『ガンプラり歩き旅』その77 ~『逆襲のシャア』ヤクト・ドーガ ガンプラ40年ののターニングポイントを検証する!~
2018年8月24日 更新

『ガンプラり歩き旅』その77 ~『逆襲のシャア』ヤクト・ドーガ ガンプラ40年ののターニングポイントを検証する!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、メカ単位での紹介をする大好評連載。 新展開では『機動戦士Zガンダム』(1985年)『機動戦士ガンダムZZ』(1986年)『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988年)まで、旧キットから最新のHGUCまで、商品の発売順に、再現画像と共に網羅紹介していこうという趣向になっております!

4,265 view
左が今回紹介した旧キット。右がHGUC版クェス・パラヤ...

左が今回紹介した旧キット。右がHGUC版クェス・パラヤ専用ヤクト・ドーガ

.
もっとも、この写真で見る限りは、HGUCのアレンジも(イマドキという意味では)悪くなく、後はもう、キット自体のポテンシャルの差の問題なのだけど、どうにもこうにも旧キットの方は、志高くも追いつかずというよりも、アレもコレもと要求され過ぎてしまい、ガンプラの本来の商品価値がおろそかにされ過ぎたという感が否めない。

さて、ここでいつものテーマ。
「市川大河は、シミルボンの『機動戦士ガンダムを読む!』での、ガンダムシリーズの名場面を再現するだけなら、最新のHGUCを使えばいいだけなのに、なんで旧キットを持ち出して(しかも批判しまくりで(笑))作って紹介しているのか」

その回答は、こちらのアニメ本編画像をご覧になっていただければわかる。
アニメ劇中より。被弾して右腕を失って収容されたヤクト・ドーガ

アニメ劇中より。被弾して右腕を失って収容されたヤクト・ドーガ

.
劇中では、実はクェスのヤクト・ドーガの活躍シーンはそれほど多くはない。ニュータイプの素質を開花させる試験のときと、初の実戦で、まぁビーム・ガトリングは使うんだけど、精神的に不安定で、その後すぐにガトリングごと右腕を吹っ飛ばされてしまう。

このクラッシュ再現では、まぁぶっちゃけHGUC版をもう一つ買ってくるか、バンダイお客様相談センター宛てに、右肩パーツ一通りを請求して、それらでクラッシュパーツを作るという手もあったのだけど「もう一個買って丸々クラッシュモデル」の予算はリ・ガズィが持ってちゃったし、パーツ請求しようにも、意外と右肩全部のパーツって数が多くてリスクも大きい(たまに、請求したパーツがないと、それ以外のパーツだけ送ってくるという真っ当な判断をされるのだが、こっちにしてみるとそれが一番困る)。
むしろ出番的にはクラッシュ版の方がいろいろ重要なので、どうしようかと思っていたところでこのキットを見つけたので、あぁちょうどいいやで、このキットの右肩をクラッシュさせることに決めたという次第。
肩でクラッシュしていれば、肘の曲がる方向も気にならないしね。
実際に右肩をクラッシュさせた旧キットヤクト・ドーガ

実際に右肩をクラッシュさせた旧キットヤクト・ドーガ

.
実際問題として、右肩のどのあたりまでをどのタイミングでクラッシュさせるかは相当悩んだのだけれども、80年代までのメカアニメでは当たり前だったんだけど、メカ描写に拘った『逆襲のシャア』でさえ、「カットごとにクラッシュ状態が異なる」作画の現象が起きていて。
まぁこちらとしては、最大公約数的に、「ムーバブル・フレームが内蔵された右肩が派手に損傷している」を再現出来ればいいか、的にモデリングした次第。
ダメージ部分のUP。モデリングはいつものようにモーター...

ダメージ部分のUP。モデリングはいつものようにモーターツールとジャンクパーツ

.
塗装に関してはあまり覚えていないのだけれども、基本の赤はキットのままで、ファンネルをイエロー、白をホワイト+ダックエッググリーン、パイプ類をミディアムブルーで筆塗りしたという記憶がある。
今一度。ノーマル状態のヤクト・ドーガを煽りで! 意外と...

今一度。ノーマル状態のヤクト・ドーガを煽りで! 意外とカッコいい?

.
難所も弱点も欠点も、許しがたい点も多数あり、この時期のガンプラの無理矢理な「はめ込み式完成」「水性塗料推し」への落胆と反発があったため、大河さんは今でも「足りないと思った箇所は迷わずMrカラー筆塗り」「どんだけスナップフィットだろうと、可動箇所以外はタミヤセメントで接着」を頑なに守り続けるへの反面教師にさせてもらった。

ガンプラの一つの大きな転換期としては、1/144ガンダム、旧HGガンダム、旧HGグフカスタム等と並んで、句読点としては再評価が待たれるシリーズではあると思っている。
50 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『ガンプラり歩き旅』その78 ~16年ぶりの1/550 モビル・アーマーガンプラ! 『逆襲のシャア』のα・アジール!~

『ガンプラり歩き旅』その78 ~16年ぶりの1/550 モビル・アーマーガンプラ! 『逆襲のシャア』のα・アジール!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、メカ単位での紹介をする大好評連載。 新展開では『機動戦士Zガンダム』(1985年)『機動戦士ガンダムZZ』(1986年)『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988年)まで、旧キットから最新のHGUCまで、商品の発売順に、再現画像と共に網羅紹介していこうという趣向になっております!
市川大河 | 2,771 view
『ガンプラり歩き旅』その81 ~21世紀に向けてバンダイが始めた“HGUC”! まずはマシュマーとラカンのザクⅢ~

『ガンプラり歩き旅』その81 ~21世紀に向けてバンダイが始めた“HGUC”! まずはマシュマーとラカンのザクⅢ~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、メカ単位での紹介をする大好評連載。 新展開では『機動戦士Zガンダム』(1985年)『機動戦士ガンダムZZ』(1986年)『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988年)まで、旧キットから最新のHGUCまで、商品の発売順に、再現画像と共に網羅紹介していこうという趣向になっております!
市川大河 | 2,163 view
『ガンプラり歩き旅』その79 ~リアルガンプラ派も必読! SDガンダムプラモにしかない、お宝パーツを備えたSDサザビー!~

『ガンプラり歩き旅』その79 ~リアルガンプラ派も必読! SDガンダムプラモにしかない、お宝パーツを備えたSDサザビー!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、メカ単位での紹介をする大好評連載。 新展開では『機動戦士Zガンダム』(1985年)『機動戦士ガンダムZZ』(1986年)『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988年)まで、旧キットから最新のHGUCまで、商品の発売順に、再現画像と共に網羅紹介していこうという趣向になっております!
市川大河 | 3,804 view
『ガンプラり歩き旅』その75 ~1986年に既に存在していた“リゲルグ”という名の「究極の『アタリ』のゲルググ」~

『ガンプラり歩き旅』その75 ~1986年に既に存在していた“リゲルグ”という名の「究極の『アタリ』のゲルググ」~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、メカ単位での紹介をする大好評連載。 新展開では『機動戦士Zガンダム』(1985年)『機動戦士ガンダムZZ』(1986年)『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988年)まで、旧キットから最新のHGUCまで、商品の発売順に、再現画像と共に網羅紹介していこうという趣向になっております!
市川大河 | 5,931 view
『ガンプラり歩き旅』その71 ~吹き荒れろ! ガザの嵐だ、ネオジオンのガザD参上!~

『ガンプラり歩き旅』その71 ~吹き荒れろ! ガザの嵐だ、ネオジオンのガザD参上!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、メカ単位での紹介をする大好評連載。 新展開では『機動戦士Zガンダム』(1985年)『機動戦士ガンダムZZ』(1986年)『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988年)まで、旧キットから最新のHGUCまで、商品の発売順に、再現画像と共に網羅紹介していこうという趣向になっております!
市川大河 | 2,987 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト