シカゴから、田舎町に引っ越してきた高校生が、ぶつかりながら周囲と打ち解けていく映画「フットルース」
2017年1月26日 更新

シカゴから、田舎町に引っ越してきた高校生が、ぶつかりながら周囲と打ち解けていく映画「フットルース」

映画「フットルース」は、ロックもダンスも禁止されている小さな田舎町に、母と共に引っ越してきた高校生が、周囲になじめずに、ぶつかりながらも少しずつ打ち解けていく様子を描いた青春映画です。数々のヒット曲を生み、ケヴィン・ベーコンを一躍有名にした「フットルース」を振り返ります。

14,169 view

映画「フットルース」とは

『フットルース』(Footloose)は、1984年のアメリカ映画。パラマウント映画作品。上映時間107分。
公開当時、ケニー・ロギンスなども参加したサウンドトラックのヒットや当時の流行であるMTVを始めとするプロモーションビデオなどヒットも相まって、一種の社会現象となった作品でミュージカル化もされている。2011年にはリメイクも行われ、日本では『フットルース 夢に向かって』のタイトルでDVD発売された。
保守的な田舎町で、ロックもダンスも禁止という決まりになじめず、学校でも反抗的なレンが、仲間と協力して卒業ダンスパーティを開くようになるまでの、過程を描いています。

映画「フットルース」のあらすじ

父が家出をしてしまったため、母と2人で伯父の家に引っ越してきたレンは、生まれ育ったシカゴとは全く違う保守的な田舎町になじめずにいました。
牧師の娘エリエルに惹かれていますが、彼女にはチャックというボーイフレンドがいます。ウィラードと意気投合したレンは、エリエルの父ムーア牧師が、息子の死をきっかけにして、ロックもダンスも禁止されていることを知ります。
教会でのレンとウィラード

教会でのレンとウィラード

教会での退屈なお説教にうんざりしているレンとウィラードです。
出典 eiga.com

チャックとレンの対立

シカゴから来たよそ者という理由で、チャックはレンに敵対心を持っていました。レンのアルバイト先の製粉工場に、チャックの挑戦状を持ったエリエルがやってきました。大型トラクターを使った度胸試しで、偶然も重なって勝利したレンに、エリエルは一気に惹かれてしまいます。
レンとエリエル

レンとエリエル

都会から来た転校生として、レンに興味を持っていたエリエルですが、チャックとの対決に勝利したレンに惹かれてしまいます。
出典 ameblo.jp

ウィラードへのダンスの特訓

レンはウィラードに頼まれ、ダンスの練習を始めます。ダンスなど縁のなかったウィラードに、リズムの取り方やステップなど、一から根気強く教えます。
ダンスの特訓をすることで、レンとウィラードは、強い信頼関係を気付いていきます。
レンとウィラード

レンとウィラード

車の中でも、学校の廊下でも、家に帰っても、2人は密かにダンスの練習を続けます。

大人への不満と反発

友達から大麻を預かったことから、学校側はレンに不信の目を向けます。信じてもらえなかったレンは、人気のない工場で、車の音楽に合わせ不満を爆発させていました。そこへエリエルが現れ、2人は心を通わせます。エリエルの父は、戒律で厳しく育てることを信条としていたため、エリエルは父の愛情を感じることができませんでした。
父の厳しさに反発して、危険な行為を繰り返すエリエル

父の厳しさに反発して、危険な行為を繰り返すエリエル

最初は幸せな家庭に思えたエリエルの家族は、不満や葛藤、そして悲しみを抱えていたのでした。

ダンスパーティ開催の訴え

エリエルやウィラードらと隣町のディスコに行って楽しんだレンですが、その事実は町に波紋を投げかけます。ロックやダンスの禁止のもとになったのは、5年前の高校生の酒酔い運転での事故死で、なくなったのはエリエルの兄でムーア牧師の息子でした。戒律で縛り、厳しく育てていれば息子は死ななかったという思いから、ムーア牧師はロックもダンスも禁止するという行動に出たのでした。
町の定例集会でダンスパーティ開催を訴えるレンでしたが、訴えは退けられました。
ダンスパーティ開催を訴えるレン

ダンスパーティ開催を訴えるレン

訴えは退けられましたが、レンの必死の説得に、ムーア牧師も次第に理解を示すようになります。

卒業ダンスパーティの開催

レンの気持ちを理解したムーア牧師は、ダンスを認める宣言をします。町はずれの体育館での卒業ダンスパーティの開催が決定し、父からの贈り物のコサージュを付けたエリエルを、正装したレンが迎えにきます。会場前で妨害しようと待ち構えていたチャックたちも、最後には一緒にダンスで盛り上がり、ダンスパーティは最高潮を迎えます。
卒業ダンスパーティのレンとエリエル

卒業ダンスパーティのレンとエリエル

転校してきた当初は孤立していたレンですが、多くの仲間たちとダンスパーティを開催することに成功します。
53 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「アメトーーク!」に『スクール☆ウォーズ』大好き芸人が集結!イソップや大木ら登場人物について熱く語る!

「アメトーーク!」に『スクール☆ウォーズ』大好き芸人が集結!イソップや大木ら登場人物について熱く語る!

1984年から85年にかけて放送され、青春学園ドラマを代表する作品『スクール☆ウォーズ~泣き虫先生の7年戦争~』(TBS)。同作の魅力を語りだしたら止まらない芸人たちが、テレビ朝日系人気バラエティー『アメトーーク!』に集結した。放送は2月2日。
ケニー・ロギンスを知らなくとも、「フットルース」を聴いて踊った人は多いはず!?

ケニー・ロギンスを知らなくとも、「フットルース」を聴いて踊った人は多いはず!?

もしかするとケニー・ロギンスと聞いても分からない人というのは多いような気がします。ロギンス&メッシーナとなると尚更ではないでしょうか。アメリカではトータル2000万枚ものセールスを記録しているのですが。そのロギンス&メッシーナのケニー・ロギンスは日本では知名度こそイマイチかもしれませんが、映画「フットルース」のテーマ曲といえば当時踊り狂った人は星の数ほどいたはずです。しかし、ケニー・ロギンスは「フットルース」だけの人ではありません。80年代の美しく先制された曲の数々を収めたオリジナル・アルバムをご紹介します。
obladioblada | 1,410 view
スクールウォーズの主題歌の原曲を歌った【ボニー・タイラー】 そのハスキーボイスは大変素晴らしかった!

スクールウォーズの主題歌の原曲を歌った【ボニー・タイラー】 そのハスキーボイスは大変素晴らしかった!

野太いハスキーボイスで数々の名曲を歌った【ボニー・タイラー】。日本ではスクールウォーズの主題歌である「ヒーロー」の原曲を歌ったことで有名ですよね。今回はそんな【ボニー・タイラー】の名曲を振り返りたいと思います。
つきねこ | 1,390 view
豪華なクリエイター達が携わった【吉川晃司】の「ラ・ヴィアンローズ」

豪華なクリエイター達が携わった【吉川晃司】の「ラ・ヴィアンローズ」

1984年にリリースされた吉川晃司さんの「ラ・ヴィアンローズ」には、作詞・作曲・編曲で大変豪華な方々が携わっていました!若さ溢れんばかりのカッコよさをもつ、当時の吉川晃司さんの名曲を聴き直してみましょう(^^)/
つきねこ | 3,241 view
映画【フットルース】について語ろう!ミュージカル化もされて人気の作品!

映画【フットルース】について語ろう!ミュージカル化もされて人気の作品!

映画【フットルース】日本での公開は1984年7月、サウンドトラックは日本のオリコン洋楽アルバムチャートで1984年5月7日付から通算18週1位を獲得【フットルース】ついて語ろう!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト