姉さん、事件です。でおなじみドラマ”HOTEL” 姉さんって誰だか知ってましたか?
2017年1月26日 更新

姉さん、事件です。でおなじみドラマ”HOTEL” 姉さんって誰だか知ってましたか?

姉さん事件です!あまりに有名なフレーズですよね。フレーズは有名なんですが、この姉さんが誰なのか? 演じたのは誰? 興味ありませんか?今回は、姉さんは誰なの?ロケ地は?などなどご紹介させていただきます

61,032 view

覚えてますか?ドラマ”HOTEL”

スジになるファンデ事件 | タケダスポーツクリニック 皮膚科・美容皮膚科 (1719451)

出典 tsc-h.com
放送時間 木曜21:00 - 21:54(54分)
放送期間 1990年1月11日 - 3月22日(11回)
それまで主にサスペンス系やアクションものを手がけてきた近藤照男プロダクションが制作。原作のストーリーをホテルマン・赤川一平を中心とするストーリーに再構成し、赤川の視点から見た「群像劇」の物語として展開する。1994年放送の第3シリーズと1995年放送の第4シリーズは2クールで放送された(他のシリーズは1クール放送)。
赤川一平役には二世タレントとはいえ新人俳優であった高嶋政伸を起用。『罰当たり常夏娘』での演技を見た近藤照男と瀬川昌治が赤川役に高嶋をあてることを決めた。青臭さは残るもののバイタリティあふれる演技で、共演者達とともに「若者の奮闘」を体現している。赤川のナレーションでの決まり文句「姉さん、事件です」や宿泊客に「申し訳ございません」と謝罪するシーンを関根勤にものまねされるなど話題になった。
ドラマは、東京プラトンに中途採用の新入ホテルマンとして赤川一平(高嶋)が入社するところから始まる。各話にゲスト出演者が宿泊者やホテルの関係者として出演し花を添える。

【ドラマ】HOTELのテーマ OP&ED

出典 youtu.be

姉さん事件です!って!毎回誰の事を言ってるの!?

「”HOTEL”ってドラマが昔あったよね。」「ああ。あったあった。姉さん事件です!でしょ?」という程、このドラマには登場しない姉さんの存在が頻繁にでてきます。でも、この姉さん。全シリーズを通して本編には一度も姿を現していなかったんです。

登場したのは第1シリーズの最終話。電話の声だけなんです。

一平が心の支えにしているこの姉さんは、一平の実の姉で、彼の実家の旅館を母と一緒に切り盛りしているそうです。形式は違えど、同じ業界に身を置く一平の姉はよき理解者であり、よき相談相手になっています。

気になる姉さんは沢口靖子さんでした。

声だけの出演で沢口靖子を起用するなんて

声だけの出演で沢口靖子を起用するなんて

今では贅沢すぎな起用です。

社長【通称ボス】 大原 鉄太郎

丹羽哲郎

丹羽哲郎

この方の存在感は圧倒的でした。ボスという役柄ピッタリで、人の好い優しそうな笑顔がとても魅力的な役者さんでしたね。

ご存知でしたか?HOTELの主人公はこの東堂克生なんですよ

 (1718685)

こわもてのお客様にも動じない頼りになる支配人です。
松方弘樹さんはまさにはまり役ではないでしょうか?
出典 ameblo.jp
宿泊支配人東堂克生

宿泊支配人東堂克生

私はてっきり高橋政伸さん演じる赤川一平が主人公だと思っていましたが、なんと、宿泊支配人 東堂が主人公だったんですね。毎回終盤に登場することが多いので、まさか主人公だとは思いませんでした。
まんが - 石森プロ公式ホームページ (1719463)

原作の東堂は眼鏡をかけていません。
松方弘樹さんに少し似てなくはないかな?
主人公。コーネル大学卒(スペシャル'90秋)。大学の同期にプラトンのライバルグループであるホテルメリッツの御曹司ルネ・メリッツがいる(スペシャル'90秋)。ニューヨーク・プラトンに所属したのち、東京プラトンの宿泊支配人となり、後に総支配人となる。宿泊部門、料飲部門、企画販売部門を統括する立場にあり、グループホテル内だけでなく業界内で優秀なホテルマンとして名声を得ている。新人の頃にシドニーのペッパーズプラトンホテルで研修を受けていたこともある

一平は話の中心人物であって主人公ではなかったそうです

赤川 一平(高橋 政伸)

赤川 一平(高橋 政伸)

中途採用で入社したところからこの物語は始まります。最初はベルボーイとして配属されますが、当初は失敗が多く、何かと大騒動を起こしていましたが、様々な経験と出会いを通して成長していき、フロントクラーク・サブマネージャーまで昇進します。
50 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【イントロクイズ】1990年(平成2年)の邦楽ヒットチャートをクイズで振り返る!

【イントロクイズ】1990年(平成2年)の邦楽ヒットチャートをクイズで振り返る!

1990年(平成2年)の邦楽ヒットチャートをイントロクイズにしました。音声を聴かずに答えてもOK!
手塚治虫、藤子不二雄など伝説の漫画家が生活したトキワ荘が再建!トキワ荘マンガミュージアムとして7月7日オープン!!

手塚治虫、藤子不二雄など伝説の漫画家が生活したトキワ荘が再建!トキワ荘マンガミュージアムとして7月7日オープン!!

手塚治虫、藤子不二雄など伝説の漫画家たちが居住していたことで有名な「トキワ荘」を再現した施設『豊島区立トキワ荘マンガミュージアム(東京都豊島区南長崎)』が、7月7日にオープンすることが決定しました。
隣人速報 | 645 view
元祖ドS系ヒーロー?ドタバタ同居ラブコメディ【イタズラなkiss】

元祖ドS系ヒーロー?ドタバタ同居ラブコメディ【イタズラなkiss】

今では少女漫画の定番のドSヒーローですが、元祖なのは別冊マーガレットで連載されていた多田かおるさんのイタズラなKissの入江くんではないでしょうか。強烈なSキャラだと思っていた入江くんも大人になって読むと可愛いツンデレキャラに見えたりもします。懐かしの恋愛漫画「イタズラなkiss」を振り返ってみましょう。
saiko | 101 view
西森博之さんの初連載作品「甘く危険なナンパ刑事」!

西森博之さんの初連載作品「甘く危険なナンパ刑事」!

西森博之さんの「甘く危険なナンパ刑事」をご存じですか?「今日から俺は!!」の前に週刊少年サンデーで連載されていた作品です。「今日から俺は!!」に似たところもあるので好きな人はハマるかも!
saiko | 537 view
【星野ひかる】流れ星のようなAV女優!略歴やエピソード・代表作まとめ

【星野ひかる】流れ星のようなAV女優!略歴やエピソード・代表作まとめ

1990年にAVデビューすると、その美少女ぶりから注目を集めた星野ひかるさん。しかし、AV作品に出演していたのは1年限りで、流れ星のように現れ、去っていったことでも知られている存在です。今回はそんな彼女の略歴やエピソード・代表作を紹介していきますので、ぜひ記事をご覧になってください。
tsukumo2403 | 49,237 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト