2017年6月19日 更新

現代アイドルを民俗芸能目線で見たらこうなった!

日本の芸能史に女性芸能者あり。今も、祭礼を活かしつつ歌舞でファンを魅了する女性たちがいます。「お祭り系」をコンセプトとし、「フェスティバル」「ポジティブ」「アクティブ」な8人ユニット『FES☆TIVE(フェスティブ)』さんです。結成は2013年。結成当時、祭礼をテーマにしたアイドルというのは異色の存在だったそうです。

1,075 view
平安末期(12世紀)の源平合戦を記した『平家物語』。この物語の「祇王(ぎおう)」の段に「白拍子のはじまりけることは、むかし鳥羽院の御宇に島の千歳・和歌の舞とて、これら二人が舞ひ出したりけるなり」という記述があります。
白拍子(しらびょうし)。
男装した女性や子供が今様(いまよう)などを歌いながら舞った、その人を指す言葉です。「今様」とは当世風・今風を意味する言葉で、平安時代中期から鎌倉時代にかけて流行した歌謡のことを指します。
言うなれば平安時代のJ-POPです。平安時代末期、源氏と平氏を両天秤に掛け対等に渡り合った後白河法皇(1127〜1192)は、この今様がお好きでした。

女性の歌舞は古代から息づく姿

何が言いたいかというと、平安末期には仮装した女子が流行り歌を歌っていて、彼女たちが時の最高権力者や貴族たちにも人気だった、という事実です。そしてその起源は巫女舞に遡ると思われますので、女性の歌舞というのは日本の歴史の中で、古代から息づく姿だったりします。そして祭祀や祭礼の中で育まれた女性たちによる芸能の歴史の中で、安土桃山時代についに1人の女性が誕生しました。女性芸能者・出雲阿国(いずものおくに)です。
阿国は、「ややこ踊り(少女による小歌踊り)」を基に独自の踊り「かぶき踊り」を開発、このかぶき踊りが現在の歌舞伎に繋がったとも言われています。

『時慶卿記』(安土桃山時代~江戸前期成立。西洞院時慶・著)の慶長5年(1600)7月1日条に、京都近衛殿や御所で雲州(出雲のこと)のクニと菊の2人が「ややこ踊り」を演じたと記されており、この「クニ」が阿国と言われています。

そして阿国が北野社の能舞台を代用して「歌舞伎踊り」を始めたのは慶長8年(1603)。その当時の様子を描いたと思われるのが京都国立博物館所蔵の「阿国歌舞伎図」。重要文化財(国宝)に指定されている屏風です。

日本の芸能史に、女性芸能者あり

そして今も、祭礼を活かしつつ歌舞でファンを魅了する女性たちがいます。
「お祭り系」をコンセプトとし、「フェスティバル」「ポジティブ」「アクティブ」な8人ユニット『FES☆TIVE(フェスティブ)』さんです。
『FES☆TIVE(フェスティブ)』

『FES☆TIVE(フェスティブ)』

結成は2013年。結成当時、祭礼をテーマにしたアイドルというのは異色の存在だったそうです。「アイドル」と祭礼=お祭り・・・確かに現代社会では繋がりが薄いですよね。
しかし、日本文化の歴史から見れば、これほど王道のコラボは・・・実は無かったりする気がします。現在の私たちの生活の中でお祭がそこまで重要ではないだけです。

『FES☆TIVE(フェスティブ)』ライブ!!

先日、彼女たちのライブを見に会場まで足を運びました。
ファンとの一体感。距離感。これは・・・どこかで見た記憶が!京都国立博物館所蔵の「阿国歌舞伎図(おくにかぶきず)」だ!そして彼女たちの服の色は、紫を黒に見立てれば、まるで五色のよう。五色というのは、五行思想に基づく5つの色のことで、祭礼には欠かせない色たちのこと。内訳は青(緑)、紅(赤)、黄、白、玄(黒)です。
 (1881574)

 (1881575)

 (1881578)

お祭りをコンセプトにされている、とのことでしたが、彼女たちはまさに祭礼そのもので、そしてその中で歌舞をしている日本の芸能史そのものかもしれない・・・そう感じました。

「温故知新」という言葉がありますが、彼女たちが表現しているのはまさに日本芸能史の温故知新。連綿と続く女性芸能を受け継いだ姿だと、感じました。

海外でも活躍されている彼女たち。どんどん日本らしさを海外で発揮してほしいと強く思います。17世紀に阿国踊りを見た人たちも、きっとこんな風に楽しかったんだろうなあ・・・!

FES☆TIVEワンマンライブ ワンマンダイジェスト

【最後に】

女性芸能者は売春もしていたのでは?という質問をする人がいます。それはその時代ごとの風潮。平成の今には、その風潮は全く関係ありません。
19 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

   

20世紀交歓所20世紀しばりのフリマサイト

関連する記事こんな記事も人気です♪

「初心忘るべからず」オリンピックとレスリング。

「初心忘るべからず」オリンピックとレスリング。

社会人になると、ミスなどした時など時々「初心忘るべからず」とか諭されたり、諭したりすることがあったりします。もとは能楽に出てくる言葉ですが、能楽に限らず万事に通じる事だから現代社会でも使われるフレーズなのかな?と思うこの頃、東京オリンピックが見えてきた今だからこそ思い出す事例があります。
山崎敬子 | 138 view
どうしてこうなった!?一度見たら忘れられない「鳥刺し踊り」!!

どうしてこうなった!?一度見たら忘れられない「鳥刺し踊り」!!

ミドルエッジ世代にはおなじみのアイス「パナップ」ですが、あのCMで流れる”パパパパ~♪”はオペラ『魔笛』の中の「鳥刺しパパゲーノの歌」です。今回はこの鳥刺しにまつわる伝統芸能「鳥刺し踊り」について。一度見たら忘れることが出来ません♪
山崎敬子 | 646 view
「押忍」のルーツは拓殖大学にアリ!そのルーツに迫ります。

「押忍」のルーツは拓殖大学にアリ!そのルーツに迫ります。

2018年になりました。本年もなにとぞよろしくお願い申し上げます。年始め、第一発目のコラムは挨拶について。空手家にとどまらず幅広く皆様に愛される「押忍!」のルーツについて昨年、その疑問を解決してくれる本に出会いました。
山崎敬子 | 1,769 view
蕎麦だけじゃない年越し料理、 地域で伝わる独自の年越し風習。

蕎麦だけじゃない年越し料理、 地域で伝わる独自の年越し風習。

父母揃って讃岐(香川)生まれ・育ちの下で生まれ育った私にとって、年越しの食事といえば「ウドン(讃岐うどん)」でした。風習として代々受け継がれてきたわけではなく、単にウドン(乾麺)が家に余りあるほどあったため、お蕎麦を買うよりウドンを食べていました。我が家ではお蕎麦は遠い存在でした…。
山崎敬子 | 757 view
南方熊楠の深い知識とマンボウの落書き。

南方熊楠の深い知識とマンボウの落書き。

12月19日から国立科学博物館で始まった「南方熊楠生誕150周年記念企画展南方熊楠-100年早かった智の人-」。 南方熊楠(みなかたくまぐす1867年(慶応3年)~1941年(昭和16年))は自分の勉強領域の偉人です。
山崎敬子 | 261 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト