2017年3月20日 更新

「エアマックス」の歴代モデル、人気投票1位の「ELEPHANT」が復刻!「エアマックス95」の最新作も発売中!!

昨年開催したエアマックス歴代モデルの人気投票「NIKE VOTE BACK」で世界1位に輝いた「NIKE AIR MAX 1 "ELEPHANT"」が3月26日に復刻する。また、「エアマックス95」の最新作も更に進化して発売中。

3,522 view

エアマックス人気投票で1位を獲得した「ELEPHANT」が復刻!!

「ナイキ」とスニーカーシューズのセレクトショップ「アトモス(atmos)」が、昨年開催したエアマックス歴代モデルの人気投票「NIKE VOTE BACK」で世界1位に輝いた「NIKE AIR MAX 1 "ELEPHANT"」を含む「JADE SWOOSH COLLECTION」が3月26日に復刻する。
「NIKE AIR MAX 1 "ELEPHANT"」...

「NIKE AIR MAX 1 "ELEPHANT"」の復刻シューズ。

価格:1万6,000円(税別)。
1987年、ビジブルAirクッショニングでシューズの世界を一変させた「エアマックス1」。以降、シリーズはコレクターが追い求める夢のシューズを発表してきた。

「ELEPHANT」は2007年に発売され、レザーとスエードのシナジー性や象皮をイメージした質感で人気となり、発売と同時に完売した伝説のシューズだ。今回の復刻にあわせ、「ELEPHANT」をオマージュした「BE@RBRICK × atmos 100%&400%」(2セット)なども発売される。
「ELEPHANT」をオマージュしたグッズも登場。

「ELEPHANT」をオマージュしたグッズも登場。

「エアマックス95」も進化して発売中

1990年代のスニーカーブームを牽引したスニーカーといえば「エアマックス95」だ。

最新作では、20年超の時を経て、スタイリッシュ、かつ洗練されたデザインに進化した、シックなブラックと鮮やかなブルーとレッドの3色を展開する。
最新作「ナイキ エアマックス 95 ウルトラ エッセン...

最新作「ナイキ エアマックス 95 ウルトラ エッセンシャル」

価格:17,000円(税別)
色:[ブラック]、[ネイビー]、[レッド]。
1995年に誕生した 「エアマックス95」

1995年に誕生した 「エアマックス95」

デザイナーの”セルジオ・ロザーノ”により、人体解剖学からインスピレーションを受けて誕生。肋骨をイメージしたアイレットや、AIR MAXシリーズでは初となるヒールと前足部に外から見えるエアユニットを装備。スエードとメッシュの組み合わせにより、皮膚の下で幾層にも重なる「筋肉繊維」を表現した独特のデザイン性で人気を博す。

1990年代は、様々な「エアマックス」が登場!!

AIR MAX 1

AIR MAX 1

1987年に誕生し、ナイキの伝説的デザイナーティンカー・ハットフィールドがパリ・ポンピドゥーセンターの構造に着想を得て、デザインした第一モデル。ミッドソールに搭載したビジブルエアを可視化できるという画期的なデザインは、ナイキファンをはじめ多くのスニーカーユーザーを魅了した。ファーストカラーの赤は、ユニバーシティレッドと名付けられている。
AIRMAX LIGHT

AIRMAX LIGHT

1989年に誕生した2代目モデル。
AIR MAX 90

AIR MAX 90

1990年に誕生し、初代のデザインを継承しながらも、主にアッパー部分のデザインを向上させた3代目のエア マックス。
AIR MAX 180

AIR MAX 180

1991年に誕生し、AIR FORCE 1を開発したブルース・キルゴアとティンカー・ハットフィールドによる共同開発モデル。エアの容量を大きく取り、180度の角度で露出できるビジブルエアソールを初搭載したことが話題になった。ヒールには180の文字も。
AIR MAX BW

AIR MAX BW

1991年に誕生し、エアが見えるミッドソールの窓を拡張したことから「BW」(Big Windowの略)と命名された。
AIR MAX 93

AIR MAX 93

1993年に誕生し、270度ビジブルエアを搭載したエア マックス 93は、フィット感を高めるためにダイナミックフィットを採用したことでも知られる。オリジナルモデルはビタミンカラーを採用。
AIRMAX 94

AIRMAX 94

1994年に誕生し、ヒールのエアユニットが異なった2種類の圧力に設定されている。
AIR MAX 96

AIR MAX 96

1996年に誕生し、エア マックス 95が大ヒットする中、マルチチャンバーエアの低圧部を外向きに配置したマイナーチェンジ版として登場。今となっては手に入りにくい希少モデル。
AIR MAX 97

AIR MAX 97

1997年に誕生し、フルレングスビジブルエアを初搭載。横から見た際の緩やかな曲線美が特徴で、近未来的なフォルムの着想源はなんと「日本の新幹線」だという。
AIR MAX 98

AIR MAX 98

1998年に誕生し、ポリマー製の半球体を重ね合わせた高接合サポート構造チューンドエアを初搭載。
AIRMAX 99

AIRMAX 99

1999年に誕生した、90年代最後のモデル。

「エアマックス」に関する記事

歴代 NIKE AIR MAX (ナイキ エア マックス)を振り返る。 - Middle Edge(ミドルエッジ)

歴代 NIKE AIR MAX (ナイキ エア マックス)を振り返る。 - Middle Edge(ミドルエッジ)
ナイキのエアマックス代流行したのは、あの95モデルですが、1987年に初代が発売されて、今年で28年。みなさんは、どのエアマックスを持ってましたか?

狩られるほど人気があった懐かしいモノ - Middle Edge(ミドルエッジ)

狩られるほど人気があった懐かしいモノ - Middle Edge(ミドルエッジ)
「ドラクエ狩り」や「エアマックス狩り」など最近は狩られるほど爆発的に人気なものがないですね。狩りの対象になった商品はいずれも当時ムーブメントとなったものばかりです。
24 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

80、90年代のデザインを現代風にアレンジしたスニーカー「アシックスタイガー」直営第1号店は大阪OPA!

80、90年代のデザインを現代風にアレンジしたスニーカー「アシックスタイガー」直営第1号店は大阪OPA!

アシックスは復刻したスニーカー・アシックスタイガーの直営店を9月21日に大阪・心斎橋OPAきれい館にてオープンさせる。アシックスタイガーの代表的なアイテムは、1990年に発売したランニングシューズをベースにしたGEL-Lyte III(ゲルライト スリー)。
歴代 NIKE AIR MAX (ナイキ エア マックス)を振り返る。

歴代 NIKE AIR MAX (ナイキ エア マックス)を振り返る。

ナイキのエアマックス代流行したのは、あの95モデルですが、1987年に初代が発売されて、今年で28年。みなさんは、どのエアマックスを持ってましたか?
M.E. | 16,048 view
長野~新潟間を走るJR飯山線で、90年代の外装を復刻したラッピング列車が運転開始!!

長野~新潟間を走るJR飯山線で、90年代の外装を復刻したラッピング列車が運転開始!!

JR東日本長野支社は、大型観光キャンペーン「信州デスティネーションキャンペーン」(7~9月開催)に向けて、飯山線を走るキハ110系ディーゼルカーにラッピングなどを施すと発表した。「リバイバル」と題されたデザイン車両はすでに2両が運転されている。
1975年に登場した”スニーカー”の先駆け「ホッケー」が復刻!リーガルで限定発売!!

1975年に登場した”スニーカー”の先駆け「ホッケー」が復刻!リーガルで限定発売!!

リーガル コーポレーションから、1975年に先駆的な一足として誕生したスニーカー「ホッケー」が、復刻を果たすことがわかった。リーガルの専門店「REGAL SHOES」にて、3月10日(金)より限定発売する。
red | 591 view
90年代に人気を博したサンダル「ALP」が復刻!3月1日より全国のセレクトショップにて数量限定発売!

90年代に人気を博したサンダル「ALP」が復刻!3月1日より全国のセレクトショップにて数量限定発売!

90年代に人気を博したサンダル「Alp(アルプ)」を20年ぶりに復刻し、3月1日より全国のセレクトショップにて数量限定で発売することがわかった。
red | 778 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト

懐かしい!記憶をくすぐる商品

(PR)アマゾンで購入可能