坂本九や木の実ナナも元メンバー!コント集団化する前のドリフターズ!
2017年10月20日 更新

坂本九や木の実ナナも元メンバー!コント集団化する前のドリフターズ!

ザ・ドリフターズといえば、いかりや長介、加藤茶、仲本工事、高木ブー、志村けん(荒井注)のイメージが強いはず。しかし、コント集団化する前のロカビリーバンド時代までさかのぼると、坂本九や木の実ナナ、小野ヤスシなど意外なメンバーも在籍していたことが分かります。

13,850 view

コミックバンドとして活躍していたザ・ドリフターズ

ザ・ドリフターズといえば、『8時だョ!全員集合』『ドリフ大爆笑』のイメージから、「コント集団」と認識されがち。しかしもともとは、ナベプロ所属でクレージーキャッツの後輩にあたるコミックバンドでした。有名な実績でいうと、無名時代に前座アーティストの1組として出演した、1966年6月30日のビートルズ来日公演が挙げられます。ビートルズ目当ての客がしらけムードで見つめる中、わずか1分15秒の間、リトル・リチャードの『のっぽのサリー』を全力で演奏したパフォーマンスは今でも語り草です。

【ビートルズ来日公演前座】ザ・ドリフターズ のっぽのサリー 1966

その演奏技術は相当なもの。ドリフの映画やテレビCMなどで折に触れて楽器を手に取っては、お笑いとはまた一味違った魅力を垣間見せ、好評を得てきたものです。

加藤茶のドラムプレイ

いかりや長介のベースプレイ

ビートたけしのタップダンスに合わせて三味線を弾く志村けん

初代リーダーは、芸能事務所『第一プロダクション』社長の岸部清

さて、そんなザ・ドリフターズが『8時だョ!全員集合』に登場したメンバー・いかりや長介、加藤茶、仲本工事、高木ブー、荒井注の5人体制になったのは、1965年。ですが、ドリフ自体の誕生はその9年も前となる、1956年にまでさかのぼります。
ザ・ドリフターズ

ザ・ドリフターズ

初代リーダーは、音楽バンド「東京ウエスタンボーイス」の元メンバー・岸部清。彼は、「東京ウエスタンボーイス」と「マウンテンボーイズ」との合併によって誕生した「サンズ・オブ・ドリフターズ」を率いて、5年ほど活動した後、タレント業から足を洗っています。その後、ナベプロのマネージャーを経て、芸能事務所『第一プロダクション』を創設。現在も同社の代表取締役社長をつとめています。初期のメンバーには、落語家・柳家金語楼の息子でロカビリー歌手の山下敬二郎も所属していました。
山下敬二郎

山下敬二郎

平尾昌晃、ミッキー・カーチスと共に「ロカビリー三人男」と呼ばれていた

黎明期の人気メンバー・井上ひろし

この岸部清がリーダーの時代に、人気メンバーとしてバンドをけん引したのが、井上ひろしでした。1958年ごろに同バンドのボーカリストとして活躍した井上は、甘いマスクで女性から大人気に。一時期バンド名が「井上ひろしとドリフターズ」となっていたことからも、どれほどグループの人気に寄与していたのか、分かるというものでしょう。

1959年にはソロ歌手としてデビューし、1961年には紅白歌合戦にも出場しますが、その後、長らく低迷。1985年から料理人へ転向するべく、修行を開始しますが、同年44歳にして急逝してしまいました。
井上ひろし~雨に咲く花~

井上ひろし~雨に咲く花~

水原弘、守屋浩とともに“ロカビリー三人ひろし”とも呼ばれた

坂本九も所属していたドリフターズ

なお、「井上ひろしとドリフターズ」は8人編成の大所帯であり、その中には、後に2代目リーダーとなる桜井輝夫とともに、後に『上を向いて歩こう』『見上げてごらん夜の星を』などのヒット曲で知られる、坂本九も在籍していました。ロカビリーに傾倒していた当時16歳だった坂本は、ボーカル兼ギターとして活躍したそうです。
坂本九

坂本九

『スターどっきり(秘)報告』でお馴染みの小野ヤスシもメンバーだった

岸部清の引退に伴い、ボーカル担当の桜井輝夫がリーダーに代わると、ザ・ドリフターズはEXILE的にいえば“第二章”へ突入します。
井上ひろし・坂本九をはじめとしたメンバーが大量脱退していたこの時期、バンドは解散の危機に瀕していました。そこで桜井は新メンバーを募り、小野ヤスシ、ポン青木らと共に「桜井輝夫とザ・ドリフターズ」を再編成。それまでロカビリー一辺倒だったスタイルからロックンロール、さらには、コミックバンドへ転向していくこととなります。
30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【8時だョ!全員集合】の舞台セットや小道具を振り返る!定番の「たらい」や自動車が飛んでくる巨大セットまで!

【8時だョ!全員集合】の舞台セットや小道具を振り返る!定番の「たらい」や自動車が飛んでくる巨大セットまで!

【8時だョ!全員集合】と言えば、毎週各地の劇場・ホールで公開生放送(一部録画)でした。そんな巨大なセットを作っていた「山田 満郎」氏にフォーカスしてみました。
M.E. | 69,557 view
ドリフ大爆笑 【もしもシリーズ】を振り返る

ドリフ大爆笑 【もしもシリーズ】を振り返る

ドリフ大爆笑の 【もしもシリーズ】面白かったですよね。今考えたら、ちょっとやり過ぎだろ!というような内容まで!今見ても笑えるシーンを振り返ってみましょう。
M.E. | 34,189 view
赤と黄色のつなぎでお馴染み!ドリフのバカ兄弟

赤と黄色のつなぎでお馴染み!ドリフのバカ兄弟

赤と黄色のつなぎでお馴染み!ドリフのバカ兄弟 ほんわかしたおバカな会話が面白い!!
うーくん | 30,638 view
ドリフのヒゲダンスのBGM「ヒゲのテーマ」には元曲があった?!

ドリフのヒゲダンスのBGM「ヒゲのテーマ」には元曲があった?!

70年代から80年代にかけて土曜日の夜8時といったら「8時だョ!全員集合」! その中でも人気コーナーだった「ヒゲダンス」。その「ヒゲダンス」のテーマ曲「ヘゲのテーマ」には元となる曲があるのをご存知ですか? その曲についてや、当時のドリフターズについて、ドリフの音楽を中心に振り返ってみましょう。
Yam | 4,537 view
お色気を感じる歌手NO.1♡安倍律子の不倫や失踪騒動の真実・現在の画像

お色気を感じる歌手NO.1♡安倍律子の不倫や失踪騒動の真実・現在の画像

安倍律子は、1970年に「愛のきずな」で歌手デビュー。歌の上手さと美貌、お色気に悩殺されました。約半世紀にわたる歌手活動では47曲を発表しています。不倫や失踪騒動を経て。現在は、安倍里葎子名でコンサートを行っています。70歳を迎える安倍里葎子の現在の画像も紹介します。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト