THE BLUE HEARTSのオリジナルアルバム全8作品がアナログレコード化
2017年7月19日 更新

THE BLUE HEARTSのオリジナルアルバム全8作品がアナログレコード化

解散後20年以上経った今でも絶大な人気を誇るTHE BLUE HEARTS(ザ・ブルーハーツ)。2017年7月19日、メルダック期に発売したオリジナル・アルバム3作品をアナログ再発売、ワーナー期に発売したオリジナル・アルバム5作品、真島昌利ソロ2作品が初アナログ化!

2,009 view

7/19、THE BLUE HEARTSの名盤が一挙アナログレコード化!

1987年のメジャーデビューから1995年の解散までの8年間に残したオリジナルアルバムをメルダック(徳間ジャパンコミュニケーションズ)と、ワーナーミュージック・ジャパンの2社からアナログ盤で同時発売!
さらに、ギター真島昌利のソロアルバム2作も初のアナログ化にて同時発売!
THE BLUE HEARTS(ザ・ブルーハーツ)

THE BLUE HEARTS(ザ・ブルーハーツ)

1985年、甲本ヒロトと真島昌利を中心に結成。
「リンダ リンダ」「TRAIN-TRAIN」「情熱の薔薇」などの楽曲で人気を集め、パンク・ロックをメジャーへと押し上げた。
1995年の解散後20年以上経つ近年でもその楽曲はCMやドラマや映画などに多く使われている。

アナログへのこだわりが強い甲本ヒロトと真島昌利

ザ・クロマニヨンズにおいても、CDとLPレコードを同時発売するなど、アナログ盤にこだわっている甲本ヒロトと真島昌利。

まずアナログ盤をつくってレコードプレーヤーでかけた音をCDに落とす手法を取るほどの徹底ぶりである。
ジャケットデザインにもこだわりが…

ジャケットデザインにもこだわりが…

3rdアルバム「TRAIN-TRAIN」のジャケットデザイン。
汽車の切符をイメージした表紙を開くと、カッコいい汽車のイラストが見開きで現れる。

ブルーハーツを部屋に飾ろう!

一辺が31.5cmと存在感のあるレコードジャケットは部屋を飾るのにもってこい。
ジャケットデザインにもこだわったブルーハーツのカッコいいジャケットを飾れば、テンションアップ間違いなし。
レコードならではの存在感

レコードならではの存在感

CDと比べれば、その差は歴然。
この大きさこそが飾った時に映える理由。
立て置きで飾る

立て置きで飾る

ジャケットフレームに入れて立て置きするのも◎。
壁掛けで飾る①

壁掛けで飾る①

ジャケットを飾るだけでいつもの味気ない部屋が様変わり
壁掛けで飾る②

壁掛けで飾る②

スペースがあれば、壁一面に並べて飾るのも♪
右の2枚は真島昌利のソロアルバム。

レコードジャケットを飾るための便利グッズ

レコードフレーム:サムライ家具

2,980
前面のガラスがホコリや傷からジャケットを守ってくれるレコードフレーム。
紐とスタンドが付属している壁掛け&立て置き両用。

Astage デコレール

1,079
付属の画鋲で壁に刺すだけ。
壁に大きな穴をあけずに飾れるシンプルなデコレール。

THE BLUE HEARTS アナログ盤アルバム

セルフプロデュース・セルフタイトルの1stアルバム。...
出典 amzn.to

THE BLUE HEARTS : THE BLUE HEARTS [アナログ]

3,500
セルフプロデュース・セルフタイトルの1stアルバム。
収録されている「リンダリンダ」は、シングルとは別テイクのアルバムバージョン。
アマチュア時代からの演奏されていた楽曲が多く含まれた作...
出典 amzn.to

THE BLUE HEARTS:YOUNG AND PRETTY [アナログ]

3,500
アマチュア時代からの演奏されていた楽曲が多く含まれた作品となった2ndアルバム。
プロデューサーに起用されたのは佐久間正英氏。
コンセプトアルバムのような構成の3rdアルバム。汽...
出典 amzn.to

THE BLUE HEARTS : TRAIN-TRAIN [アナログ]

3,500
コンセプトアルバムのような構成の3rdアルバム。
汽車の切符をイメージしたジャケットデザイン、汽車が疾走していくようなブルースハープのソロから1曲目へと繋がれ、ラストには「TRAIN-TRAIN」のサビの一部と冒頭のハープソロが再び流れる。
ワーナー・レーベル移籍第1弾アルバム。初のオリコン...
出典 amzn.to

THE BLUE HEARTS:Bust Waste Hip[アナログ]

5,500
ワーナー・レーベル移籍第1弾アルバム。
初のオリコンチャート1位を獲得した1990年作品。
大ヒット・シングル「情熱の薔薇」「首つり台から」を収録。
29 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

高得点を目指せ!【ザ・ブルーハーツ】イントロクイズ

高得点を目指せ!【ザ・ブルーハーツ】イントロクイズ

1985年に甲本ヒロトと真島昌利を中心に結成したパンク・ロックバンド『ザ・ブルーハーツ』。 激しいライヴパフォーマンスとメッセージ性の高い歌詞で多くの若者を熱中させたブルハの名曲たちをアナタはどれだけ覚えていますか?
ブルーハーツの8cmシングルが軒並みEPに!「シングル・レコード ボックス・セット」が12月6日発売!

ブルーハーツの8cmシングルが軒並みEPに!「シングル・レコード ボックス・セット」が12月6日発売!

ザ・ブルーハーツのアナログEP17枚組BOX「シングル・レコード ボックス・セット」が12月6日にリリースされます。1985年のクリスマスライブに限定約200枚で配られた「1985」のソノシートに加え、初EP化12枚を含むEP17枚をBOXで一挙にリリース!
隣人速報 | 565 view
【THE BLUE HEARTS】勝手に名曲ベスト10!

【THE BLUE HEARTS】勝手に名曲ベスト10!

この記事では、わたくし「つきねこ」の主観で、勝手に名曲を10曲抜粋したいと思います! 共感して頂けると幸いです(^^)/
つきねこ | 9,452 view
「リンダ リンダ」「終わらない歌」他、THE BLUE HEARTS 1stアルバムの歌詞傾向を徹底分析!

「リンダ リンダ」「終わらない歌」他、THE BLUE HEARTS 1stアルバムの歌詞傾向を徹底分析!

1980年代後半から1990年代前半にかけて活動していたパンク・ロックバンド、THE BLUE HEARTS(ザ・ブルーハーツ)。今でも熱狂的なファンが多いこのバンドの大きな特徴として、当時の多くの若者に支持されたメッセージ性の高い歌詞が挙げられます。今回はこのバンドの存在を世の中に知らしめた1stアルバム『THE BLUE HEARTS』収録曲の歌詞傾向を分析してみました!
PetitLyrics | 3,327 view
【真島昌利】の「アンダルシアに憧れて」を振り返る

【真島昌利】の「アンダルシアに憧れて」を振り返る

この記事では、元ブルーハーツのギタリスト【真島昌利】が作曲した「アンダルシアに憧れて」に焦点を当ててみたいと思います。
つきねこ | 5,061 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト