映画『勝利への旅立ち』スポ根魂が詰まった、実話を元に制作されたバスケット作品だった!!
2017年1月25日 更新

映画『勝利への旅立ち』スポ根魂が詰まった、実話を元に制作されたバスケット作品だった!!

『勝利への旅立ち』は、1954年にインディアナ州チャンピオンとなったミラン校の実話を元に映画化している。田舎町のハイスクールにバスケットボールの新任コーチとしてやってきた男が弱小のバスケットチームを指導し、優勝する所までを描いた作品です。

4,710 view
審判の判定に熱くなりすぎ、退場させられるノーマン。

審判の判定に熱くなりすぎ、退場させられるノーマン。

ノーマンは、監督の指示に無視をする選手を試合に出しませんでした。しかも、選手がファールで退場したにも関わらず、人数が少なくなってもその選手を使うことをしません。厳しいです。ですが、とても熱血でいい監督です。

アルコール中毒のシューター

デニス・ホッパーは、アル中の元バスケ選手で、チームの選手の父親。最初の登場シーンでも、いきなり酔っ払って、学校の校長に小銭をせびっています(笑)そんな彼は町の鼻つまみ者・・・。
ノーマンに最初は干渉された事にキレていたシューター。

ノーマンに最初は干渉された事にキレていたシューター。

バスケットボールの知識を買われ、主人公ノーマンの補佐役になり、一時はその才能でチームを救ったりしますが、結局アル中が原因で問題を起こし、また一から出直す
地区大会の決勝で乱闘騒ぎを起こして、アル中で病院に強制...

地区大会の決勝で乱闘騒ぎを起こして、アル中で病院に強制入院したシューター。

「勝利への旅立ち」の実話について

本作のシナリオは、54年にインディアナ州チャンピオンとなったミラン校の実話を基に書き下ろされたものである。作品では52年シーズンでの優勝となっているが、実際には、54年にマンシー・セントラル校を32-30と云うワンゴール差で破っての優勝だったもので、劇中に登場するミラン校に該当するスクールはヒッコリー校、その対戦相手だったマンシー・セントラル校は、サウスベンド・セントラル校と云う名前で登場している。
映画「勝利への旅立ち」は、スポーツ映画の名作と呼べる作品です。弱小のバスケットチームが州大会で優勝するというベタな内容ですが、様々な事情を抱える人達の人間模様がよく描かれていました。是非、ご覧ください。

【関連商品】

52 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • ラノベ小僧 2018/10/15 19:28

    地元のフルマラソンに出場した際にこの映画のサントラをウォークマンで聴きながら走破しました!映画もフルマラソンの前夜に観てパワーを得られたのは良い思い出。

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

井上雄彦が表紙を描いた!田臥勇太などB.LEAGUE選手との対談集の重版決定!スラムダンクを彷彿とさせる描写

井上雄彦が表紙を描いた!田臥勇太などB.LEAGUE選手との対談集の重版決定!スラムダンクを彷彿とさせる描写

週刊朝日ムック「B´(ビー・ダッシュ) B.LEAGUE×井上雄彦」が大きな反響を呼び、重版が決まりました。「スラムダンク」の井上雄彦とBリーグの13人の主力選手が対談!バスケ好き必携の一品に仕上がっています!
隣人速報 | 3,564 view
実話を元にした映画『キリング・フィールド』ベトナム戦争でのカンボジアで起こった悲劇を描く!

実話を元にした映画『キリング・フィールド』ベトナム戦争でのカンボジアで起こった悲劇を描く!

映画『キリング・フィールド』は、1970年代半ば、内戦に揺らぐカンボジアを舞台に、記者が内戦の悲劇を取材し、現地人助手との国境を超えた友情を描いた作品です。シドニー・シャンバーグの体験に基づく実話を映画化。
星ゾラ | 30,593 view
道化師姿で”笑い”を届けるホスピタルクラウン。実在の活動家をユーモラスに描いた映画『パッチ・アダムス』

道化師姿で”笑い”を届けるホスピタルクラウン。実在の活動家をユーモラスに描いた映画『パッチ・アダムス』

日本では1999年に公開された心温まる映画『パッチ・アダムス』。笑顔を絶やさず、常にふざけていて、周りに笑いを提供するある医学生の物語。また、実在の人物パッチ・アダムスがモデルとなっており、本人のプロフィールや活動もご紹介する。
ひで語録 | 7,624 view
『さよならゲーム』ケヴィン・コスナー、初の野球映画出演作品だった!野球を通して奇妙な三角関係が展開!!

『さよならゲーム』ケヴィン・コスナー、初の野球映画出演作品だった!野球を通して奇妙な三角関係が展開!!

『さよならゲーム』は1988年に日本で公開された映画で、ケビン・コスナーが主演を務めました。コスナーは、フィールド・オブ・ドリームス(1989年)、ラブ・オブ・ザ・ゲーム(1999年)にも野球映画に出演していますが、一番最初に出演したのがこの映画でした。
星ゾラ | 4,548 view
新感覚なスポーツとジャッキー・チェンの体当たりアクションに大興奮!脱カンフー路線の映画『ドラゴンロード』

新感覚なスポーツとジャッキー・チェンの体当たりアクションに大興奮!脱カンフー路線の映画『ドラゴンロード』

ジャッキー・チェンの監督・主演によるアクション作品でラグビーやジェンズ(毽子=羽根蹴り競技)などのスポーツをユニークにアレンジしたスポーツシーンを見せ場として取り入れ、これまでのカンフー映画とは違う方向性を目指した意欲的な作品になりました。
星ゾラ | 8,301 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト