『ガンプラり歩き旅』その81 ~21世紀に向けてバンダイが始めた“HGUC”! まずはマシュマーとラカンのザクⅢ~
2018年9月21日 更新

『ガンプラり歩き旅』その81 ~21世紀に向けてバンダイが始めた“HGUC”! まずはマシュマーとラカンのザクⅢ~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、メカ単位での紹介をする大好評連載。 新展開では『機動戦士Zガンダム』(1985年)『機動戦士ガンダムZZ』(1986年)『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988年)まで、旧キットから最新のHGUCまで、商品の発売順に、再現画像と共に網羅紹介していこうという趣向になっております!

1,712 view
最終決戦! イリアのリゲルグを率いて、マシュマーのザク...

最終決戦! イリアのリゲルグを率いて、マシュマーのザクⅢ改が快進撃を爆走する!

.
私、市川大河が、書評サイトシミルボンで連載している、 『機動戦士ガンダムを読む!』での、 再現画像で使用しているガンプラを、 古い物から最新の物まで片っ端から紹介していこうというテーマのこの記事。
今回紹介するのは、『ガンダムZZ』において、ノーマルをラカンが、そして改をマシュマーが乗り、鮮烈なイメージを遺した「3番目のザク」こと、ザクⅢのHGUC版のご紹介です!

ザクⅢ改 1/144 HGUC 003 1998年7月 1500円(機動戦士ガンダムZZ)

HGUC版ザクⅢ改のパッケージ。初期のHGUCの定番の...

HGUC版ザクⅢ改のパッケージ。初期のHGUCの定番のデザイン

.

ザクⅢ 1/144 HGUC 014 2000年9月 1500円(機動戦士ガンダムZZ)

こちらは、2年遅れで発売された、金型流用のザクⅢのパッ...

こちらは、2年遅れで発売された、金型流用のザクⅢのパッケージ。ノーマルのザクⅢの商品化が遅れたのは、旧キットが優れ過ぎていたせい?(本文参照)

.
さて、第二期ガンダムシリーズのモビルスーツで、この連載で最初に取り上げるHGUCは、『機動戦士ガンダムZZ』(1986年)で、ネオジオンの兵器として登場した、ザクⅢ改と、その金型を流用して一年後に発売されたザクⅢである(設定と商品の順序が入れ替わることは、ガンプラではよくあること(笑)
完成したHGUC ザクⅢ改

完成したHGUC ザクⅢ改

.
ザクⅢ改は、HGUCでは、商品シリーズ開始初年度に、ガンキャノン、ギャンに続いて第三弾として発売され、シリーズ展開が突然初作の『機動戦士ガンダム』(1979年)からいきなり『ガンダムZZ』へ飛んだことで、ガンプラファンを驚かせるとともに、今後のシリーズのふり幅の可能性の広さにどよめかせた。

実際、その後HGUCは、『機動戦士Zガンダム』(1985年)のキュベレイと百式、『ガンダム』のズゴックやガンタンクなど、シリーズ間を縦横無尽に駆け抜けて商品展開を繰り広げつつ、『ガンダム』DVD化や『Zガンダム』映画化時には、タイミングを合わせてそれらの作品のモビル・スーツを集中的に商品化するなど、柔軟な姿勢を見せた。

特に初動の、ギャン、キュベレイ、そしてこのザクⅢなどは、作品放映リアルタイム時期にもそれぞれ商品化されたが、旧キットはそれぞれに無念残念なポイントがあり、HGUCはそういった過去キットのリベンジプロジェクト的な側面を、当時は強く押し出していた。
「ハマーン様のために!」騎士道精神で戦場を突き進むマシ...

「ハマーン様のために!」騎士道精神で戦場を突き進むマシュマーのザクⅢ改

.
特にこのザクⅢの場合、当時キット化されたのは量産型のザクⅢの方だけで、よりザクらしいグリーンのカラーリングと、演出とキャラが起っていたザクⅢ改の方は未発売に終わり、当時のモデラーはみんなして、なんとか通常のザクⅢの肩やスカートなどを弄って、ビーム・ライフルをスクラッチして、機体をグリーンに塗って、ザクⅢ改を再現していた共通の記憶があった。
ザクⅢ改の正面。末広がりの裾へのボリューム感の再現度は高い

ザクⅢ改の正面。末広がりの裾へのボリューム感の再現度は高い

.
そこを分かっていたバンダイだからこそ、HGUC初動では、ノーマルのザクⅢではなく、ザクⅢ改の方をチョイスすることで、「長い付き合いのガンプラモデラー」の琴線に触れるツボを、あえて突いてきた粋な選択とも言えた(もっとも、当然その後には、金型流用でノーマルのザクⅢもしっかり発売する辺りの抜け目のなさもバンダイ流(笑))。
サイドビュー。巨大なプロペラントタンクが印象的。バック...

サイドビュー。巨大なプロペラントタンクが印象的。バックビュー。かかとまで届くかと思うほどのロングリアスカートアーマーがザクⅢ改の特徴

.
まず先行して発売されたザクⅢ改は、作品ファンにもガンプラマニアにも印象深い、マシュマー・セロがクライマックスで搭乗したことで有名な機体。
一方、モノトーンカラーのザクⅢは、『ガンダムZZ』劇中ではラカン・ダカランがダブリンで使用する。
脚の可動範囲。実は可動範囲は旧キットのザクⅢの方が広い

脚の可動範囲。実は可動範囲は旧キットのザクⅢの方が広い

.
劇中では、そんな二人が最終回近く、マシュマーはザクⅢ改で、ラカンはドーベンウルフで、互いに最後の直接対決を繰り広げる辺り、『ガンダムZZ』の敵、ネオジオンの混沌ぶりが伺える配置になっている。
ビーム・サーベルも、この頃はまだクリアパーツではない

ビーム・サーベルも、この頃はまだクリアパーツではない

.
さて、キット自体のスペックの話に入るが、HGUC黎明期ということもあってか、現代目線が厳しくなりすぎただけとは言い切れない「当時キットより劣っている面」が目立つのも、HGUC ザクⅢの特徴であったりもする。

まずは、旧キットにはあった肩の前後スウィング可動がなくなっている他、上方へも旧キットのほうが可動範囲が広いという点。また、肘や手首、腰回りも旧キットの方が可動範囲は広かった。
スカートのビームキャノンの再現は初

スカートのビームキャノンの再現は初

.
39 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『ガンプラり歩き旅』その82 ~HGUCで初めて1/144キット化されたキュベレイを、あえてエルピー・プル専用機を選んでみた!~

『ガンプラり歩き旅』その82 ~HGUCで初めて1/144キット化されたキュベレイを、あえてエルピー・プル専用機を選んでみた!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、メカ単位での紹介をする大好評連載。 新展開では『機動戦士Zガンダム』(1985年)『機動戦士ガンダムZZ』(1986年)『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988年)まで、旧キットから最新のHGUCまで、商品の発売順に、再現画像と共に網羅紹介していこうという趣向になっております!
市川大河 | 2,194 view
『ガンプラり歩き旅』その75 ~1986年に既に存在していた“リゲルグ”という名の「究極の『アタリ』のゲルググ」~

『ガンプラり歩き旅』その75 ~1986年に既に存在していた“リゲルグ”という名の「究極の『アタリ』のゲルググ」~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、メカ単位での紹介をする大好評連載。 新展開では『機動戦士Zガンダム』(1985年)『機動戦士ガンダムZZ』(1986年)『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988年)まで、旧キットから最新のHGUCまで、商品の発売順に、再現画像と共に網羅紹介していこうという趣向になっております!
市川大河 | 5,152 view
『ガンプラり歩き旅』その71 ~吹き荒れろ! ガザの嵐だ、ネオジオンのガザD参上!~

『ガンプラり歩き旅』その71 ~吹き荒れろ! ガザの嵐だ、ネオジオンのガザD参上!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、メカ単位での紹介をする大好評連載。 新展開では『機動戦士Zガンダム』(1985年)『機動戦士ガンダムZZ』(1986年)『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988年)まで、旧キットから最新のHGUCまで、商品の発売順に、再現画像と共に網羅紹介していこうという趣向になっております!
市川大河 | 2,523 view
『ガンプラり歩き旅』その33 ~1日ザクではない、旧ザクだ!~

『ガンプラり歩き旅』その33 ~1日ザクではない、旧ザクだ!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第33回は、『機動戦士ガンダム』(1979年)本編では、既に旧式モビルスーツとして扱われていた、旧ザクことザクⅠの紹介です!
市川大河 | 5,126 view
『ガンプラり歩き旅』その30 ~ジオン驚異のメカニズム! 20年目の復活のザク! 後編 量産型編~

『ガンプラり歩き旅』その30 ~ジオン驚異のメカニズム! 20年目の復活のザク! 後編 量産型編~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第30回は、ガンダムメカマニアの56%(推定)が「ガンダムより好き」と即答する、量産型ザク!
市川大河 | 8,526 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト