映画化されたスティーヴン・キングの初期作品!
2022年1月11日 更新

映画化されたスティーヴン・キングの初期作品!

これほどまでに小説が映画化される作家って他にいるのでしょうか?次から次へと作品を発表するスティーヴン・キングはスゴイですが、その作品が次から次へと映画化されるという。これまたスゴイです。

746 view

スティーヴン・キング

モダン・ホラー小説好きにスティーヴン・キングを知らない人はいない。いや、モダン・ホラー小説が特別好きでなくとも「ホラーの帝王」の異名を持つスティーヴン・キングは日本でも広く知られていますよね。なんと言っても怖い!なんと言っても面白い!間違いなく楽しめる作品ばかりを発表している作家です。
スティーヴン・エドウィン・キング

スティーヴン・エドウィン・キング

誕生:1947年9月21日
職業:小説家
国籍:アメリカ合衆国
活動期間:1967年~現在
デビュー当初こそ作家として目が出ずに苦労したようですが、それでも大学卒業から3年後に放った長篇1作目が大ヒットとなり、その後も売れに売れ続けて不動の人気作家となっています。

スティーヴン・キングの作品は題材の面白さもさることながら視覚的というのでしょうか、読んでいると情景が浮かんでくるんですよ。だからでしょうね、非常に映像化された作品が多いのです。
モダン・ホラー小説好きだけではなく、映画ファンをも虜にした初期の映画化されたスティーヴン・キング作品をご紹介します!

キャリー

1974年の長編「キャリー」がデビュー作です。デビュー作からしてこの完成度!既に個性を確立しているといって良いんじゃないでしょうか?!間違いなく面白いです。世界中で大ヒットしたのも頷けます。
ただ日本においては「キャリー」は小説よりも映画で知ったという人が大多数だったのではないかと思います。
映画化は小説発売から2年後の1976年。映画、インパクトありましたねぇ。
キャリー

キャリー

監督:ブライアン・デ・パルマ
脚本:ローレンス・D・コーエン
製作:ポール・モナシュ、ブライアン・デ・パルマ
出演者:シシー・スペイセク、パイパー・ローリー
音楽:ピノ・ドナッジオ
撮影:マリオ・トッシ
編集:ポール・ハーシュ
公開:1976年11月3日
狂信的な母親のもとで育てられ、学校でも日常的にいじめを受けている少女キャリーは初潮を迎えて動揺するが、生理現象は汚れの象徴だと母親に罵られる。しかし、その日を境にキャリーは念じることで物を動かせる超能力に目覚めていく。一方、いじめっ子たちは陰惨な嫌がらせを思いつき、高校最後のプロムパーティの場でキャリーを陥れるが、怒りを爆発させたキャリーの超能力が惨劇を招く。
映画は何といってもキャリー役のシシー・スペイセク、それに母親役のパイパー・ローリーが圧巻の演技を見せてくれます。
監督はブライアン・デ・パルマ。スティーヴン・キング同様にこの作品で彼を知ったという映画ファンは多かったのではないでしょうか?
嫌な男役でジョン・トラボルタが出演していますが、これが彼の映画デビュー作です。

映画「キャリー」予告編 -CARRIE

既に「悪魔のシスター」「ファントム・オブ・パラダイス」「愛のメモリー」といった名作をものにしていたブライアン・デ・パルマでしたが、まだまだ当時はカルト的な人気に留まっていました。商業的な成功となると、やはり本作から。後にはケビン・コスナー主演の「アンタッチャブル」、トム・クルーズ主演の「ミッション:インポッシブル」といった大作を監督し、大監督の仲間入りを果たしています。

シャイニング

長篇2作目は1975年に発表された「呪われた町」で、この作品は1979年にテレビ・ドラマ化されました。監督はなんと「悪魔のいけにえ」や「ポルターガイスト」で有名なトビー・フーパーです。

で、長篇3作品目となるのですが、これまた話題となった(まぁね、キングの場合、発表される作品は常に話題となってるのですが)名作「シャイニング」です。
映画は主演のジャック・ニコルソンの怪演によって怖い怖い!監督はブライアン・デ・パルマと違って当時既に名監督の評価を得ていたスタンリー・キューブリック。面白くないわけがない!のですが、この映画スティーヴン・キングは不満だったようです。
シャイニング

シャイニング

監督:スタンリー・キューブリック
脚本:スタンリー・キューブリック、ダイアン・ジョンソン(英語版)
製作:スタンリー・キューブリック
製作総指揮:ヤン・ハーラン
出演者:ジャック・ニコルソン、シェリー・デュヴァル、スキャットマン・クローザース、ダニー・ロイド
音楽:バルトーク・ベーラ、クシシュトフ・ペンデレツキ、リゲティ・ジェルジュ、ウェンディ・カルロス、アル・ボウリー
撮影:ジョン・オルコット
編集:レイ・ラヴジョイ
公開:1980年5月23日
豪雪のため、冬の期間だけ閉鎖されるオーバールック・ホテル。かつてここでは、精神に異常をきたした管理人が一家を惨殺した挙句に自殺するという、痛ましい事件が起きていた。
そんないわくつきのホテルに、小説家志望のジャック(ジャック・ニコルソン)、その妻のウェンディー(シェリー・デュヴァル)、息子のダニー(ダニー・ロイド)が新しい管理人一家としてやってくる。外界と完全に隔離された世界で、最初は穏やかに生活を営んでいたジャックたちだったが、超能力を持つダニーはこのホテルにただならぬ“邪悪さ”を感じていた。
やがてこの一家に、かつてない恐怖が襲いかかる…。
ホラー映画の中でも最も偉大で影響力のある作品の一つとされる「シャイニング」ですが、スティーヴン・キングはこの映画が気に食わなかった。
なぜ気に食わなかったのか?簡単に言うと、映画は原作と大きく違ってるからなんですね。いえ、大筋は同じです。が、受ける印象が大きく異なる。これ、解釈の違いってことで見る方にとってはどうでもいいように思いますが、スティーヴン・キングおよび、彼の熱烈なファンはそこんとこが許せなかったようです。面白いんだからいいじゃん!とはいかないようですね。

4K ULTRA HD【予告】『シャイニング』10.30リリース

映画版「シャイニング」に不満を持っていた、いや怒りが収まらなかったスティーヴン・キングは映画公開から17年後の、1997年に自ら脚本を手掛けテレビ・ドラマ版「シャイニング」を制作しています。映画版の評価が高まれば高まるほどはらわたが煮えくり返ったみたいですね。それはそれでコワイ。怖すぎるぞスティーヴン・キング!

デッドゾーン

細菌兵器研究所から実験中のウイルスが流出し世界に洩れ出してしまうという、どことなくコロナ禍を思わせるスティーヴン・キングが1978年に発表した長篇4作目「ザ・スタンド」。映像化は1994年5月8日から5月12日までテレビドラマとして放映されています。

映画化となると1979年にアメリカ合衆国で出版された次作の「デッド・ゾーン」ですね。
39 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ホラーの名作「シャイニング」スティーヴン・キングの小説をスタンリー・キューブリックが映画にした!

ホラーの名作「シャイニング」スティーヴン・キングの小説をスタンリー・キューブリックが映画にした!

映画「シャイニング」は、1980年に制作されたホラー映画です。雪山のホテルに家族だけで住み、主人公は精神を病み、狂気と殺戮へと展開していきます。そして、主人公は殺人者へと変貌を遂げていきます。スティーヴン・キング原作の小説をスタンリー・キューブリックが映画化しています。
星ゾラ | 13,763 view
衝撃のホラー映画!「シャイニング」を解説!

衝撃のホラー映画!「シャイニング」を解説!

80年に公開されたホラー映画「シャイニング」!記憶に残っているシーンも多い衝撃作品を解説します!
ロングアゴー | 6,507 view
「たかなシアター六番街」-シャイニング-

「たかなシアター六番街」-シャイニング-

たかなシアター六番街、今回お届けするのは超有名なホラー映画「シャイニング」です。
たかなし亜妖 | 1,627 view
70年代のブライアン・デ・パルマ監督作品はカルトの宝庫。

70年代のブライアン・デ・パルマ監督作品はカルトの宝庫。

今や巨匠となったブライアン・デ・パルマ監督ですが、70年代の作品はどれも下世話でミステリアス。故にカルト。無条件に面白いのですが謎解きがあったり、どんでん返しがあったりで詳しく内容を言えないところが歯がゆいなぁ。
obladioblada | 3,911 view
映画『デッドゾーン』スティーヴン・キング原作!予知能力をもつ孤独な男が世界のために命を賭けて戦った!!

映画『デッドゾーン』スティーヴン・キング原作!予知能力をもつ孤独な男が世界のために命を賭けて戦った!!

『デッドゾーン』は、スティーヴン・キングの原作を鬼才デヴィッド・クローネンバーグ監督が映画化したサイキック・サスペンス作品です。1984年度のアヴォリアッツ国際ファンタスティック映画祭では、批評家&ヒッチコック・サスペンス&黄金のアンテナと3つの賞を受賞しています。
星ゾラ | 4,730 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト