【新幹線のぞみ300系・山形新幹線登場】鉄道ジャーナル【1992年5月号】を振り返る
2018年1月12日 更新

【新幹線のぞみ300系・山形新幹線登場】鉄道ジャーナル【1992年5月号】を振り返る

鉄道雑誌は数多くのものが出版されていますが、私が主に購読しているのは、「鉄道ジャーナル」「鉄道ファン」「鉄道ピクトリアル」です。今回は、「鉄道ジャーナル」の1992年5月号(通巻No.307)から、新幹線特集を振り返ります。

404 view

今回は、こちらの書籍を参考にさせていただきました。

鉄道ジャーナル 1992年5月号 通巻307号

鉄道ジャーナル 1992年5月号 通巻307号

出典 鉄道ジャーナル社発行 鉄道ジャーナル 1992年5月号表紙(個人所有)

1992年5月号の目次。

1992年5月号目次

1992年5月号目次

出典 鉄道ジャーナル1992年5月号目次(個人所有)

最大のトピック「300系のぞみ運転開始」

今から26年前、1992年5月号の鉄道シーン最大の話題は、なんといっても「のぞみ号」運転開始ですね。
300系新幹線電車を新製して、最高速度270キロ、東京ー新大阪を2時間半で結びました。

300系の特長。

300系はアルミ軽合金で造られ、1両平均の重量は45トンとなり、100系の60トンに比べて4分の3の重量という、大幅な軽量化が図られました。
また、空気抵抗を考え、屋根の高さが低くなりました。
100系と300系の背の高さの違い。

100系と300系の背の高さの違い。

出典 鉄道ジャーナル1992年5月号 11ページより引用。

座席の位置によって椅子の大きさが違うんです!!。

新幹線の座席は、普通車は5列あり、3列と2列に分かれます。
実は、3列の窓側・通路側と真ん中では、座席の大きさが違います。
真ん中の座席が一番大きくなっています。
その替わり、通路幅を狭くしました。その差は3センチあります。
人と人とに挟まれ、場合によっては両隣とも見知らぬ人と旅行をするというハンディを背負った真ん中の席(B席と呼ばれます。)は不人気だったので、このような対応がなされました。

ですので、3人で新幹線で旅行される時は、一番大柄な方が真ん中に座るといいですね。
ただ、ビジネスではマナーがあり、上司を真ん中に座らせるわけにもいきませんが・・・。
上のリンクを見ていただくと、新幹線などの座席順のマナーが説明してあります。

もう1つの画期的鉄道「山形新幹線」開業。

400系山形新幹線「つばさ」。

400系山形新幹線「つばさ」。

かつて上野ー山形を結んでいた特急「やまばと」号。

特急やまばと号。

特急やまばと号。

上野ー山形間はかつて特急「やまばと」号が結んでいましたが、福島までは新幹線と並行した在来線を走っているので、新幹線の恩恵を受けられませんでした。
しかし、国鉄も財政難で、新幹線規格(フル規格)の鉄道を作ることもできなかったので、福島まで新幹線で走り、福島から在来線に乗り入れるという、前代未聞の鉄道が出来上がりました。
それが1992年7月に登場した「山形新幹線」です。

福島ー米沢間の難所「板谷峠」。

1984-85 国鉄 【板谷峠】 旧型客車 EF71 ED78

約22kmにわたり最大33‰(1000mあたり33mの高低差)、部分的には38‰の勾配、かつ半径300m前後の急曲線や19箇所のトンネルが連続して存在する線形となり、地形や予算上の制約からも峠の途中にある赤岩駅・板谷駅・峠駅・大沢駅の4駅は連続してのスイッチバック駅となった。このため日本の鉄道では碓氷峠や瀬野八と並ぶ難所として知られ、そのため古くから勾配対策として補助機関車を使用、後には当区間の厳しい条件に対応した特殊設計の機関車を投入した。
途中で機関車を付け足す手間を省くために、大出力のキハ181系を投入しましたが、あまりの急坂にキハ181系の故障が相次ぎ、485系特急やまばとが登場するまで再度補助の機関車を付け足したそうです。
キハ181系さよなら運転の写真。(山形ではありません。)

キハ181系さよなら運転の写真。(山形ではありません。)

2011年2月まで、キハ181系は日本を走り続けました。
2011年2月まで、キハ181系は走り続けました。

板谷峠といえば、「峠の力餅」が有名。

かつて機関車を付け替えるための長い停車時間を利用して、駅のホームで「峠の力餅」が売られていました。
現在は新幹線は峠駅には停車しませんが、各駅停車の停車時にホームで売っているようですね。

JR奥羽本線峠駅「力餅」~30秒間の出会いと別れ~

###  峠の茶屋掲示板  ###
◆必読 「峠駅立売りについてまとめたページ」

◆今期も降雪状況により駅立売りは不可能な場合もあります(1/3現在積雪180cm)
◆  在来線午後運休12/25,12/26
◆  在来線終日運休12/27,12/28,1/3
◆豪雪地である当地は近隣の温泉が冬季休業となり、山への来訪者は少なくなり
  ます。そのような事情により降雪期(毎年11月中旬~4月中旬)は当店のお食事
  処はお休みとさせていただきます(お土産の峠の力餅の販売は通年行っています)  降雪期、お食事処スペースは除雪用品の格納・メンテナンススペースとなります
  ので、この時期は休憩所としても機能いたしません
積雪180センチ!!。
ここをかつては機関車が、今は新幹線が通っているんですね。
技術の進歩とは、すごいものだと思います。

次回はこの号に掲載されている「私鉄特急」をご紹介したいと思います。
29 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【オール2階建て通勤電車登場】鉄道ジャーナル【1992年6月号】を振り返る

【オール2階建て通勤電車登場】鉄道ジャーナル【1992年6月号】を振り返る

鉄道雑誌は数多くのものが出版されていますが、私が主に購読しているのは、「鉄道ジャーナル」「鉄道ファン」「鉄道ピクトリアル」です。今回は、「鉄道ジャーナル」の1992年6月号(通巻No.307)から、オール2階建て通勤電車の登場を振り返ります。
鉄道ファンならここまでやれ!【鉄道ダイヤ情報】1991年2月号より

鉄道ファンならここまでやれ!【鉄道ダイヤ情報】1991年2月号より

「行動派レイルファンのための雑誌」とうたわれている雑誌「鉄道ダイヤ情報」。鉄道ファンを自認する私でも「これはマニアックだ!」と叫ばずにはいられません。今回、「鉄道ダイヤ情報」1991年2月号からご紹介します。
コギャルだった方必見!あの伝説のギャル雑誌「egg」がwebメディアとして復活しました!

コギャルだった方必見!あの伝説のギャル雑誌「egg」がwebメディアとして復活しました!

株式会社エムアールエーは、2014年に休刊したギャル向けファッション雑誌『egg』を2018年3月21日(水)よりwebメディアとして復活しました。様々なSNSや媒体を使ってガールズカルチャーのトレンドを毎日発信します!
隣人速報 | 1,189 view
高速バスに追いやられた急行「こまがね」【鉄道ジャーナル1985年5月号より】

高速バスに追いやられた急行「こまがね」【鉄道ジャーナル1985年5月号より】

今や高速バスで「速くて安い」旅が楽しめる区間が多くなりましたが、かつてはそのような区間の多くに国鉄の「急行」電車が走っていました。そんな時代の入れ替わりの時期に発行された「鉄道ジャーナル1985年5月号」から、飯田線の急行「こまがね」と高速バスをご紹介します。
【変わりゆく駅弁スタイル】JR東日本で「駅弁味の陣」が開催中

【変わりゆく駅弁スタイル】JR東日本で「駅弁味の陣」が開催中

2017年10月1日から11月30日まで、JR東日本で「駅弁味の陣 2017」が開催されています。駅弁の持つ意味は、私たちミドルエッジ世代が子供の頃とはだいぶ違うものになってきています。昔と今の駅弁の持つ意味合いの変化を記事にしてみました。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト