待ってたゾ!『スープラ』の復活がついに決定!新型は日本で春頃に発売か!?
2019年1月15日 更新

待ってたゾ!『スープラ』の復活がついに決定!新型は日本で春頃に発売か!?

1978年に「セリカXX(ダブルエックス)」として誕生した初代スープラ。復活が長らく期待されていましたが、1月14日、トヨタ自動車が「2019年北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)」にて、ついに新型の「スープラ」の市販モデルを公開しました。

5,079 view

『新型スープラ』がついに公開!日本では2019年春頃に発売!!

1月14日、トヨタ自動車は米・デトロイトでの「2019年北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)」にて、新型の「スープラ」の市販モデルを公開しました。

1978年に「セリカXX(ダブルエックス)」として誕生した初代スープラ。2002年に生産終了しましたが、今回の新型で5代目となります。17年ぶりの復活のニュースに、カーマニアだけでなく多くの人が関心を寄せています。
今回発表された新型は、スープラの伝統とも言える「直列6気筒エンジン」が搭載されているFR車となっています。また、時代に合わせてか、直列4気筒のダウンサイジングターボエンジン搭載車も製作されています。

さらにフラッグシップスポーツモデルとして、高い運動性能が組み合わさっており、2019年春頃とされる日本での発売に期待が高まっています。
かつて隆盛を極めたスポーツカーの人気が減少し、国内の排ガス規制が強化されたことで、生産が中止されたスープラ。

そんな中、トヨタは2018年3月にスイスで開催された「ジュネーブ国際自動車ショー」で、スープラのレーシング用試作車を公開。さらに同年7月にイギリスで開催の「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」では試作車の走行を公開するなど、ファンを焦らし続けてきました。
※2018年7月25日のツイート
北米モデルは台数限定のものも含め、全てのグレードに3リッター直列6気筒ターボエンジンが搭載されています。
日本国内の販売価格はまだ公式にアナウンスされていませんが、米国での販売価格は、日本円で550万円前後となっています。

また、今回の新型スープラをベースとしたレーシングカーの完成を、2020年のスーパーGT500クラスに間に合わせることも分かっています。

今回の新型スープラ発売が、スポーツカー人気の再燃のきっかけになるのか注目です。

スープラに関連した特集記事

12 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【トヨタ・スープラ(SUPRA)】1990年代スポーツカーブームを懐かしむ、愛車スープラ(SUPRA)JZA70とともに過ごしたの青春。

【トヨタ・スープラ(SUPRA)】1990年代スポーツカーブームを懐かしむ、愛車スープラ(SUPRA)JZA70とともに過ごしたの青春。

1990年代は国産スポーツカーブーム。MR2、セリカ、RX7、180SX、フェアレディZ、シルビア、スカイラインなど魅力的なスポーツカーが数多く登場した時代でした。なかでも私は、愛車だったトヨタスープラ(JZA70)が大好きでした。
青春の握り拳 | 17,054 view
1986年の初代スープラ(SUPRA)登場から30年、復活が期待されるスープラを艶やかなフォルムとともに振り返る。

1986年の初代スープラ(SUPRA)登場から30年、復活が期待されるスープラを艶やかなフォルムとともに振り返る。

かつてのスポーツカーブームを体感した私たち、2017年にも登場するであろうBMW×トヨタによる「新型スープラの復活」に期待せずにはいられませんね。国内初代の登場(1986年)から30年経ったいま、そんなスープラ(SUPRA)の歴史を改めて振り返ってみましょう。
青春の握り拳 | 25,285 view
デブタレの先駆け!「カレーは飲み物」等、名言を残した『ウガンダ・トラ』!!

デブタレの先駆け!「カレーは飲み物」等、名言を残した『ウガンダ・トラ』!!

おデブタレントの先駆け的存在で「動けるデブのカリスマ」と言われるほどスポーツ万能だったウガンダさん。「カレーは飲み物」等の名言を残しウガンダさん無しでデブタレというジャンルは芸能界では確立できなかったであろう人物。
ギャング | 4,773 view
1978年の邦楽ヒット曲 ランキング。売上枚数「年間ベスト10」はこの曲だ!

1978年の邦楽ヒット曲 ランキング。売上枚数「年間ベスト10」はこの曲だ!

昨年大ブレイクし日本中を熱狂させたピンク・レディーがまたまた活躍したのが1978年。この年もまた素晴らしいヒット曲が生まれました。シングル年間売上ランキングでみるベスト10の振り返りです。
obladioblada | 6,130 view
【堀内孝雄】君のひとみは100万ボルト?違うよ。10000(いちまん)ボルトだよ

【堀内孝雄】君のひとみは100万ボルト?違うよ。10000(いちまん)ボルトだよ

堀内孝雄(アリス)のソロデビュー曲「君のひとみは10000ボルト」は多くの人が100万ボルトと間違い、テレビで紹介するアナウンサーも間違ってしまうことがありました。そんな時でも堀内孝雄ことベーヤンは優しく対応しました。また堀内孝雄にはあの有名人が同級生で面白い逸話もあります。ソロ活動を本格的に開始した後も、数々のヒット曲を残しました。改めて堀内孝雄をご紹介します。
takezoh0804 | 461 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト