オトナになった今こそ遊びたい!あの頃夢中になった「海外の遊び」
2017年8月19日 更新

オトナになった今こそ遊びたい!あの頃夢中になった「海外の遊び」

友達の家や児童館、あるいは、修学旅行で…。 誰もが一度は遊んだであろう「海外のオモチャ」。どんなにかつて夢中だったとしても、オトナになると触れる機会が少なくなるものです。そこで今回、いまなお愛される海外製の遊び・オモチャの数々を、振り返ってみましょう。

1,217 view

ルービックキューブ

生みの親は、ハンガリーの建築学者エルノー・ルービック。1974年に考案されました。
ルービックキューブ

ルービックキューブ

1面3×3=9個が3つ連なって27個の立方体から形成される(基本形)。列ごとに回転が可能。主に、ばらばらになったキューブの色を、面ごとに揃える速さを競うのが一般的な遊び方。
1977年に、ハンガリーから「マジック・キューブ」(魔法の立方体)の商品名で発売。その後アメリカで販売される際、名前も発案者にちなんで「ルービックキューブ」となりました。

日本に上陸したのは1980年のこと。メディアで大々的に宣伝されたこともあって、瞬く間に人気を集めます。翌年1981年には、「全日本キュービスト大会」が開催され、老若男女の愛好家400人がルービックキューブのタイムを競いました。ちなみに、時を同じくして、ガンプラブームが巻き起こったこともあり、ルービックキューブの人気は停滞し始めます。
第1回全日本キュービスト大会の模様

第1回全日本キュービスト大会の模様

日本ルービックキューブ協会HPより
出典 jrca.cc
現在では、世界キューブ協会(WCA)」主催の公式大会が開かれ、世界大会も実施されているそうです。また、スピードを競うだけではなく、様々な模様をつくる「パターンキューブ」があったり、中には、手ではなく「足」で完成させるツワモノも現れたりと、いまだ、多くの人に楽しまれています。

足でルービックキューブを操る!

異形ルービックキューブ

異形ルービックキューブ

斜めに回転させるタイプもあります

カップスタッキング

ルーツは1985年頃のアメリカ。子どもが紙コップを積んで遊んでいた様子をヒントに、考案されました。
カップスタッキングの様子

カップスタッキングの様子

遊び方は、専用のカップ(9個または12個)を使い、決められた形状に積み上げ、片付けるというもの。その速さを競うスポーツとしても人気がある。
当時、アメリカで小学校教師をしていたボブ・フォックスが、この遊びのスポーツとしての可能性を感じ、普及活動に取り組み出します。
彼は1998年に、世界スポーツスタッキング協会(WSSA)とスピード・スタックス社を設立(ちなみに、ボブの実弟ジョンが、スピードスタックスジャパンを設立)。今ではWSSA主催の世界大会も開催されています。日本では「世界まる見え!テレビ特捜部」をはじめ、多くのメディアに取り上げられたことにより、ちょっとしたブームになったものです。
なお、競技としての側面がある一方、手と集中力を使う性質上、リハビリにも活用されているといいます。

スポーツスタッキング

ツイスター

こちらも、アメリカ生まれのパーティーゲーム。とある少年にとってルールの原型が案出され、1966年に商品化されました。現地の番組に取り上げられたことで注目を浴び、発売初年度には、300万個以上売り上げたそうです。
遊び方は、専用のスピナーとマットを利用し、両手両足を、指示された色に置いていくというもの。倒れないようにバランスをとり、手やお尻などが、他の部位が床につかないようにしていきます。
ツイスター

ツイスター

スピナー(画面左)で、手足を何色に置くかが決められる
同時に男女がマットで対戦すると、手足のポジション次第では、触れ合ったり下着が見えたりすることがあり、"Sex in a box"(エッチ箱)と批判する者もいるようです
大勢でツイスター in ウクライナ

大勢でツイスター in ウクライナ

ジェンガ

1974年のイギリス人女性によって開発されたジェンガ。商品化は1983年。商品名は「組み立てる」を意味するスワヒリ語「クジェンガ」に由来しているといいます。

基本型は、木製の直方体を54本使用。3本ずつ縦横交互に組み立て、18段のタワーにしてゲームはスタート。最上段以外の箇所から1つ抜き取り最上段へ置いていきます(最上段は、3本揃って次の段にいくこと)。ごくわずかにパーツの厚みが異なるため、繊細に積み上げていくことが肝心です。
35 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「東京おもちゃショー2018」に潜入取材!団塊ジュニア世代にも魅力的なおもちゃをお届け!

「東京おもちゃショー2018」に潜入取材!団塊ジュニア世代にも魅力的なおもちゃをお届け!

懐かしさあふれるおもちゃから最先端のおもちゃまでが集まった日本最大級の玩具展示会でもある東京おもちゃショーにミドルエッジが潜入取材してきました!既に先行して話題になっているあの商品や往年のフィギュアまで気になったものを紹介していきます!
ルービックキューブが世界的ブーム再来に向けてスタイリッシュに進化!新商品も開発される!

ルービックキューブが世界的ブーム再来に向けてスタイリッシュに進化!新商品も開発される!

1980年以来の世界的ブームが再来中のルービックキューブシリーズ。このたび、株式会社バンダイの子会社・株式会社メガハウスが、1980年より展開している立体パズル・ルービックキューブシリーズのリブランディングを行うことを決定しました。
隣人速報 | 919 view
まさに神業!?1秒以内に「ルービックキューブ」を完成させる動画が話題に!!

まさに神業!?1秒以内に「ルービックキューブ」を完成させる動画が話題に!!

1980年にツクダオリジナルから発売され、80年代に一世を風靡した「ルービックキューブ」。このたび、ルービックキューブの機械による早解きの世界記録が大幅に更新され、ネット上で話題となっています。
隣人速報 | 3,593 view
『ルービックキューブ日本大会2017』が2017年12月16日(土)~17日(日)に開催!

『ルービックキューブ日本大会2017』が2017年12月16日(土)~17日(日)に開催!

「ルービックキューブ日本大会2017」は、東京の赤羽会館で開催!今年度は競技者7~52才の男女200名がエントリーしており、入場無料にて自由に見学可能なので是非会場でその妙技をご覧ください!
テンビリオンって覚えてますか?

テンビリオンって覚えてますか?

ルービックキューブブームに影響され世界中で続々と立体パズルが発表される中、 日本でもルービックキューブと並ぶキューブパズル界の2大巨頭の1つと称されたパズルがありました

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト