2017年6月19日 更新

現代アイドルを民俗芸能目線で見たらこうなった!

日本の芸能史に女性芸能者あり。今も、祭礼を活かしつつ歌舞でファンを魅了する女性たちがいます。「お祭り系」をコンセプトとし、「フェスティバル」「ポジティブ」「アクティブ」な8人ユニット『FES☆TIVE(フェスティブ)』さんです。結成は2013年。結成当時、祭礼をテーマにしたアイドルというのは異色の存在だったそうです。

1,048 view
平安末期(12世紀)の源平合戦を記した『平家物語』。この物語の「祇王(ぎおう)」の段に「白拍子のはじまりけることは、むかし鳥羽院の御宇に島の千歳・和歌の舞とて、これら二人が舞ひ出したりけるなり」という記述があります。
白拍子(しらびょうし)。
男装した女性や子供が今様(いまよう)などを歌いながら舞った、その人を指す言葉です。「今様」とは当世風・今風を意味する言葉で、平安時代中期から鎌倉時代にかけて流行した歌謡のことを指します。
言うなれば平安時代のJ-POPです。平安時代末期、源氏と平氏を両天秤に掛け対等に渡り合った後白河法皇(1127〜1192)は、この今様がお好きでした。

女性の歌舞は古代から息づく姿

何が言いたいかというと、平安末期には仮装した女子が流行り歌を歌っていて、彼女たちが時の最高権力者や貴族たちにも人気だった、という事実です。そしてその起源は巫女舞に遡ると思われますので、女性の歌舞というのは日本の歴史の中で、古代から息づく姿だったりします。そして祭祀や祭礼の中で育まれた女性たちによる芸能の歴史の中で、安土桃山時代についに1人の女性が誕生しました。女性芸能者・出雲阿国(いずものおくに)です。
阿国は、「ややこ踊り(少女による小歌踊り)」を基に独自の踊り「かぶき踊り」を開発、このかぶき踊りが現在の歌舞伎に繋がったとも言われています。

『時慶卿記』(安土桃山時代~江戸前期成立。西洞院時慶・著)の慶長5年(1600)7月1日条に、京都近衛殿や御所で雲州(出雲のこと)のクニと菊の2人が「ややこ踊り」を演じたと記されており、この「クニ」が阿国と言われています。

そして阿国が北野社の能舞台を代用して「歌舞伎踊り」を始めたのは慶長8年(1603)。その当時の様子を描いたと思われるのが京都国立博物館所蔵の「阿国歌舞伎図」。重要文化財(国宝)に指定されている屏風です。

日本の芸能史に、女性芸能者あり

そして今も、祭礼を活かしつつ歌舞でファンを魅了する女性たちがいます。
「お祭り系」をコンセプトとし、「フェスティバル」「ポジティブ」「アクティブ」な8人ユニット『FES☆TIVE(フェスティブ)』さんです。
『FES☆TIVE(フェスティブ)』

『FES☆TIVE(フェスティブ)』

結成は2013年。結成当時、祭礼をテーマにしたアイドルというのは異色の存在だったそうです。「アイドル」と祭礼=お祭り・・・確かに現代社会では繋がりが薄いですよね。
しかし、日本文化の歴史から見れば、これほど王道のコラボは・・・実は無かったりする気がします。現在の私たちの生活の中でお祭がそこまで重要ではないだけです。

『FES☆TIVE(フェスティブ)』ライブ!!

先日、彼女たちのライブを見に会場まで足を運びました。
ファンとの一体感。距離感。これは・・・どこかで見た記憶が!京都国立博物館所蔵の「阿国歌舞伎図(おくにかぶきず)」だ!そして彼女たちの服の色は、紫を黒に見立てれば、まるで五色のよう。五色というのは、五行思想に基づく5つの色のことで、祭礼には欠かせない色たちのこと。内訳は青(緑)、紅(赤)、黄、白、玄(黒)です。
 (1881574)

 (1881575)

 (1881578)

お祭りをコンセプトにされている、とのことでしたが、彼女たちはまさに祭礼そのもので、そしてその中で歌舞をしている日本の芸能史そのものかもしれない・・・そう感じました。

「温故知新」という言葉がありますが、彼女たちが表現しているのはまさに日本芸能史の温故知新。連綿と続く女性芸能を受け継いだ姿だと、感じました。

海外でも活躍されている彼女たち。どんどん日本らしさを海外で発揮してほしいと強く思います。17世紀に阿国踊りを見た人たちも、きっとこんな風に楽しかったんだろうなあ・・・!

FES☆TIVEワンマンライブ ワンマンダイジェスト

【最後に】

女性芸能者は売春もしていたのでは?という質問をする人がいます。それはその時代ごとの風潮。平成の今には、その風潮は全く関係ありません。
19 件

20世紀交歓所20世紀しばりのフリマサイト

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

   

関連する記事こんな記事も人気です♪

語源は「附子」?「民俗コネタとして「ブス」を取り上げてみます。

語源は「附子」?「民俗コネタとして「ブス」を取り上げてみます。

インターネットテレビ局AbemaTV (アベマTV)のバラエティ番組「おぎやはぎの『ブス』テレビ」をご存知でしょうか?番組案内によると「ブス」が「ブス」のことを考え、明日の「ブス」のために語り合う番組とのこと。ここでは民俗コネタとして「ブス」を取り上げてみましょう。
山崎敬子 | 632 view
日本人だけ特別!?おにぎり、お寿司、佃煮など私たちの胃袋を癒してくれる「海苔」。

日本人だけ特別!?おにぎり、お寿司、佃煮など私たちの胃袋を癒してくれる「海苔」。

食欲の秋がやってまいりましたので、今回は食べ物コネタをば。日本人にとって最も身近な食材のひとつ・・・海苔!おにぎり、お寿司、佃煮など私たちの胃袋を癒してくれる存在です。
山崎敬子 | 1,412 view
ことわざ「鬼がでるか蛇がでるか」なぜ蛇は鬼と同格になったの??

ことわざ「鬼がでるか蛇がでるか」なぜ蛇は鬼と同格になったの??

「これからどんな恐ろしいことが起きるか予測ができないこと」を、ことわざで「鬼がでるか蛇がでるか」と言います。鬼も蛇も不気味で恐ろしい存在ということで、このことわざが生まれたそうです。が!古代日本では蛇は不気味な存在ではない。どうして鬼と同格になったのか。
山崎敬子 | 628 view
「重陽の節句」9月9日は「男色の日」でもある!?

「重陽の節句」9月9日は「男色の日」でもある!?

現代社会ではあまり馴染みがない9月9日の節句は「重陽の節句」。その一方で別の記念日として「男色(だんしょく・なんしょく)の日」でもあるということ、ご存知でしたか?
山崎敬子 | 539 view
給食でお馴染みだった「冷凍ミカン」は小田原駅が発祥、そして大洋漁業との関係。

給食でお馴染みだった「冷凍ミカン」は小田原駅が発祥、そして大洋漁業との関係。

小中高生の夏休みが終わりました。そんな学生たちの姿を東海道線で見て、ふとコネタを思い出しました。ミドルエッジ世代の給食シーンではお馴染みだったであろう「冷凍ミカン」。新幹線などでも売られていて、その場合は網に入っていることが多かった記憶があります。
山崎敬子 | 476 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト