「ピンク映画の黒澤明」と呼ばれた若松孝二。そこには「怒り」や「狂気」が込められています。
2018年12月22日 更新

「ピンク映画の黒澤明」と呼ばれた若松孝二。そこには「怒り」や「狂気」が込められています。

マニアックな映画監督ではある若松孝二。黒澤明とはいえ、ピンク映画のですからね。一般的な認知度は当然本家本元よりも映画に掛けられる予算同様に低い。しかし、しかしです。映画にかける情熱、そのテンションは尋常ではない程に高いのです!

4,601 view

若松孝二

若松孝二は世間一般に知られているとは言い難い存在。言い難い存在ではありますが、その存在感は「デカイ」という、ちょっと異質な映画監督です。
若松孝二ファンも同様でしょう。マニアックというか、変わり者というか。そうしたファンに支えられている若松孝二ですが、そのファンの数は意外なほど多い。
なぜ人々は若松孝二に魅せられるのでしょうか?探ってみたいと思います。

先ずは若松孝二ご本人からのメッセージです。

若松孝二生誕80年祭!予告編

なんか、これだけで尋常ではない感じが漂いまくっていますよね。若松孝二とはそういう人のようです。
高校を中退後、家出し上京。ヤクザとなり半年間留置所生活も経験しています。それだけであれば単なるヤクザでしかありませんが、その後、若松孝二は低予算でピンク映画を撮りまくるんです。そして、ついには「ピンク映画の黒澤明」とまで呼ばれるようになります。
まぁ、並みではありません。で、その後はどうなったのかというところも気になりますね。「よっしゃー」気合を入れて若松孝二の作品を振り返ってみましょう。

腹貸し女

監督作品第1作は1963年の「甘い罠」でした。ヤクザ時代に逮捕されたことが強く心に残ったのでしょう。「警官を殺すために映画監督になった」というほどで、その言葉どおり「甘い罠」ではそれを実行しています。
「甘い罠」は低予算のピンク映画ながらもヒットし、以降ピンク映画を量産していくことになります。ただ、ピンク映画とはいえ、一般的なエロ映画とは違って、そこには「怒り」や「狂気」が込められているんです。

60~70年代の作品はあまり現存しておらず鑑賞は困難なのですが、数少なく残っている1968年に公開された「腹貸し女」からも、この時代の若松作品の雰囲気は十分に伝わってきます。

腹貸し女

音楽を担当しているのは、なんと、あのジャックスです。しかも、音楽だけではなく出演もしているんですね。スゴイ!というか貴重!
腹貸し女

腹貸し女

監督:若松孝二
フーテン役:早川義夫
音楽:ジャックス
それにしても「腹貸し女」とは現代ではありえないタイトルですよねぇ。しかも、それが職業名とは。知りませんでした。(笑)

天使の恍惚

70年代の若松孝二の代表作といえば、東京総攻撃を計画する過激派の革命軍を題材にした「天使の恍惚」でしょうか。
これがまた、「腹貸し女」同様に音楽が素晴らしいのです。担当したのが山下洋輔トリオですからね。

山下洋輔トリオと若松孝二 - 天使の恍惚

フリージャズですね。映像が観れないのが残念ですが、いかにも合ってます。山下洋輔であって若松孝二でもある。そんな感じです。強烈だなぁ。
「ピンク映画の黒澤明」とまで呼ばれているのに、この時期の作品をまともに観ることが出来ないというのは痛いですね。何とかならんものでしょうか。

水のないプール

本人は否定するのでしょうが、80年代に入るとピンク映画から一般映画へとフィールドを広げていきます。とはいえ、80年代最初の作品「水のないプール」は、内田裕也を主演にしたクロロホルムで女性を眠らせて強姦する男という実話に基づいた物語というのですから流石です。
水のないプール

水のないプール

監督:若松孝二
脚本:内田栄一
製作:若松孝二、浅岡弘行、清水一夫
出演者:内田裕也、中村れい子、浅岡朱美
音楽:大野克夫
撮影:袴一喜
編集:中島照雄
製作会社:若松プロダクション
配給:東映セントラルフィルム
公開:1982年2月20日
上映時間:103分
まぁ、内田裕也がカッコいいこと。最近の内田裕也しか知らない若い世代にもぜひ観てもらいたい。そのカッコよさにしびれてほしいものです。
本筋とは関係ありませんが、劇中で内田裕也が「ジンジャーエール」を頼む際の言い方が最高ですよ。

水のないプール

内田裕也が昼は駅員、夜は屈折した暴行犯の男を演じた若松孝二監督による初の一般映画。仕事でも家庭でもストレスを抱える地下鉄駅員の男。ある日、家族と共にピクニックに出掛けた男は、そこで衝撃的な光景を目撃し…。
39 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

昭和のハードボイルド俳優!酒・女・麻雀・逮捕などの逸話まとめ!

昭和のハードボイルド俳優!酒・女・麻雀・逮捕などの逸話まとめ!

昭和という時代には、多くのハードボイルドな俳優がいました。今回はそんな俳優のエピソードをみながら振り返ってみたいと思います。我々の憧れだった俳優が登場しますので、是非最後までお読み頂けると幸いです。
つきねこ | 11,093 view
晩年の黒澤作品を舐めてもらっては困ります。実は名作揃いなんですよ。ヒットはしなかったけどね。

晩年の黒澤作品を舐めてもらっては困ります。実は名作揃いなんですよ。ヒットはしなかったけどね。

80年以降、晩年の黒澤作品は一般にあまり評価が高くないように見受けられます。特に最後の3作品は商業的にも厳しいものでした。だからって、ダメなのか?!駄作なのか?!いやいや、まったくそんなことはないんですよ、これが!
obladioblada | 1,675 view
『トゥナイト』の風俗レポートで知名度を上げた山本晋也監督!!どーなった!?

『トゥナイト』の風俗レポートで知名度を上げた山本晋也監督!!どーなった!?

昔テレビ番組の「トゥナイト」や「トゥナイト2」で風俗リポーターとして知名度を上げた山本晋也監督。番組が終了するとあまりメディアで見かけなくなりました。気になり追ってみました。
ギャング | 27,062 view
アニメ・漫画からの~『実写映画化』まとめ!! 1989年編!!

アニメ・漫画からの~『実写映画化』まとめ!! 1989年編!!

探すと結構あるアニメや漫画からの実写映画化された作品の数々。中には、これは実写化無理だろう~なんて作品も最新機器やCGを使い可能にした作品まで、色々まとめてみました。
ギャング | 2,614 view
 “カルト映画の神様”と呼ばれた鈴木清順監督の浪漫三部作の1本「ツィゴイネルワイゼン」

“カルト映画の神様”と呼ばれた鈴木清順監督の浪漫三部作の1本「ツィゴイネルワイゼン」

「生きているひとは死んでいて、死んだひとこそ生きている」いかにもカルト映画という印象的なセリフですね。あの世とこの世の狭間の世界を圧倒的な演出で描いた「ツィゴイネルワイゼン」。妖しく怖くもあり、たまらなくエロチックでもあるこの映画。独特な映像美の世界に足を踏み入れてみてください!
obladioblada | 2,004 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト