80,90年代芸能界マジギレ事件簿
2016年8月24日 更新

80,90年代芸能界マジギレ事件簿

今では自主規制とやらで、つまらなくなったと言われるテレビ。しかし、今より規制が緩かったせいか、テレビの世界では芸能界でマジギレをそのまま放送するなどぶっ飛んだ事件も存在していました。そんな事件簿を懐かしく振り返ってみてみましょう。

99,478 view

80,90年代芸能界マジギレ事件簿

今では自主規制とやらで、つまらなくなったと言われるテレビ。しかし、今より規制が緩かったせいか、テレビの世界では芸能界でマジギレをそのまま放送するなどぶっ飛んだ事件も存在していました。そんな事件簿を懐かしく振り返ってみてみましょう。
 (1733295)

出典 locari.jp

大竹まことvs山瀬まみ 上着を剥ぎ取るまで取っ組み合い!

 (1733297)

日本テレビ「タモリのいたずら大全集」での出来事。
当時、バリバリのアイドルでブリッコだった山瀬まみがバラエティ初出演した番組の事だった。
事前の打ち合わせで、決まっていた事とは言え、大竹まことが、「山瀬、お前失恋したんだってなぁ。」と何度もちょっかい。
勝気な山瀬はそれに応戦している間に、いつの間にか「決まり事」が「本気」に。
大竹は山瀬の上着を剥ぎ取るまで取っ組み合いの大喧嘩となってしまった。その後、大竹は約20年もの間日本テレビへ出入り禁止となってしまうほどの大事件となった。
なんでも、大竹は山瀬が泣いたことが癇に障ったようだ。

【放送事故】大竹まことブチギレVS山瀬まみ!20年間日本テレビ出禁?

出典 youtu.be

大竹まこと

 (1733302)

大竹 まこと(おおたけ まこと、1949年5月22日 - )は、日本のお笑いタレント、俳優、ラジオパーソナリティ。斉木しげる・きたろうの3人で構成するシティボーイズの一員。本名、大竹 真(読み同じ)。昭和60年頃の一時期は、ソロ活動のみ「常滑川まこと」名義を使用していた。

東京都出身。ASH&Dコーポレーション所属。東京大学教育学部附属中学校・高等学校(現・東京大学教育学部附属中等教育学校)卒業。大竹オサムは双子の弟。

山瀬まみ

 (1733306)

出典 topicks.jp
山瀬 まみ(やませ まみ、1969年10月2日 - )は、日本のタレント、司会者、女優。本名;中上 真巳子(なかがみ まみこ、旧姓・山瀬)。ホリプロ所属。 身長167cm、血液型O型。

ガッツ石松 陣内智則をフルボッコ!?

まだ陣内智則が、まだ東京進出前、大阪時代の駆け出し中だった頃、テレビでガッツ石松と共演。「OK牧場」でもお馴染みの通り、小ボケを繰り返すガッツに、爪の垢を残そうとしたのか、陣内は、必死に「やかましいねん!」と、いわゆるツッコミで頭をペシッと叩いたその瞬間、ガッツの導火線に火が!元ボクサーのマジパンチを陣内は喰らうことに。

ガッツ石松が陣内智則にマジギレ、本番中に殴る

出典 youtu.be

ガッツ石松

 (1733312)

ガッツ 石松(ガッツ いしまつ、男性、1949年6月5日- )は、日本の俳優、タレント。広島国際学院大学現代社会学部客員教授。プロボクサー。元WBC世界ライト級チャンピオン。本名は鈴木 有二(すずき ゆうじ)。栃木県上都賀郡清洲村→粟野町(現:鹿沼市)出身。

ガッツエンタープライズ代表取締役社長。ガッツエンタープライズ所属。

陣内智則

45 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

どれだけ覚えてる? 80年代アイドルのキャッチフレーズ 「ちょっとエッチな美新人娘」って?

どれだけ覚えてる? 80年代アイドルのキャッチフレーズ 「ちょっとエッチな美新人娘」って?

薬師丸ひろ子=「ひろ子という字何度ノートに書いたっけ」、松田聖子=「抱きしめたい!ミス・ソニー」…など、思わずツッコミを入れたくなるようなモノも含め、1980年代の女性アイドルには必ずといっていいほどキャッチフレーズがついていました。
Mr.Lonely | 19,117 view
芸能史に残る壮絶大ゲンカ!

芸能史に残る壮絶大ゲンカ!

今は芸能人の喧嘩と言ったらTwitterやラジオなどでちょっと悪口を言うくらいですが、今より遥かにアバンギャルドだった80年代、90年代は殴り合いあり、周りを巻き込み系ありと、それは破天荒な壮絶な大ゲンカが巻き起こっていました。良い意味でも悪い意味でも熱かった当時の芸能史をプレイバックしてみましょう。
yt-united | 18,157 view
酒井法子が11年ぶりに「碧いうさぎ」を熱唱!諸星和己、石井明美、嶋大輔らが自分の曲をカラオケで歌う番組が話題に!!

酒井法子が11年ぶりに「碧いうさぎ」を熱唱!諸星和己、石井明美、嶋大輔らが自分の曲をカラオケで歌う番組が話題に!!

歌手・女優として活躍を続ける酒井法子が、テレビ東京系で3月27日に放送される「THEカラオケ★バトル―またやっちゃう?あの大ヒット曲、ご本人は何点出せるのかSP!―」に出演、往年のヒット曲「碧いうさぎ」を11年ぶりに歌うことが明らかとなりました。また、同番組ではミドルエッジ世代感涙の懐かし歌手が総出演!
隣人速報 | 1,980 view
作品に罪はない!CDが販売停止になったことがあるアーティストの8センチシングル

作品に罪はない!CDが販売停止になったことがあるアーティストの8センチシングル

様々な理由でCDが販売停止となったことがある歌手の楽曲を紹介。なんのための自粛なのか、もう一度考えてみよう
アイドルとしては成功しなかったものの、それ以上に輝きを放っているバラドル四天王。

アイドルとしては成功しなかったものの、それ以上に輝きを放っているバラドル四天王。

井森美幸、森口博子、山瀬まみ、松本明子。アイドルにはなれなかったものの、80年代のデビュー以来いまだに第一線で活躍しているバラドル四天王と呼ばれた4人。デビュー当時は皆可愛く、黙ってりゃ美人な人ばかりなんですよね。
obladioblada | 11,448 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト