『ガンプラり歩き旅』その78 ~16年ぶりの1/550 モビル・アーマーガンプラ! 『逆襲のシャア』のα・アジール!~
2018年8月31日 更新

『ガンプラり歩き旅』その78 ~16年ぶりの1/550 モビル・アーマーガンプラ! 『逆襲のシャア』のα・アジール!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、メカ単位での紹介をする大好評連載。 新展開では『機動戦士Zガンダム』(1985年)『機動戦士ガンダムZZ』(1986年)『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988年)まで、旧キットから最新のHGUCまで、商品の発売順に、再現画像と共に網羅紹介していこうという趣向になっております!

2,964 view
宇宙を進む、無垢な少女が乗り込んだ巨大モビル・アーマー...

宇宙を進む、無垢な少女が乗り込んだ巨大モビル・アーマー、α:アジール

.
私、市川大河が、書評サイトシミルボンで連載している、 『機動戦士ガンダムを読む!』での、 再現画像で使用しているガンプラを、 古い物から最新の物まで片っ端から紹介していこうというテーマのこの記事。
今回紹介するのは、『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』上映当時のリアルタイムガンプラキットから、いや懐かしい響きの「1/550 モビル・アーマー」キットのα・アジールです!

α・アジール 1/550 1988年8月 9 1000円

α・アジールキットのボックスアート。

α・アジールキットのボックスアート。

.
今回紹介する1/550 α・アジールは、『逆襲のシャア』ガンプラシリーズで最後に商品化され、正規ガンプラ史上唯一のキット化された商品である。
正規ガンプラで「可変型ではない」純粋なモビル・アーマーが、1/550スケールで発売されたのは、最初の『機動戦士ガンダム』(1979年)劇場版三部作が全て終わった1982年の夏、7月のブラウ・ブロとアッザムの商品化以降16年ぶりであった。
正面から見た完成状態。タンクの白やアポジモーターの赤黒...

正面から見た完成状態。タンクの白やアポジモーターの赤黒はシールで補完されている

.
『逆襲のシャア』ガンプラシリーズの特徴だったネジ止め、多色成型は使われていない。しかし、最低限の2色成型はされている上にシール補完が的確で、部分塗装だけでも完成度は高く仕上がる仕様になっている。
α・アジール自体が「ガンダムラスボスのイメージ」としてのジオングがオマージュ元になっているため、脚部がない設計になっているが、劇中でも装着されていた、下半身の巨大な2つのプロペラントタンクが脚にも見立てられるデザインにしあがっている。
よく見ると星形の形状をしているメインコンセプト

よく見ると星形の形状をしているメインコンセプト

.
そのため、ガンプラでは(やはり旧シリーズの1/550モビル・アーマーシリーズを踏まえて)定番の、飾りスタンドが付属しており、プロペラントタンクがあってもなくても飾れるように出来ている。
α・アジールのサイドビュー。プロペラントタンクがやはり...

α・アジールのサイドビュー。プロペラントタンクがやはり脚に見える

.
劇中の役割的には、思い込みの激しいローティーンのニュータイプ少女のエゴの発露となって、アムロの恋人からの攻撃によって沈んでいくモビル・アーマーだが、富野由悠季氏の小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』ではアニメ版と異なり、ハサウェイの乱射の直撃を受けて撃沈されてしまう。

そういったロールプレイを前提にした時、この巨大モビル・アーマーが、『機動戦士ガンダム』(1979年)でララァ・スンが乗り込んだモビル・アーマー、エルメスにも通じるサイコミュ兵器・ファンネルをリアスカートに蓄えている理由もなんとなく理解できようというものだ(富野台詞口調)。
また、キットでは再現されている「隠し腕」だが、隠し腕という概念や、形状や収納の仕方など、この作品に至る前の『Zガンダム』でのラスボス、ジ・Oの隠し腕や、キュベレイの飛行形態の腕の収納の延長上でデザインラインが構築されているようにも見えて、当時のガンダムオタクにはすんなり受け入れられた異形さではある。
バックビュー。リアスカートに9基のファンネルが見える

バックビュー。リアスカートに9基のファンネルが見える

.
キット自体は最初にも書いたが、シリーズでは最後半になる1988年の8月に発売された。シリーズはその次に、『逆襲のシャア』ガンプラ歴史的決定打ともいうべき「1/100 νガンダム」を送り出して終了するのだが、商品化規格としてはα・アジールの時点で(ワンポイントで登場したホビーハイザックを除いて)ガンダムシリーズでは1st依頼の「全モビル・スーツ、モビル・アーマーキット化」が果たせた作品として希少である。
劇中再現より。口から放つ大容量メガ粒子砲

劇中再現より。口から放つ大容量メガ粒子砲

.
キットとしては、2色成型だが最低限頭部だけでも塗装するだけで雰囲気は充分再現できる(隠し腕は、劇中では隠したままで出番がないまま終わる)。肩アーマー先端の5連装砲座も、3本の砲塔が独立して可動するように出来ている。
肩アーマー。先端の5連装砲座が印象的

肩アーマー。先端の5連装砲座が印象的

.
また、ポリキャップはあまり多用されていないが、全身可動箇所の塊であり、α・アジールもプロペラントタンクを外し、腕を畳んでバックパックが後ろからスライドしてくる「着陸形態」へと完全変形することが可能である。
着陸形態に完全変形。この形態が人型からは一番遠いシルエ...

着陸形態に完全変形。この形態が人型からは一番遠いシルエットになる

.
しっかり変形する上に、バーニア類やスカートの中の着陸アームやディテール等がしっかり作り込まれており「ガンプラの非人型メカにハズレなし」はここでも健在である。
モビル・スーツ群の関節軸問題の阿鼻叫喚地獄絵図騒動が、まるで嘘であったかのように、1/550 α・アジールは凛として完璧なプラモデルとして完成されているのである。
UPで写した頭部。ここだけをじっくり塗り分けてやるだけ...

UPで写した頭部。ここだけをじっくり塗り分けてやるだけでも、出来栄えはかなり違ってくる

.
37 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『ガンプラり歩き旅』その77 ~『逆襲のシャア』ヤクト・ドーガ ガンプラ40年ののターニングポイントを検証する!~

『ガンプラり歩き旅』その77 ~『逆襲のシャア』ヤクト・ドーガ ガンプラ40年ののターニングポイントを検証する!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、メカ単位での紹介をする大好評連載。 新展開では『機動戦士Zガンダム』(1985年)『機動戦士ガンダムZZ』(1986年)『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988年)まで、旧キットから最新のHGUCまで、商品の発売順に、再現画像と共に網羅紹介していこうという趣向になっております!
市川大河 | 4,553 view
『ガンプラり歩き旅』その79 ~リアルガンプラ派も必読! SDガンダムプラモにしかない、お宝パーツを備えたSDサザビー!~

『ガンプラり歩き旅』その79 ~リアルガンプラ派も必読! SDガンダムプラモにしかない、お宝パーツを備えたSDサザビー!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、メカ単位での紹介をする大好評連載。 新展開では『機動戦士Zガンダム』(1985年)『機動戦士ガンダムZZ』(1986年)『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988年)まで、旧キットから最新のHGUCまで、商品の発売順に、再現画像と共に網羅紹介していこうという趣向になっております!
市川大河 | 4,077 view
『ガンプラり歩き旅』その52 ~元々は小説版から生まれた、G3ガンダムとシャア専用リック・ドム!~

『ガンプラり歩き旅』その52 ~元々は小説版から生まれた、G3ガンダムとシャア専用リック・ドム!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第52回のお題は、G3ガンダムとシャア専用リック・ドムの紹介です!
市川大河 | 8,786 view
『ガンプラり歩き旅』その51 ~人生には「2分で作れる」ことよりも、大事なことがある! ソロモンにアクシズにア・バオア・クーのミニプラモ!~

『ガンプラり歩き旅』その51 ~人生には「2分で作れる」ことよりも、大事なことがある! ソロモンにアクシズにア・バオア・クーのミニプラモ!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第51回のお題は、食玩の珍品(狙い)ミニガンプラです!
市川大河 | 7,473 view
『ガンプラり歩き旅』その50 ~連載50回記念! 歴代1/144 ガンダム勢ぞろい! これが本当のオールガンダムプロジェクト!~

『ガンプラり歩き旅』その50 ~連載50回記念! 歴代1/144 ガンダム勢ぞろい! これが本当のオールガンダムプロジェクト!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載も、とうとう第50回を迎えました!
市川大河 | 12,834 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト