映画『ジェレミー』青春のほろ苦い思い出とともに心の残る
2017年10月21日 更新

映画『ジェレミー』青春のほろ苦い思い出とともに心の残る

アメリカ映画『ジェレミー』は、『小さな恋のメロディ』が話題になった2年後の1973年に公開された。ニューヨークを舞台にした少年と少女のラブ・ロマンスだ。青春のほろ苦い思い出と70年代のニューヨークの映像も楽しめる。

3,939 view

映画『ジェレミー』1973年

Amazon.com: Jeremy: Robby Benson, Glynnis O'Connor, Len Bari, Leonardo Cimino, Ned Wilson, Arthur Barron, Glynnis O'Connor, Elliott Kastner, George Pappas: Movies & TV (1930590)

映画『ジェレミー』は、1973年に公開されたアメリカ映画で、1973年カンヌ映画祭でBest First Work賞を受賞した。

監督・脚本:アーサー・R・バロン
撮影:ポール・ゴールドスミス
音楽:リー・ホルドリッジ、ジョセフ・ブルックス
出演:ロビー・ベンソン、グリニス・オコナー

主人公は15歳の少年、ジェレミー・ジョーンズ(ロビー・ベンソン)は、マンハッタンにある私立の音楽学校で学がチェロ(楽器)を学んでいる。ユダヤ系の少年。一つ年上のバレエを学ぶ転校生の少女と恋に落ちる。
愛していればずっと一緒にいられると思ってた、あの頃。

恋の始まりのキーワードは、”バレエ”と”チェロ”

Glynnis O'Connor and  Robby Benson as Susan Rollins and Jeremy Jones in "Jeremy" | My Ships | Pinterest (1930593)

ジェレミーは学校でチョークを探していた。ある教室でバレエの練習中のスーザンを見つけ、一目惚れする。

ハンサムな学生と一緒に歩いているスーザンを見つけたジェレミーは彼女のことを諦める。

ある日音楽学校の演奏会を見に行ったスーザンはジェレミーがチェロを演奏する姿に感動する。
演奏が終わった後に彼女からジェレミーに近づいてくる。

ジェレミーはスーザンと電話でデートの約束をする。
モテなかったぼくらにはこれこそがリアルな恋愛映画だ!
チェロと演奏についての考察

チェロと演奏についての考察

プロのチェロ奏者を目指すジェレミーは、長身で運動神経が良い。

チェロやピアノなどの大きい楽器の演奏家は、 長身の男性も多く、高度な技術を要する楽器の演奏には、少なからず運動神経も関係しているという。

また、チェロ教師がジェレミーの演奏について語るシーンは、音楽愛好家にとって貴重な考察と言える。

たった1ヶ月のジェレミーとスーザンのロブ・ロマンス&デート

Jeremy 1973 Original Movie Poster Drama Romance  | eBay (1930597)

ジェレミーの放課後のアルバイトが犬の散歩、大型犬を含む4頭の犬を連れて公園を散歩する。

スージーもいっしょに犬達と戯れる。
当時のアメリカでは一般的だったのか?
初めてのデートの時二人は互いのルーツについて話す。

ジェレミーは自分がユダヤ系であることやジュリアード音楽院を目指してチェロを勉強していることをスーザンに話す。

ジェレミーより年上の少女スージーはプロのバレリーナを目指している。
父親の仕事の都合でニューヨークに来た、フレンチカナディアンのハーフ。

母親は亡くなっている。
MUSICAL'S - Jeremy 1973 - YouTube (1930583)

競馬場でデートをするジェレミーとスーザン。
ジェレミーとスー、ザンは、いっしょに学校に行ったりが仲良くなっていく。
肩を組んで歩いたりキスしたり、若い二人の恋愛関係が深まっていく姿がこの映画の見所だ。
何度見ても心がときめく。
Jeremy 1973 Original Movie Poster Drama Romance  | eBay (1930599)

スライスされたピザを手で持って食べるシーン。

ジェレミーがアメリカ絵的に指を舐めたりするのがカッコいい!
素敵なラブシーン

素敵なラブシーン

雨の日にジェレミーの部屋でチェスをしていた2人は互いに惹かれ合い結ばれてしまう。

ヌードシーンではあるが、露出や裸シーン、セックスを感じさせるものはない。

押し倒されているように見えるジェレミー、年上のスージーは、積極的に服を脱ぐ。


※はじめてこの映画を観た時は、二人の関係が最後まで行ったとは思わなかった。
スージーとの愛に喜び勇んだジェレミーが駐車している車の上を走っているのが印象深かった。

Jeremy (1973) The Hourglass song (Homokóra-dal)

映画『ジェレミー』のテーマ曲「The Hourglass song」悲しくも優美な、70年代の重くけだるい音楽。
ロビー・ベイソンとグリニス・オコナーは、映画『ジェレミー』の主題歌を歌っている。

ジェレミーとスージーの別れ

Free photo: Landscape, Aircraft, Clouds, Storm - Free Image on Pixabay - 644323 (1931622)

スージーは父親の仕事の都合でデトロイトに戻っていくことになる。

印象的な映画『ジェレミー』のラストシーン。

ジェレミーとスージーの空港での別れ。

最後に抱き合い、キスを交わす二人、スージーがジェレミーから離れ、走って搭乗ゲートに向かう。
スージーが入るとすぐにゲートのドアが閉まる。

当時のファッション&誰かに似ている!ジェレミーとスージー

38 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

青春パートII、卑弥呼、正午なり、西陣心中…伝説の映画製作会社「ATG」の作品群がDVDになって登場!!

青春パートII、卑弥呼、正午なり、西陣心中…伝説の映画製作会社「ATG」の作品群がDVDになって登場!!

キングレコードより、60年代から80年代にかけて活動し、既存の日本映画とは一線を画した傑作の数々を世に送り出した伝説の映画会社「日本アート・シアター・ギルド(ATG)」の作品群が、DVDで一挙に発売されることが決定しました。
隣人速報 | 1,243 view
ミドルエッジ男子必見!美保純「OH! !タカラヅカ」、泉じゅん「感じるんです」など日活ロマンポルノ作品が多数復刻!!

ミドルエッジ男子必見!美保純「OH! !タカラヅカ」、泉じゅん「感じるんです」など日活ロマンポルノ作品が多数復刻!!

1971年から1988年にかけて制作された「日活ロマンポルノ」が2016年に45周年を迎えたことを記念し、往年の名作10作品がDVD・Blu-rayとして発売されることが決定しました。
隣人速報 | 1,733 view
ロバート・アルトマンの代表作『ナッシュビル』をふり返る

ロバート・アルトマンの代表作『ナッシュビル』をふり返る

ロバート・アルトマンといえば、アメリカ人映画監督の偉人と言われる人で、アカデミー賞特別功労賞を受賞した。1970年にヒットした『M★A★S★H』のヒットで一躍有名になり、その作風はブラックユーモアあふれる内容と自由な発想を大切にしたものでした。今回は代表作の一つ、『ナッシュビル』について振り返ります。
Himasasa | 176 view
切なくて怖い復讐劇!『キャリー』

切なくて怖い復讐劇!『キャリー』

ホラー映画の大傑作として人気の「キャリー」!第49回アカデミー賞や第34回 ゴールデングローブ賞にもノミネートされた作品を振り返ってみましょう!
ロングアゴー | 1,416 view
【あなたはどっち?】投票結果!デロリアン V.S. ナイト2000、夏のセクシー対決など10本まとめ

【あなたはどっち?】投票結果!デロリアン V.S. ナイト2000、夏のセクシー対決など10本まとめ

あなたの意見がリアルタイムに反映される投票コーナー「あなたはどっち?」懐かしい刑事ドラマ対決、自動車対決、セクシー対決など投票してもらうコーナー!みんなの投票結果をまとめました。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト