機動戦士ガンダムZZ(第一次ネオ・ジオン抗争)のモビルスーツたち
2017年1月24日 更新

機動戦士ガンダムZZ(第一次ネオ・ジオン抗争)のモビルスーツたち

またやります。TVアニメ『機動戦士ガンダムΖΖ』のモビルスーツ等をを挙げてみます。シリーズ中でかぶっている機体もありますがそれは名称だけにとどめます。長い記事になります。お好きな方、時間がたっぷりとある方、ご覧ください。

66,935 view

エゥーゴ

MSA-005 メタス

MSA-005 メタス

MSA-005 メタス

グリプス攻防戦で生き残った機体。戦力不足となったアーガマではろくに整備も出来ず、常に故障箇所を抱えながらもエンドラから送り込まれるMSと戦い続けた。シャングリラ近くでのハンマ・ハンマとの戦いで大破し、漂流していった。
まぁグリプス戦役後、修理もまともにせずに出撃していたのだから無理もないけど、散々な目にあっていた。それでも撃墜されなかったおかげ?でやられることやられること・・・最後は真っ二つにされてなお行動してたっていう涙ぐましい機体だったなぁ~。
諸元
メタス
METHUSS
型式番号 MSA-005
所属 エゥーゴ
建造 アナハイム・エレクトロニクス社
生産形態 試作機
全高 26.0m
頭頂高 18.1m
本体重量 27.8t
全備重量 52.4t
装甲材質 ガンダリウム合金
出力 1,640kW
推力 18,600kg×3(背部)
10,600kg×2(脚部外側)
(総推力)77,000kg
センサー
有効半径 11,300m
武装 アーム・ビームガン(出力2.0MW)×2
ビームサーベル(出力0.5MW)×6
その他 姿勢制御バーニア×12
MA形態
全高 6.2m
全長 21.8m
武装 アーム・ビームガン×2

(出典Wikipedia)

MSN-00100 百式(コードネーム:δガンダム)

MSN-00100 百式(コードネーム:δガンダム)

MSN-00100 百式(コードネーム:δガンダム)

グリプス攻防戦で大破した機体をマイナーチェンジした2号機。 ガンダムチームの指揮官機としてよく使用されており、ネオ・ジオンの新型MSとも格闘戦で互角以上に渡り合う。アクシズでのグレミーの反乱でも、ネェル・アーガマを護るためにも配備された。
二号機といえども、もうこの時期には旧式となってたはず。にもかかわらずパイロットによっては(ジュドー)けっこう戦えてた。

最後の最後まで生き残っていたのは、運だけではなかったんだろうと思う。かなりいい機体だったんだろう。
諸元
百式
HYAKUSHIKI
TYPE-100
型式番号 MSN-00100
所属 エゥーゴ
建造 アナハイム・エレクトロニクス社
生産形態 試作機
頭頂高 18.5m
本体重量 31.5t
全備重量 54.5t
装甲材質 ガンダリウムγ
出力 1,850kW
推力 18,700kg×4(背部)
(総推力)74,800kg
センサー
有効半径 11,200m
武装 60mmバルカン砲×2
ビーム・サーベル×2
ビーム・ライフル(型式番号BR-M-87及びBR-M-87BB)
クレイ・バズーカ(型式番号AE/ZIM.C-BAZ-531)
メガ・バズーカ・ランチャー
トリモチランチャー
搭乗者
ビーチャ・オーレグ
モンド・アガケ
(一時的に搭乗)
ジュドー・アーシタ
アポリー・ベイ(小説版)
その他 姿勢制御バーニア×12

(出典Wikipedia)

MSΖ-006 Ζガンダム(コードネーム:ζガンダム)

MSΖ-006 Ζガンダム(コードネーム:ζガンダム)

MSΖ-006 Ζガンダム(コードネーム:ζガンダム)

グリプス攻防戦で生き残った機体。高性能を誇るが、扱いが非常に難しく、戦力不足となったアーガマでは乗りこなせるクルーがいなかった。ガンダムチームの主力を務め、大気圏突入時や地球上の戦闘では大活躍しており、ネオ・ジオンや旧ジオン公国軍の残党のMS達を数多く撃墜している。アクシズでのグレミーの反乱でも、ネェル・アーガマを護るために戦闘に参加している。
やっぱりこの機体はいい機体だったな~。

チョットふざけた戦い方もして特にハンマハンマに頭をやられた時、ザクの頭をつけた時は笑えたもんな~。

地上戦ではいい戦い方だった。ルーがまたこの扱いずらいはずの機体をうまく使うんだな~。最後は動けなくなってルーだけは助けられたんだけどその後は登場してない。

サイドストーリーでアナハイム・エレクトロニクスが結構いい値段で商売にしてたのは記憶に新しい。なんにしてもパイロットを選ぶ厄介な機体であるのは間違いないと思う。
諸元
Ζガンダム
Ζ-Gundam / Zeta Gundam
型式番号 MSZ-006(MSZ-006-1)
生産形態 試作機
全高 19.85m
頭頂高 19.85m
本体重量 28.7t
全備重量 62.3t
装甲材質 ガンダリウムγ
出力 2,020kw
推力 腰部12,200kg×5
脛部10,600kg×2
脚横7,600kg×4
(総推力)112,600kg
センサー
有効半径 14,000m
武装 ビームサーベル×2
バルカン砲×2
シールド内ミサイル
2連装グレネードランチャー×2
ビームライフル
シールド
ハイパー・メガ・ランチャー
搭乗者
ルー・ルカ
レコア・ロンド
(一時的に搭乗)
ジュドー・アーシタ
アストナージ・メドッソ
アポリー・ベイ
ファ・ユイリィ
イーノ・アッバーブ
ビーチャ・オーレグ
モンド・アガケ
その他 姿勢制御バーニア×8
WR(MA)形態
全長 24.32m
全幅 18.61m

(出典Wikipedia)

MSΖ-010 ΖΖガンダム(コードネーム:θガンダム)

MSΖ-010 ΖΖガンダム(コードネーム:θガンダム)

MSΖ-010 ΖΖガンダム(コードネーム:θガンダム)

エゥーゴが開発した可変合体MS。コア・ブロック・システムを採用しており、コア・トップ、コア・ベース、コア・ファイターの三機に分離でき、それぞれが戦闘機として使用できる。機動力や攻撃力もずば抜けて高く、圧倒的なパワーでネオ・ジオンの繰り出すMS群を撃破している。アクシズでの最終決戦の際には戦闘力強化のために強化型ZZガンダムへ改造し、更にフルアーマー形態へ換装している。
一言で言えばジュドー・アーシタというパイロットを成長させた機体だった。

特にラカン・ダカランのしつこいぐらいの攻撃はジュドーを成長させるうえである意味貢献していたと思う。

エルピー・プルやプルツーとの交戦はストーリーを盛り上げる為にあったようなもので「それはないだろ」という場面が多かったと思う。

何にしてもバージョンアップの度にとてつもない機体になっていき、ジュドーもそれを乗りこなしていくことになったのもニュータイプとしての覚醒を表現していたんだろう。
諸元
ΖΖガンダム
ΖΖ Gundam / Double Zeta Gundam
型式番号 MSΖ-010
全高 22.11m
頭頂高 19.86m
本体重量 32.7t
全備重量 68.4t
装甲材質 ガンダリウムγ
出力 7,340kW
推力 21,700 kg×2
14,400 kg×4
(総推力)101,000kg
センサー
有効半径 16,200m
武装 ダブルバルカン
ハイ・メガ・キャノン
ハイパー・ビーム・サーベル
(ダブル・キャノン)×2
21連装ミサイルランチャー×2
ウイング・シールド×2
2連装メガ・ビーム・ライフル
搭乗者
(メインパイロット)
ジュドー・アーシタ
(一時的に搭乗)
ビーチャ・オーレグ
エルピー・プル
ルー・ルカ
モンド・アガケ(小説版)
イーノ・アッバーブ
その他 姿勢制御バーニア×32
Gフォートレス
G-FORTRESS
全長 30.13m
全幅 18.52m
推力 16,300kg×2
21,700kg×2
14,400kg×4
17,300kg×2
(総推力)168,200kg[2]
武装 ダブルキャノン
21連装ミサイルランチャー×2
ダブルビームライフル
コア・ファイター
型式番号 FXA-07GB
全長 11.62m
全幅 15.89m
全備重量 11.6t
推力 5,240kg×4
(総推力)20,960kg
センサー
有効半径 15,480m
武装 機銃
2連装ミサイルランチャー×2
コア・トップ
全長 19.91m
全幅 18.52m
本体重量 19.3t
全備重量 30.9t(コア・ファイター含む)
推力 16,300kg×2
5,240kg×4(コア・ファイター)
(総推力)53,560kg
武装 2連装メガ・ビーム・ライフル
コア・ベース
全長 12.86m
完備全長
22.06m(コア・ファイター含む)
全幅 15.93m
本体重量 37.5t
全備重量 49.1t(コア・ファイター含む)
推力 21,700kg×2
14,400kg×4
17,300kg×2
(総推力)135,600kg[3]
武装 機銃(コア・ファイター)
2連装ミサイルランチャー×2
(コア・ファイター)
ダブル・キャノン×2
21連装ミサイルランチャー×2

(出典Wikipedia)

MSΖ-010S 強化型ΖΖガンダム

MSΖ-010S 強化型ΖΖガンダム

MSΖ-010S 強化型ΖΖガンダム

ZZガンダムを改造強化した機体。
217 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『機動戦士ガンダム』(宇宙世紀)シリーズのニュータイプ専用モビルスーツ:ジオング・クィン・マンサ・キュベレイ・ユニコーンガンダム他合計36機種

『機動戦士ガンダム』(宇宙世紀)シリーズのニュータイプ専用モビルスーツ:ジオング・クィン・マンサ・キュベレイ・ユニコーンガンダム他合計36機種

ニュータイプ専用機のMSN-02 ジオング・PMX-003 ジ・O・AMX-004 キュベレイ・AMX-005 キュベレイMk-II・AMX-014 ドーベン・ウルフ・AMX-015 ゲーマルク・AMX-017 量産型キュベレイ・NZ-000 クィン・マンサ・RX-78NT-1 ガンダムNT-1「アレックス」(ALEX)・MSZ-006 Ζガンダム・MSZ-010 ΖΖガンダム・RX-93 νガンダム・MSN-04 サザビー・MSN-03 ギュネイ・ガス専用機ヤクト・ドーガ・RX-0 ユニコーンガンダム・NZ-666 クシャトリヤ・MSN-06S シナンジュ・2号機「バンシィ」・「バンシィ・ノルン」・YAMS-132 ローゼン・ズール・3号機「フェネクス」・リバウ・シュネー・ヴァイス・サイコミュ試験用ザク・サイコミュ高機動試験型ザクII・MSN-04II ナイチンゲール・パーフェクト・ジオング・RX-93-ν2 Hi-νガンダム・シルヴァ・バレト・「シナンジュ・スタイン」・MSN-001X ガンダムデルタカイ・MSN010 G-3およびそのニュータイプ・パイロット(搭乗者)のまとめ。
ガンモ | 198,485 view
ガンダムシリーズの悲劇のヒロイン(15名)

ガンダムシリーズの悲劇のヒロイン(15名)

敵側のニュータイプや強化人間的なヒロインが主人公と恋仲に落ち、主人公やライバルを庇って死ぬのはガンダムのいつものお約束。ガンダムシリーズの悲劇のヒロインたちを振り返ってみましょう。
ガンモ | 267,209 view
『機動戦士ガンダムZZ』30周年記念!RAH DXハマーン・カーンが限定復刻!

『機動戦士ガンダムZZ』30周年記念!RAH DXハマーン・カーンが限定復刻!

『機動戦士ガンダムZZ』のテレビ放映30周年を記念して、メガハウスが展開する「RAH DX GA(ロボットアニメヒーロー&ヒロインズDX GUNDAM-ARCHIVES)」から「RAH DX ガンダム・アーカイブス ハマーン・カーン」が数量限定で復刻される事が決定した。すでに10月下旬までの予約受付が開始されている。
red | 1,199 view
『ガンプラり歩き旅』その82 ~HGUCで初めて1/144キット化されたキュベレイを、あえてエルピー・プル専用機を選んでみた!~

『ガンプラり歩き旅』その82 ~HGUCで初めて1/144キット化されたキュベレイを、あえてエルピー・プル専用機を選んでみた!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、メカ単位での紹介をする大好評連載。 新展開では『機動戦士Zガンダム』(1985年)『機動戦士ガンダムZZ』(1986年)『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988年)まで、旧キットから最新のHGUCまで、商品の発売順に、再現画像と共に網羅紹介していこうという趣向になっております!
市川大河 | 2,309 view
機動戦士ガンダムZZのMS「クィン・マンサ」が全高200mmサイズで登場!メタリックカラーで再現!!

機動戦士ガンダムZZのMS「クィン・マンサ」が全高200mmサイズで登場!メタリックカラーで再現!!

バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」から、アニメ「機動戦士ガンダムZZ」に登場するモビルスーツ「クィン・マンサ」を全高200mmという特大サイズで再現した「クィン・マンサ(メタリックver.)」が限定販売された。
red | 2,842 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト