『THEビッグオー』(1999年・WOWOW)「パラダイム・シティ」は誰かが造った作り物の舞台という謎の考察
2016年5月3日 更新

『THEビッグオー』(1999年・WOWOW)「パラダイム・シティ」は誰かが造った作り物の舞台という謎の考察

『THEビッグオー』は最初の13話では、謎が全く解明されませんでした。謎を解き明かす形で、もう13話が作られました。最終回は驚愕のオチでした。どう謎を解くかは多様にできると思いますが、今回のまとめでは、「パラダイム・シティ」は誰かが造った作り物の舞台という謎に迫り、考察していきます。解釈が難しいお話なので至らぬところだらけなのはご容赦ください。

63,471 view

『THEビッグオー』(first season: 1999年10月13日 - 2000年1月19日・WOWOW)

『THEビッグオー』(first season: 19...

『THEビッグオー』(first season: 1999年10月13日 - 2000年1月19日・WOWOW)

『THEビッグオー』(ザ ビッグオー)は、1999年10月13日から2000年1月19日までWOWOWで放送されたロボットアニメ。2003年には続編『THE ビッグオー second season』が放送された。

記憶を失った街「パラダイム・シティ」で、ネゴシエイターとして働く男、ロジャー・スミスと、彼が乗り込む巨大ロボット、ビッグオーの活躍を描く作品。

1960年代、1970年代のロボットアニメや特撮へのインスパイアが作品の味となっている。当初は全13話・未完で終わる予定だったが、アメリカでの好評を受けて第2期が製作された。

出典 THE ビッグオー - Wikipedia

ウルトラセブンのオープニングにそっくりで問題になった『THEビッグオー』のOPバージョン - YouTube

ウルトラセブンのオープニングをパクリすぎ!

R・ドロシー・ウェインライトがアンヌ隊員になってます。

第一期のOPである『BIG-O!』はQueenの『フラッシュのテーマ』に酷似しており、パクリじゃねーの?とよく言われている。が、それは制作側が「フラッシュのテーマっぽくOP曲作ってよ」と永井ルイに言ったらほとんどそのまんまの曲を作ってきたという経緯がある。

出典:THE ビッグオーHE ビッグオーとは (ザビッグオーとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
ウルトラセブンのような映像、R・ドロシー・ウェインライトはアンナ隊員のようにと注文をしたら、そのまんまじゃないの!ちょっとパクリ過ぎじゃないの!な映像が出来上がってしまったそうです。

かっこいいので、ギリギリセーフ!にしてあげたかったですが・・・

さらにQUEENの「フラッシュ・ゴードン」のテーマ曲のようにしてと注文してたので、えっ・・そのまんますぎじゃないの!な曲になってしまったという話。

注文の仕方も考えないといけませんね。

まあ、パクリでなく、オマージュであるということにしておきましょう。
『THEビッグオー』は60年代から70年代の特撮をかなり意識してオマージュしている作品です。

これが有名なウルトラセブンのオープニング - YouTube

オマージュしすぎですよね

これが有名なQUEENの「フラッシュ・ゴードン」のテーマ曲QUEEN - FLASH GORDON THEME HQ SOUND - YouTube

そっくりすぎですよね。

『THEビッグオー』の登場人物は、主人公のロジャー・スミスをはじめとして謎多き人物だらけである。過去や正体について不明な点が多い。

ロジャー・スミス(Roger Smith)

ロジャー・スミス(Roger Smith)

主人公のロジャー・スミスは、凄腕のネゴシエイターとしてパラダイムシティで仕事をしている。だがしかし、そんな街において交渉だけで事が済む場合は少なく、荒っぽい暴力に訴えてくる相手も多い。そんな時、彼はメガデウス・ビッグオーを持ち出し、力に力で対抗する。

パラダイム・シティ随一のネゴシエイター。25歳独身。かなりの大柄。髪型はオールバック。元パラダイム・シティ軍警察で、退役時は中尉だった。元は銀行だった建物に居を構える。紳士・フェミニストを自負し、彼の屋敷に無条件で入れるのは女性だけ。一見その通りのようだが頭に血が上りやすく、女性に対しても初対面では紳士的だが親しくなっていくにつれ本性が出てくる。ドロシーの無愛想ぶりと目覚めのピアノには閉口している。“彼女”に対しては愛情を抱いており、危機に晒されるとキレる。また危険だと分かっていながらメモリーの交換は行わない。
病的なまでに黒を好み、彼の掲げるルールに則りドロシーやノーマンの服も黒を基調としている。ドロシーからは“服の趣味は最低”と言われる。フォーマルウェアを好むため、黒の背広姿が圧倒的に多く黒手袋を嵌める。スラックスにはサスペンダーを着用する。ネクタイは黒地に白いストライプ。“クリスマスプレゼント”を購入しようとしたドロシーがネクタイ探しに苦労していた。ガウンや寝間着までも黒。

性格はへそ曲がり。クライアントの要望には、たとえ殺害され故人となっていても全力で応えるが、物事を強制されること、そして街の支配者たるパラダイム社を何より嫌う。交渉においては武器を一切所持せず、一人で複数の相手をねじ伏せるだけの体術も身につけている。銃は持たない主義。そのせいで劇中何度も危機に陥るが、ドロシーやビッグオーの力で乗り切っている。

様々な機能を搭載した愛車「グリフォン」に乗って、仕事現場に向かう。
物語終盤でその写真を見たロジャー自身が40年間自分がずっと同じ姿であると発言しているが、その理由は自覚しておらず作中深く語られない。機械によるロジャー型アンドロイド大量生産のメモリーから、またロジャーがエンジェルと交渉している時に別の場面でもエンジェルの肩に手を置くロジャーが登場するなど、主人公でありながら最も謎多き人物である。
R・ドロシー・ウェインライト(R. Dorothy W...

R・ドロシー・ウェインライト(R. Dorothy Wayneright) ロジャー・スミスの頼もしいパートナー。アンドロイドです。

声 - 矢島晶子
少女型アンドロイド。透き通るような真っ白な肌で髪は赤毛のボブカット。すわった目つきと青いアイシャドー、棒読み口調が特徴。身長160センチメートル。体重130キログラム。元になったティモシー・ウェインライトの娘と同じく外見年齢18歳。メガデウスに関係するメモリーを隠し持っている。誘拐とそれに続いたティモシー・ウェインライトの殺害をきっかけにロジャー邸の世話係としてノーマンとともに働くようになる。かなりの毒舌家でロジャーに対しては常に批判的。

機械的かつ淡々としている彼女だが、製作者であるウェインライト博士に対しては豊かな表情と笑顔も見せ、歌声も披露した。だが、ロジャー邸の住人になってからは終始無愛想そのもの。しかし、ストーリーが進むに連れて表情が軟らかくなり、ロジャーに対して冗談を言うまでになる。ピアノの演奏が得意だがそのレパートリーは極端なもので、毎朝奏でられるその音色によってロジャーは不快な目覚めを余儀なくされる。子猫を拾って面倒をみたり、子供と遊んでやったりといった人間らしい一面や、エレベーターに乗る際に重量オーバーのブザーを鳴らされて機嫌を損ねたり、囚われの自分を忘れてエンジェルといちゃつくロジャーに嫉妬を伺わせるなど女性らしい一面も見せる。

アンドロイドなので体重はかなり重く磁石にもくっつき、細かな動作に機械音が入る。頭部に服に合わせた色のカチューシャを模したメモリー解析装置を持ち、この部分を光らせてライトがわりに使うことも出来る。華奢な見た目とは裏腹に身体機能は非常に高い。ビッグオーの操縦を代行することもある。ベックとは因縁があり劇中二度操られ、ロジャーを殺しかけた。ウェインライト博士も理解していない「コアメモリー」を内蔵している。メガデウスと感応する描写があり、メガデウスが彼女を求めるような描写が散見される。ビッグオーのファイナルステージ起動の為には彼女が必要。

服のサイズは7号。初登場のAct:01においてはエメラルドグリーンのワンピース、Act:02においては真っ赤なドレスを身につけていたが、ロジャー邸の住人となってからは黒の上下に固定される。白いブラウスの胸には青い(時折色が変化する)ブローチをつけている。
エンジェル(Angel) 実は物語の鍵を握っている存在

エンジェル(Angel) 実は物語の鍵を握っている存在

エンジェル(Angel)
声 - 篠原恵美
神出鬼没、正体不明の美女。幾度となくロジャーに接触してくる。身長175センチメートル。26歳。髪は長く美しいブロンドで抜群のプロポーションを持つ。その名の通り背中には天使の羽のような傷痕がある。服やイヤリング、愛車、潜入用のライダースーツはピンク色で統一されているが、下着は黒。

Act:03にて「ケーシー・ジェンキンズ」を名乗り依頼人としてロジャーに接触した。Act:04では「パトリシア・ラブジョイ」。このときからパラダイム社との関係を伺わせていたが、いつの間にかアレックスの秘書となる(Act:15の後で解雇された)。

登場する度に、思わせぶりな行動をとり、誰も知るはずの無い情報を知っている。Act:20でユニオンのスパイだったことが判明する。いつの間にかロジャーに恋愛感情を意識し始め、アランに襲われているドロシーを助けようとするシーンでは、ロジャーを取り合うライバルとして救う気をなくしてしまう。ユニオンでは340号と呼ばれる。番号の由来は『ウルトラセブン』を参照のこと。

余談だが監督らは作中の描写に対し、若いスタッフに「ウルトラセブンの友里アンヌ」と指示を与えたが、世代の違いで通じなかったそうである。銃の腕前は確かでロジャーとドロシーがウェインライト邸でRD2に襲撃された際には見事に撃破した。

Act:14にて異世界に迷い込みホームレスさながらのロジャーの前に現れた際には軍服に身を包んで部下を名乗り、ロジャーを「少佐」と呼んでいた。「エンジェル」と呼びかけられたことに対して「不愉快な呼び方」と嫌った。

物語終盤で彼女自身がメモリーだったとゴードンが告げる。「翼をもがれた鳥は、全ての羽が抜け落ち、己が鳥へと進化する以前の、獣へと戻る」とのメッセージを受け、ビッグヴィヌスとしてロジャーの前に立ちはだかる。調整室では涙を流しており、手元に置いてある書物『メトロポリス』の著者名は「Angel Rosewater」と書かれていた。

ビッグオー(Big-O) 「ショータイム!」「アクション!」という掛け声がこの話はショーなの?という予感をさせます・・・

ビッグオー(Big-O)

ビッグオー(Big-O)

ザ・ビッグの一機種。機体色は黒。対地戦闘用の装備を持つ。「黒いメガデウス」。全身に銃火器と光学兵器が満載され、自分の十数倍の大きさのメガデウスを持ち上げるほどの怪力を誇る。

また、太い両腕にはぶ厚い装甲シールドが備えられており、これを前面に構える(ボクシングのピーカブースタイル)ことでほとんどの通常兵器をガードすることが出来き、ビーム系の砲撃も弾くことができる。ネゴシエイターのロジャー・スミスをドミュナスとし、パラダイム・シティで起こるメガデウスの事件を解決する。
ドミュナス(操縦者)がザ・ビッグ(ロボット)を操るとき「(機種名)、ショータイム!」、動かすには「(機種名)、アクション!」と言いますが、「ショータイム!」「アクション!」という表現は、エンタテインメントの舞台(撮影現場)であることを、やはり想起させます(後述)。

『THEビッグオー』の世界は、もしかすると「エンタテインメントのショーや舞台」に関連する話なのではないか?と勘のいい人は思ったことでしょう。
「THE BIG-O (ザ・ビッグオー) (バンダイ ...

「THE BIG-O (ザ・ビッグオー) (バンダイ メカニックコレクション No.01 ) プラモデル」

THE BIG-O (ザ・ビッグオー)  プラモデル

THE BIG-O (ザ・ビッグオー) プラモデル

●TVアニメ「THEビッグオー」に登場する「ビッグオー」をプラスチックモデルで再現

●アニメ作品は、暗く静かな雰囲気の中、クールな主人公「ロジャー・スミス」のネゴシエイターとしての活躍を描きながら、大人の香り漂うストーリーとして好評を博しました

●さとうけんいち氏デザインによる、「ビッグオー」の無骨で重厚なフォルム、デティールを再現
●ポリキャップやボールジョイントの使用、また、ハンドパーツは指までも可動させる等、表情豊かなポージングが可能
●コクピットカバーにはクリアーパーツを使用し、開閉式のコクピットカバーの再現が可能
●ストライク・バイルの可動ギミック再現
●主人公「ロジャー・スミス」の1/35フィギュアが付属

first seasonでは謎に包まれた世界への明確な説明も無く、主要な登場人物の過去や正体については最後まで曖昧なまま未完で終わる。

『THEビッグオー』は、ネゴシエイターとして働く男、ロジャー・スミスが記憶を失った街「パラダイム・シティ」の謎に迫る話だが、first season(当初の全13話)では、ほとんどの謎は全然解明されずに終わった。伏線の回収も全くなされないまま未完成で終わる。
ロジャー・スミスは記憶を失った街「パラダイム・シティ」...

ロジャー・スミスは記憶を失った街「パラダイム・シティ」の謎を何も解けずに終わった。

たくさん謎が残され、何も分からないまま、伏線の回収も全くなされないまま未完成で終わる。
first season(当初の全13話)ではの最後で...

first season(当初の全13話)ではの最後では、海の向こうから異国のメガデウスが出現する。

ロジャーは自由を守るために、異国のメガデウスに立ち向かう。
64 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

愛知県長久手市にある愛・地球博記念公園を「ジブリパーク」に――このたび、愛知県とスタジオジブリが愛・地球博記念公園に開業を目指している「ジブリパーク」の基本デザインがまとまり、2022年度に開業を目指すことで一致したことが明らかとなりました。
隣人速報 | 3,676 view
オトナ女子必見!「セーラームーン」の襟付きナイトブラ登場!!

オトナ女子必見!「セーラームーン」の襟付きナイトブラ登場!!

バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」が、あのセーラームーンをモチーフにした『おやすみ用ブラ』『ブラカップ付きタンクトップ』『ルームパンツ』の予約受付を開始しました。かつてセーラームーンに憧れたオトナ女子は必見です!
隣人速報 | 5,541 view
セーラームーンの世界観を天文学的に探求!宇宙ミュージアム「TeNQ」にて企画展が開催!

セーラームーンの世界観を天文学的に探求!宇宙ミュージアム「TeNQ」にて企画展が開催!

「美少女戦士セーラームーン」と東京ドームシティの宇宙ミュージアム「TeNQ」のコラボ企画展「Over The Sailor Moon ~宇宙への招待~」が開催されます。期間は2017年12月15日から2018年4月15日まで。
隣人速報 | 567 view
【第1回】セーラームーンキャラクター人気投票トップ10

【第1回】セーラームーンキャラクター人気投票トップ10

講談社なかよしでセーラームーンキャラクター人気投票が行われ、1993年3月号に結果が掲載されました。38位までが発表された中からトップ10のキャラクターを振り返ります。1位はやっぱりあの人かな…
ローズリー | 27,168 view
世界初のフルCGアニメ『トイ・ストーリー』からウッディとバズ・ライトイヤーがディズニー初のアバターアプリに登場!

世界初のフルCGアニメ『トイ・ストーリー』からウッディとバズ・ライトイヤーがディズニー初のアバターアプリに登場!

1996年3月に公開されたディズニー配給のフルCGアニメーション『トイ・ストーリー』。アプリ『ディズニー マイリトルドール』に、同作の人気キャラ、ウッディとバズ・ライトイヤーがリトルドールとなって登場した。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト