機動戦士ガンダム「逆襲のシャア」(第二次ネオ・ジオン抗争)で使用された艦艇・兵器たち
2017年6月1日 更新

機動戦士ガンダム「逆襲のシャア」(第二次ネオ・ジオン抗争)で使用された艦艇・兵器たち

劇場版ではファースト・ガンダムシリーズ最終話となる「逆襲のシャア」からの艦艇・兵器たちのご紹介です。この頃になると艦艇の形状がかなり変わってきますね。特に連邦軍の主力艦艇は木馬の呼び名で親しまれた「ホワイトベース」の名残は無くなっています。ZZの時に使用されていた艦手・兵器たちは形が変わるか使用されていないものがほとんどです。彼らは0096UCまで姿を消しています。

10,274 view

ラー・カイラム

ラー・カイラム級戦艦(宇宙・大気圏内用戦艦)

ラー・カイラム級戦艦(宇宙・大気圏内用戦艦)

開発 ヴィックウェリントン
全長 487m
全幅 165m
武装 連装メガ粒子砲×5(前方3基、後方2基)
艦首ミサイルランチャー×6
対空機銃銃座×22
地球連邦軍外郭部隊ロンド・ベル隊の旗艦であり、砲撃戦能力とモビルスーツを運用する能力を重視した、新たな連邦軍の主力艦艇である。対モビルスーツ戦闘における防空戦闘力も高く、劇中ではネオ・ジオン軍のモビルスーツの接近をほとんど許さなかった。また、前線においても単艦で充分に戦線を張ることもできる。通常ブリッジと戦闘ブリッジの2つの艦橋を持ち合わせ、戦闘ブリッジは脱出ポッドにもなる。艦の左右舷に1基ずつ発進用カタパルトを持ち、後部に着艦専用甲板を持つ。
第一次ネオ・ジオン抗争後、ガンダムチームのMSは連邦軍に秘匿扱いとされ、パイロット達も分散転属してしまい大幅に戦力ダウンを余儀なくされたネェル・アーガマはその後の作戦で成果を上げられず、ブライトはまたしても引責という形で艦長を降ろされ、左遷され閑職についていましたが、ネオ・ジオンの勃興に危機感を持った連邦内高官がロンド・ベル編成時に旗艦ラーカイラム艦長兼指揮官として配属させていました。アクシズの地球落下作戦時には核攻撃を辞さなかったり、それでも破壊に失敗すると、本人自ら少人数でアクシズに潜入、破壊工作を行うなど、以前のブライトとは違う一面を見せていました。特にアクシズの破片が地球落下コースを取っていた時、vガンダムが単機でこれを押し返そうと取り付いた時には「ラー・カイラムでアクシズを押せ」というかなり無茶な発言までしていましたね。まぁ周囲のクルー達に止められていましたが・・・

ネオ・ジオン

 (1872296)

アクシズ

小惑星(宇宙基地)

小惑星(宇宙基地)

核パルスエンジンによる移動が可能であったため、戦略級の質量兵器としても利用された
グレミー・トトが、ハマーン・カーンの拠点であるコア3を破壊するため、これをぶつけようと居住ブロックのモウサを切り離してしまったため、この時期のアクシズは本体のみになっています。
新生ネオ・ジオンが、地球へ落下させようと試みたが失敗。
落下を阻止しようとするロンド・ベル隊が、内部から爆破し破壊することで地球落下コースから逸らす作戦を実施した。その結果、小惑星アクシズは2つの破片に分裂、ひとつは地球圏外に飛び出すコースに乗ったが、もうひとつは爆破の衝撃を受けたことで地球落下コースから逸れなかった。しかし、いわゆるアクシズ・ショックにより、こちらも落下コースを逸れ地球より離れて行った。
グリプス戦役の頃から、大質量を利用した作戦が何度か試みられていましたが、劇場版最終章でアクシズそのものが消えていく運命であるとは想像もしていませんでした。ジオン軍残党にとっては色々な意味で重要な役割を果たしていましたからね。それにしてもニュータイプの能力とそれと共振するサイコフレームというのはアムロ以外でも発現することになりますが、この時の奴は物凄いものだったんでしょう。後々まで語り継がれています。

シャクルズ

宇宙用サブフライトシステム

宇宙用サブフライトシステム

搭載MS×1
武装 無し
乗員 1名
エゥーゴの機体とは別物であり、新生ネオ・ジオンが運用する。MS1機を搭載する点は同じだが、こちらは有人コクピットも備えた大型で、連絡や輸送にも用いられるなど、柔軟な運用が可能となっている。武装は無し。名称がエゥーゴのものと同一なのは、エゥーゴ系のSFSの設備を使用して建造したためである。

ムサカ

ムサカ級(M級)軽巡洋艦(宇宙巡洋艦)

ムサカ級(M級)軽巡洋艦(宇宙巡洋艦)

全長 160m
武装 連装メガ粒子砲X4
ミサイル発射管X6
連装対空機関砲X12
MS用カタパルトX2
ムサイ級の流れを汲んでいるとも言われるが、機関部はムサイ特有の支柱外装式ではなく、後部内装式であるティベ級重巡の艦体構造に酷似したレイアウトを持っている。特徴として巨大な放熱パネルを艦底に2枚装備しているが、これは宇宙空間へ効果的な放射廃熱を行い、核融合炉からの熱を効率的に管理することにより電撃的な作戦を遂行すべく取られた設計である。 
同型艦が13隻建造されたという資料がありますが、本編中で確認できたのはネームシップである本艦と艦名不明の4番艦のみでした。艦体色はレウルーラと同じく赤系統の色でしたが、個体識別のため艦体にそれぞれ違う色のラインが引かれていたそうです。この4番艦はアクシズと共に地球に降下し、核の冬を引き起こす役目でしたが、vガンダムに撃沈されていました。
ムサカ自身は最終場面でロンド・ベル隊に突撃していましたが、その後はどうなったのか・・・

レウルーラ

レウルーラ級大型戦艦(宇宙戦艦)

レウルーラ級大型戦艦(宇宙戦艦)

全長 250.0m(350m)
武装 連装メガ粒子主砲×5
連装メガ粒子副砲×2
三連装対空機関砲×20
艦首ミサイルランチャー×10
艦長 U.C.0093時:ライル中佐
搭載数 不明
シャア・アズナブル率いる新生ネオ・ジオンが建造した総旗艦で、第二次ネオ・ジオン抗争当時最大の火力を持つ。MSカタパルトを艦首上下に1基ずつ装備。内部にはシャア専用の個室やリビング・ルームが備えられている。
48 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア(第二次ネオ・ジオン抗争)のモビルスーツたち

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア(第二次ネオ・ジオン抗争)のモビルスーツたち

またまたやります。劇場版『逆襲のシャア』のモビルスーツ等をを挙げてみます。シリーズ中でかぶっている機体があった場合は省かせていただきます。(単に僕が気づいてないだけの場合もありますが)
yakushakowai | 25,198 view
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 元祖ガンダムの四部作最終話

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 元祖ガンダムの四部作最終話

宇宙世紀0093年、行方不明となっていたシャア・アズナブルはネオ・ジオンを再興し、地球連邦政府に宣戦を布告した。隕石落としを実行に移したネオ・ジオン軍に対して、ブライト・ノアが指揮するロンド・ベル隊は孤立無援の戦いを強いられる。そこには、シャアのライバルであるアムロ・レイの姿があった。しかし、彼らの善戦も空しく、5thルナは地球へ落下していく。  シャアの動向に脅威を感じたアムロは、サイコフレームを組み込んだMS、νガンダムを受け取るため、開発主任のチェーン・アギが待つ月へと向かった。
yakushakowai | 8,457 view
昭和のアニメ世代にとって至福の時間!翌日返上覚悟で徹夜したくなる理由があるんです。

昭和のアニメ世代にとって至福の時間!翌日返上覚悟で徹夜したくなる理由があるんです。

”アニメ見るならアニマックス!”で知られるアニメ専門チャンネル「アニマックス」。平成最後のGWに『平成最後は平静じゃいられない!黄金週間アニメ一挙放送!』と題し、大人世代アニメを10日間スペシャル一挙放送します!
イラスト風の彩色を施した「GGG シャア・アズナブル アートグラフィックス」 が発売決定!

イラスト風の彩色を施した「GGG シャア・アズナブル アートグラフィックス」 が発売決定!

株式会社メガハウスは、ガンダムシリーズの歴代男性キャラクターをハイクオリティな精度で立体化するフィギュアシリーズ「ガンダム・ガイズ・ジェネレーション(GGG)」より、イラスト風の彩色を施した「GGG シャア・アズナブル アートグラフィックス」 の発売を決定しました。
隣人速報 | 1,283 view
【訃報】「シャア」の名前の由来にもなったフランスのシャンソン歌手、シャルル・アズナヴールさん死去。

【訃報】「シャア」の名前の由来にもなったフランスのシャンソン歌手、シャルル・アズナヴールさん死去。

10月1日、フランスを代表するシャンソン歌手として著名なシャルル・アズナヴールさんが自宅で亡くなりました。94歳でした。
隣人速報 | 503 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト