国境を越えた20世紀最大チャリティーコンサート「LIVE AID(ライブエイド)」の出演者たち
2021年6月22日 更新

国境を越えた20世紀最大チャリティーコンサート「LIVE AID(ライブエイド)」の出演者たち

1985年7月13日にアフリカ難民救済を目的として行われたチャリティーコンサート。「1億人の飢餓と救う」というスローガンのもと世界中のアーティストの参加により、20世紀最大のチャリティーコンサートとなりました。

434 view

LIVE AIDの経緯

1984年、エチオピアで起こった飢餓を受け、イギリスとアイルランドのロック・ポップス界のスーパースターが集まって結成されたチャリティー・プロジェクト「Band Aid(バンド・エイド)」の発起人のボブ・ゲルドフが中心となり、多くのアーティストが賛同し開催されたのが、LIVE AID(ライブエイド)です。

発起人:ボブ・ゲルドフは、ブームタウン・ラッツのリーダー(ボーカル)。
バンド・エイドでは、ボブ・ゲルドフとミッジ・ユーロによって書かれた「Do They Know It's Christmas?」参加アーティスと作成し、大きな成功を収めました。

この活動に触発される形で、アメリカではUSAフォー・アフリカが結成され、ライヴエイドなどにつながる一連の大チャリティー・ブームを巻き起こしました。

ライヴエイドは、アフリカ難民救済を目的とし「1億人の飢餓を救う」というスローガンの下、、1985年7月13日に世界の各地のライブ会場で行われました。
ボブ・ゲルドフ

ボブ・ゲルドフ

ブームタウン・ラッツ

ブームタウン・ラッツ

ライブ会場

メイン開催会場は、ウェンブリー・スタジアム(イギリス)、アメリカ(JFKスタジアム)でした。

日本は、協賛する形で独自にテレビでのミュージシャン出演が設定されました。
開催総時間は、計12時間となりました。
日本以外にも協賛した国や地域は、オーストラリア、西ドイツ(当時)、ソ連(当時)、ユーゴスラヴィア(当時)、ノルウェーです。
計84か国に衛星同時生中継され、録画放映分を含めて、140~150か国ともいわれています。

中継は、前半をイギリスから行われ、ポール・ヤングの出演後、アメリカとの二元中継が始まり、メインカメラは一旦アメリカの方へ移ります。
以後イギリス・アメリカ会場とだいたい交互にアーティストが歌っていき、イギリスでは、途中でアメリカに移動したフィル・コリンズを除く全ての出演者がステージに登場し「ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス?」を披露し、ロンドンのナイトクラブにいるクリフ・リチャードにアメリカのライヴ再開まで歌で時間を繋いでもらったのです。
アメリカ中継は、トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズから始まり、アメリカ会場では最後まで残った出演者がステージに登場し「ウィ・アー・ザ・ワールド」でライヴエイドのフィナーレを飾ったのでした。

なお、フィル・コリンズは、ロンドン会場出演後、コンコルドで移動し、アメリカ会場に出演したのでした。
ウェンブリー・スタジアム(イギリス)

ウェンブリー・スタジアム(イギリス)

JFKスタジアム

JFKスタジアム

クリフ・リチャードは、ロンドンのウエスト・エンドより、イギリスとアメリカの中継を繋ぎました。

クリフ・リチャード - A World Of Difference (Live Aid 1985)

日本での参加アーティスト

日本では、フジサンケイグループ(フジテレビとニッポン放送)が放送権を獲得し、7月13日午後9時から7月14日正午まで「THE地球CONCERT LIVE AID」と銘打って、衛星中継と日本独自の放送が行われました。テレビ中継のほか、アルタビジョンと環状8号線沿いの 用賀のデニーズの駐車場に移動式の巨大スクリーンを設置し、ライブエイドの生中継を行いました。

当時は衛星中継の技術が発達していなかったため、時々衛星の不具合で0.5秒程度中継が途切れ砂嵐になることがあったり、ブライアン・アダムス(アメリカ会場)が歌いだす直前で衛星中継が完全に途切れてしまったり、U2のパフォーマンスなどに映像が波打つようなノイズが入ったのでした。

日本の独自番組での参加アーティストと曲目は、
 オフコース「ENDLESS NIGHTS」
 矢沢永吉「苦い雨」「TAKE IT TIME」
 LOUDNESS「Gotta Fight」「CRAZY NIGHT」
 佐野元春「SHAME -君を汚したのは誰」
      ※以上の4組は、ライブ映像が、全世界に中継されました。
 チェッカーズ「ギザギザハートの子守唄」
 チャゲ&飛鳥「棘」
 杏里「16BEAT」
 さだまさし「まほろば」
 南こうせつ「風をくらって」
 安全地帯「悲しみにさよなら」
 イルカ「もう海には帰れない」
 谷村新司(アリス)「12番街のキャロル」
 長渕剛「勇次」
 HOUND DOG「BAD BOY BLUES」
 ラッツ&スター「WHAT'S GOING ON」
 THE SQUARE「OMENS OF LOVE」
 杉山清貴&オメガトライブ「ふたりの夏物語」
 白井貴子&Crazy Boys「FOOLISH WAR」
 柳ジョージとハーレム少年聖歌隊「Having A Party」
 上田正樹「東京エキスプレス」
 中原めいこ「ロ・ロ・ロ・ロシアンルーレット」
 DANGER(忌野清志郎・どくとる梅津バンド)「はたらく人々」

オフコース  Endless Nights   (JAPAN - Live Aid 7/13/1985)

[ はたらく人々 ] 忌野清志郎 (1985 LIVE AID)

イギリスでの参加アーティスト

コールドストリームガーズ 軍楽隊による演奏で、来賓として招かれたチャールズ皇太子と(当時)ダイアナ妃、そしてライヴエイドの発起人のボブ・ゲルドフが会場に入場しました。
そして、ステイタス・クォー 「ロッキン・オール・オーヴァー・ザ・ワールド」でライヴエイドの幕は上がったのです。

ウェンブリー・スタジアムの参加アーティストは、 
 ザ・スタイル・カウンシル
 ブームタウン・ラッツ
 アダム・アント
 ウルトラヴォックス
 スパンダー・バレエ
 エルヴィス・コステロ
 ニック・カーショウ
 シャーデー
 スティング(元ポリス)
 フィル・コリンズ
 ハワード・ジョーンズ
 ブライアン・フェリー
 デヴィッド・ギルモア(ピンク・フロイド)
 ポール・ヤング
 アリソン・モイエ
 U2
 ダイアー・ストレイツ
 クイーン  ※「ボヘミアン・ラプソディー」等、6曲を披露
 デヴィッド・ボウイ
 ザ・フー  ※ライブ・エイドのために再結成
 エルトン・ジョン
 キキ・ディー
 ワム!  
 ポール・マッカートニー
 
ライブ・エイドイギリス会場の締めくくりは、バンド・エイド 「ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス?」を出演者全員で歌唱しました。

Band Aid - Do They Know It's Christmas? (Live Aid 1985)

ボヘミアン・ラブソディを含む6曲を披露したQUEEN。

映画「ボヘミアン・ラブソディ」で、このシーンが再現されています。

QUEEN LIVE AID 1985フジテレビ放送

アメリカでの出演アーティスト

26 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

1年越しの50周年アニバーサリー!服部隆之が手掛ける「オフコース・クラシックス・コンサート2021」開催へ!

1年越しの50周年アニバーサリー!服部隆之が手掛ける「オフコース・クラシックス・コンサート2021」開催へ!

数々のヒット曲を世に送り続けてきたオフコース。音楽監督・指揮を服部隆之が手掛け、1年越しの50周年アニバーサリーとして、全国5都市ツアーが開催されます。オフコースの季節とも言える秋から初冬にかけて有意義な時間をお過ごしください。
QUEENと同じ時代に人気のあった洋楽アーティスト

QUEENと同じ時代に人気のあった洋楽アーティスト

QUEENと同様に1970年代の音楽を開拓し、新しい音楽を作り上げてたアーティストたちを集めてみました。
かわうそ | 1,985 view
YOSHIKI 紅白で涙。QUEEN、サラ・ブライトマンらと奇跡の共演

YOSHIKI 紅白で涙。QUEEN、サラ・ブライトマンらと奇跡の共演

第71回NHK紅白歌合戦の特別企画にてYOSHIKIが、QUEENのブライアン・メイとロジャー・テイラー、サラ・ブライトマンという世界的アーティストと、BABYMETAL、LiSA、milet、そしてSixTONESという世界的にも影響力のある日本を代表するアーティストと共に「ENDLESS RAIN」を披露し、世界中の人々へ大きな感動を届けた。
オフコースのデビューから今年で50周年!全20タイトルのアルバムを網羅した記念ボックスが登場!!

オフコースのデビューから今年で50周年!全20タイトルのアルバムを網羅した記念ボックスが登場!!

ユニバーサルミュージックは、日本の音楽シーンに多大な影響を与えたグループ「オフコース」が今年でデビュー50周年を迎えたことを記念した21枚組のCD BOX『コンプリート・アルバム・コレクションCD BOX』を発売することを発表しました。
隣人速報 | 339 view
忌野清志郎のデビュー50周年記念!ビームス(BEAMS)からコラボアイテムが登場!!

忌野清志郎のデビュー50周年記念!ビームス(BEAMS)からコラボアイテムが登場!!

忌野清志郎のデビュー50周年を記念し、セレクトショップ・ビームス(BEAMS)からコラボアイテムが登場しました。今年のフジロックフェスティバルにおける「忌野清志郎 Rock'nRoll FOREVER」が中止となった件についても取り上げます。
隣人速報 | 955 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト