「トイレの便器」私たちの生活と常に共にあるトイレと便器、その進化を確認する。
2018年1月13日 更新

「トイレの便器」私たちの生活と常に共にあるトイレと便器、その進化を確認する。

トイレは常に私たちの生活と共にあります。小便用・大便用、洋式・和式、汲み取り(ボットン)・水洗。そして恍惚のウォッシュレットに便座ヒーター。そんな快適を求めて進化が止まらないトイレの便器について、ちょっとまとめてみました。

2,959 view

私たちの暮らしと共にある「トイレ」

時代が変わっても、常に私たちの生活とともにあり続けるのがトイレ。
もちろんトレンドが変わったり進化が止まらなかったり、トイレ事情も確実に変遷をたどっています。

また私たちのトイレスタイルも、時代とともに変わっているのかもしれません。
筆者は♂なので♂事情しかわかりませんが、例えばウォッシュレットのないトイレでは大便がしたくなかったり、人によってはご自宅などの洋式トイレで「座り小便」するのが主流になっていたり。

本稿では「トイレの便器」に焦点を当てて、その進化について確認してみたいと思います。

トイレの神様/植村花菜

トイレには神様がいるんです。

大まかなトイレ区分

日本のトイレの便器は大きく分けて3つに分類されます。
最も古くからあるものはしゃがんで用を足すもので「和式」。第二次世界大戦後にヨーロッパからやって来たのが「洋式」と「男性用小便器」です。

そしてこれら便器は、それぞれ水が流れるタイプと流れないタイプがあり、大便器に関しては水が流れるものは水洗トイレ、残念ながら流れないものボットン便所と呼ばれました。

以下、更に細かい区分についてです。
簡易水洗式便所やトンネル式便所はこの中間型で、トンネル式便所は水洗式便所ではあるが落下式便所の範疇に、簡易水洗式便所は汲み取り式便所ではあるが水洗式便所に含めることもできる。

戦後日本におけるトイレと関連しそうな事象「肥溜め」

ミドルエッジ読者の方々はその多くが団塊ジュニア世代前後から、上は団塊世代の方までいらっしゃるでしょうか。

ここではトイレの歴史を古代まで遡るようなことは割愛させていただき、「昔のトイレ」と聞いてなんとなく想起される事象として「肥溜め」を挙げるところから始めてみたいと思います。
かつての風景「肥溜め」

かつての風景「肥溜め」

私は自分のお袋から、幼いころに肥溜めに落ちた話を聞いたことがあります。
祖母の家の近くに残っていた肥溜めを上から覗き込みながら、もしここに落ちたらどうしようと思うと怖かったです。
かつては肥溜めで作った堆肥が主要な肥料の一つとなっていました。それらを貯めおく場所が「肥溜め」。そしてこの肥溜めと連動して触れておくべきが「ボットン便所」ですね。
「ボットン便所」みんな上から覗き込みましたよね

「ボットン便所」みんな上から覗き込みましたよね

暑い夏などは、なかなかオイニ―が…。
トイレの外に排出口が設けられ、バキュームカーが来て持って行ってくれましたね。
農業へのし尿の利用は、日本を占領した連合国軍のアメリカ軍兵士により持ち込まれたサラダ等野菜の生食の習慣のため、回虫など寄生虫感染防止という衛生上の理由が生じた事や、化学肥料など他の肥料の普及などから利用価値が低下し、高度経済成長期には取引は行われなくなった。
化学肥料の登場や衛生上の理由から「ボットン便所→肥溜め」の風景は消えていき、下水道の整備や水洗トイレの普及へと繋がっていったようですね。

「和式トイレ」

「和式トイレ」は日本古来のものですが、特に陶器で作られるようになってからはスリッパのような形をしていて、私たちは一般的にこの形を当たり前と認識して育ったのではないでしょうか。
スリッパのような形状の「和式」

スリッパのような形状の「和式」

水洗式になってからは水方式が床上給水式と床下給水式とに分かれ、給水機器は施工面や配管の取り廻し、便器との相性の関係で、床上給水式は主にロータンク給水、床下給水式の場合フラッシュバルブにより給水されます。
この全面は「金隠し」

この全面は「金隠し」

金隠しは金玉(睾丸)を隠すもの。転じて所得隠しの意味でも用いられるようになりました。
かつての風景は「和式」、近年になるにつれて「洋式」となっていったわけですが、いまでも学校のトイレなどは和式がけっこう残っているようですね。その一因として「便器そのものの価格と設置費用が安い」ということがあげられるようです。

思えば小学校のころは和式トイレでの大便は苦痛でなかったのに大人になった今、ときに遭遇する和式トイレでの大便は実に体力を使うようになりました(私だけでしょうか?)。
37 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

象印の魔法瓶『花柄ポット』昭和の柄、無料ダウンロード!”懐かしい”とネットでも話題に!!

象印の魔法瓶『花柄ポット』昭和の柄、無料ダウンロード!”懐かしい”とネットでも話題に!!

昭和42年に誕生した懐かしの「花柄ポット」の花柄をモチーフにした「壁紙」と「便箋フォーマット」の無料ダウンロードや歴史を知ることができる「GARARY(ガラリー)」が公開中だ。多くの人がすでに無料ダウンロードをするなど話題になっている。
red | 3,066 view
その昔日本には「経験した男性の数だけ鍋を被る祭」があったんです。

その昔日本には「経験した男性の数だけ鍋を被る祭」があったんです。

関係した男性の人数だけ鍋を頭に被る?今はもう行えない内容の祭りがかつて存在しました。5月の「鍋冠祭(なべかぶりまつり)」。滋賀件米原市の筑摩神社に伝わる祭です
山崎敬子 | 1,426 view
大人たちの日本史はもう古い!? 〝最新の日本史〟を知るためにうってつけの1冊が登場

大人たちの日本史はもう古い!? 〝最新の日本史〟を知るためにうってつけの1冊が登場

高校歴史教師歴27年、「世界一受けたい授業」でもおなじみの河合敦さんによる日本史通説新書「逆転した日本史」が扶桑社新書より刊行されます。実は年々変化している日本史の教科書。今の日本史授業では、大人たちがビックリするようなことを教えていた……!?
ニュースFレン | 1,002 view
日本版七夕伝説は「聞き間違いで年に1回デートになった」???

日本版七夕伝説は「聞き間違いで年に1回デートになった」???

7月間近なこの頃。何となく世間が「七夕」を打ち出し中です。七夕と言えば短冊に願い事を書く、7月7日の行事です。学校や世間で聞く七夕の由来と言うと、織姫(おりひめ)と彦星(ひこぼし)のラブストーリーではないでしょうか?
山崎敬子 | 738 view
「地獄絵には女性が嫉妬しすぎると落ちる地獄があるんだよ」というコネタ。

「地獄絵には女性が嫉妬しすぎると落ちる地獄があるんだよ」というコネタ。

最近、タレントさんなどの不倫報道が多い気がします。個人的には他人の不倫はどうでもいいのですが、不倫に関わる地獄が日本にはあったなあ・・・と思い出したので、今回は不倫の地獄ネタ。
山崎敬子 | 3,445 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト