ノットサティスファイド!日本初、欲求不満の不良パンク『アナーキー』に迫る
2016年4月21日 更新

ノットサティスファイド!日本初、欲求不満の不良パンク『アナーキー』に迫る

国鉄服に身を包み欲求不満をマイクにぶつける・・・ 80年代、一世を風靡した不良パンクバンド「アナーキー」の軌跡を振り返ってみましょう。

33,523 view

日本のSEXPISTOLS、「アナーキー」1980年 衝撃のデビュー

 (1633699)

今から40年ほど前の1976年、イギリスでSEXPISTOLSがデビュー。「パンク・ロック」が産声を上げました。

そのデビューシングル「Anarchy in the U.K」から”アナーキー”という文字を引用して痛烈なデビューを飾ったのがこのバンドです。

ボーカル中野茂の父のお下がりである国鉄服(通称ナッパ服)を着てストレートな歌詞を叫ぶ姿は当時の不良中高生の心をガッシリと掴みました。
「アナーキー」

ボーカルの中野茂を中心に、1978年に結成。1980年にビクターからデビュー。

全員国鉄の作業服を着用し、髪を逆立てたスタイルだった。
セックス・ピストルズのような性急なリズムと反抗的な歌詞のロックは、当時の中高生に人気を誇った。

デビューアルバム『アナーキー』はオリジナル曲と、ザ・クラッシュ、チャック・ベリー、スティッフ・リトル・フィンガーズ、イーター等の曲に日本語のオリジナルの歌詞を乗せたカバー曲を収録し、10万枚以上の売り上げを達成、一躍人気バンドとなる。
デビューアルバム「アナーキー」は、一曲を除き全て英米パンクロックに日本詞を乗せたカバー音源。

内容は”政治批判”からはじまり”近所のババア”に対する文句まで…

頭にくるもの全てに文句をぶつけるツッパったスタンスが人気の鍵となりました。

団地の不良仲間が集結。パンクロックで大暴れ!

 (1633731)

メンバー(1978年 - 1985年)

仲野茂(なかの しげる、1960年1月2日 ‐ )-ボーカル
元仲野茂BAND。現ゲタカルビ(活動休止中)、SDR(セドロ)、アコギなSS。
通称シゲル。

逸見泰成(へんみ やすなり)-ギター
元ゼロ戦、R、Graffiti Bus(ex.誘蛾燈)。現JACKS。
通称マリ(由来は辺見マリから来ている)。
JILL(PERSONZ)の元夫。離婚後、新宿ロフトのパーティで遭遇した際に彼女の態度に腹を立て、怪我を負わせた為に逮捕された。

藤沼伸一(ふじぬま しんいち、1959年11月7日 ‐ )-ギター
現REGINA、Aggressive Dogs。泉谷しげるのサポートギタリストとしても活躍中。
通称シンイチ。

寺岡信芳(てらおか のぶよし、1959年12月29日 ‐ )-ベース
現Groovi'n。リクオのサポートベーシストとしても活動中。
通称テラオカ。

小林高夫(こばやし たかお)-ドラムス
現ゲタカルビ。ロリータ18号のマサヨ率いるナンシースパゲティーでも活動中。
通称コバン。
アナーキーのメンバーは、全員同じ団地育ちの幼馴染。

1stアルバム「アナーキー」に収録されている「団地のオバサン」という歌の歌詞に、世間の冷たい視線を浴びながら不良として過ごした青春時代が綴られています。

痛烈な社会批判。放送禁止用語の連発で人気に?

痛快無比なパンクロック!
その痛快さ,過激さ故に「東京・イズ・バーニング」が某政治団体に問題視され,
圧力をかけられ1stは廃盤にされてしまった。

亜無亜危異 アナーキー ANARCHY 東京イズバーニング - YouTube

【放送禁止用語連発の為、音源の歌詞の一部がブザーで消されています】
「GOD SAVE THE QUEEN」でエリザベス女王を批判して有名になったイギリスのSEXPISTOLSに習い、安易にも皇室を批判をして発表した「東京イズバーニング」は、歌詞の過激さから話題を呼びました。

「なにが日本の象徴だ。なんにもしねぇでふざけるな。」

当然、発表前に歌詞のNG部分はブザー音で消され、再発音源からは曲自体が除外されるという事態に陥りました。

しかし、誰も言えないことをサラっと言い放つスタイルが人気の秘密であったことも確かです。

アナーキー - ノット・サティスファイド - YouTube

1980.04.18
飾らないスタイルで人気を博したアナーキーは音楽業界にも多数のファンを獲得します。
タレントの北野誠、薬丸裕英、小泉今日子、歌舞伎役者の中村獅童。
音楽関係では尾崎豊、ボアダムスの山塚アイ、元THE MAD CAPSULE MARKETSのKYONO、ザ・クロマニヨンズの甲本ヒロト、頭脳警察のPANTA、Theピーズの大木温之、eastern youthの吉野寿、ロリータ18号のマサヨ、JUN SKY WALKER(S)、BUCK-TICKの今井寿、山下達郎などがファンを公言しており、山下達郎に至ってはアルバムを発売日に買っていたというエピソードが存在する。

バンド解散とその後の活動

順調に活動を続けていたアナーキーですが、ある事件からバンド解散へと追い込まれます。
 (1633788)

30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【訃報】パンクロックバンド「アナーキー」のギタリスト、マリこと逸見泰成さんが死去

【訃報】パンクロックバンド「アナーキー」のギタリスト、マリこと逸見泰成さんが死去

パンクロックバンド「アナーキー」の元ギタリスト、逸見泰成(へんみ やすなり)さんが4日に死去していたことが分かった。57歳だった。
もんげー!Hi-STANDARD(ハイスタ)が16年ぶりの新曲を突如発売!事前告知なしネット配信なし!店頭へ急げ!

もんげー!Hi-STANDARD(ハイスタ)が16年ぶりの新曲を突如発売!事前告知なしネット配信なし!店頭へ急げ!

90年代を代表するパンク・ロックバンドのHi-STANDARD(ハイスタンダード)が新曲を発表した。一切の告知を行わず発売され、現在は店頭のみでの販売となっている。Hi-STANDARD(ハイスタンダード)の完全復活にTwitterなどは大いに盛り上がっている。
神保町【古書専門店ヴィンテージ】日活ロマンポルノのポスター掲示企画が開催中!

神保町【古書専門店ヴィンテージ】日活ロマンポルノのポスター掲示企画が開催中!

神保町にある映画パンフレットや古書の専門店 ヴィンテージ。店内で”日活ロマンポルノ”の名作ポスターを掲示する斬新な企画を実施!この機会にエロスが詰まった一枚をゲットです!
「情熱の薔薇」など、ブルーハーツのワーナー時代の楽曲がリマスターで配信開始!ミドルエッジの特設サイトも要チェック!

「情熱の薔薇」など、ブルーハーツのワーナー時代の楽曲がリマスターで配信開始!ミドルエッジの特設サイトも要チェック!

ワーナー時代にTHE BLUE HEARTSが発表したシングル全作品のリマスター版、そして30周年記念ベストの「ワーナー盤」のダウンロード配信がスタート!
隣人速報 | 1,739 view
日本のパンクのパイオニア・遠藤ミチロウ死去。彼に影響を受けたアーティストとは?

日本のパンクのパイオニア・遠藤ミチロウ死去。彼に影響を受けたアーティストとは?

パンクバンド「ザ・スターリン」のボーカリストであり、ソロとしても多彩な活動を続けていた遠藤ミチロウが、4月25日に68歳で死去しました。この記事では彼に寄せられた追悼の声、そして彼に影響を受けたアーティストを紹介したいと思います。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト