合う人間

狼と触れ合う人間

出典 ameblo.jp
映画のワンシーン(パンフレット写真)

映画のワンシーン(パンフレット写真)

他にもここで詳細できない残酷なシーンが映画では沢山ありました。

「グレート・ハンティング」で話題のライオン襲撃シーンはねつ造?!

この映画は広告ポスターをみてもわかる通り、ライオンの人...

この映画は広告ポスターをみてもわかる通り、ライオンの人喰いを全面的に売りにしています。

今のご時世に、「人がライオンに食われましたよ!」などとはしゃぎまくるCMをゴールデンタイムに投下したら、それはもう大問題になるであろう。
そんなことが大手を振るってまかり通っていた70年代というのは、なんとおおらかな時代であったのだろうか。
モンド映画の祖、ヤコペッティがネタ切れに陥り、そのまま映画界の第一線から退いたのと入れ替わるように登場したアントニオ・クリマーティ&マリオ・モッラ。
そのポスト・ヤコペッティコンビが最初に悪名を轟かせた映画が、この「人がライオンに食われる瞬間」を売りにした、「グレートハンティング 地上最後の残酷」である。
43 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ホラー映画の金字塔「エクソシスト」がテレビシリーズで帰ってくる!アメリカで放送開始!

ホラー映画の金字塔「エクソシスト」がテレビシリーズで帰ってくる!アメリカで放送開始!

悪魔祓いホラー映画の金字塔「エクソシスト」が、テレビシリーズとして放送される。米FOXチャンネルが公開したトレーラー(予告)もご紹介。あの恐怖を煽るBGMも聴くことができる。監督は映画「猿の惑星: 創世記」のルパート・ワイアット。
映画「グリズリー」を知っていますか?国立公園に大熊が出現し、公園を恐怖のどん底に包む映画です!

映画「グリズリー」を知っていますか?国立公園に大熊が出現し、公園を恐怖のどん底に包む映画です!

1976年に公開「グリズリー」。公園に大熊が出現するというパニック・ホラー。映画「ジョーズ」の影響も存分に受けているエピゴーネン(模倣)作品。その内容を見てみましょう。
ひで語録 | 10,198 view
オカルト映画の代表的な作品【エクソシスト】憶えてます?

オカルト映画の代表的な作品【エクソシスト】憶えてます?

『エクソシスト』(THE EXORCIST)は、1973年のアメリカのホラー映画。 少女に憑依した悪魔と神父の戦いを描いたオカルト映画の代表作である。 音楽がとても美しく印象的だった。
yakushakowai | 3,025 view
映画『ヘル・レイザー』箱を開けたら最後?!快楽と苦痛を味わいながら肉体が破壊!!

映画『ヘル・レイザー』箱を開けたら最後?!快楽と苦痛を味わいながら肉体が破壊!!

映画『ヘル・レイザー』は、クライヴ・バーカー監督がこだわって制作した映画です。極限の快楽を得られるという奇妙なパズル・ボックスが悲劇を呼びます。低予算で制作されながらも迫力ある映像で、80年代ホラーに欠かせない作品となっています。 
星ゾラ | 84,988 view
ホラー映画『ザ・フォッグ』霧の中から現れる亡霊が不気味で怖かった!!

ホラー映画『ザ・フォッグ』霧の中から現れる亡霊が不気味で怖かった!!

鬼才ジョン・カーペンター監督が80年に製作したホラー映画で、不気味な霧の中から現れた亡霊が、100年前の復讐をするために町の人を恐怖に陥れていきます。
星ゾラ | 7,751 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト