連載物の宿命(?)、数奇な行き先〜漫画「バランサー」
2016年3月11日 更新

連載物の宿命(?)、数奇な行き先〜漫画「バランサー」

85、86年に短期連載となった漫画「バランサー」。もともとのタイトル覚えてますか? ハードな傭兵もの、、その数奇な行き先をご紹介します^^;

2,472 view

新谷かおるお得意のハードな戦場もの、、??

「戦場ロマン・シリーズ」で連載デビュー、「エリア88」など軍事ものに定評のある新谷かおるの85年から86年連載の「バランサー」、ご存知でしょうか?
全3巻と当時の新谷氏のキャリアからしては決して長くはないこの作品。想定外の横槍から、連載物の宿命(?)ともいえるような行く末を辿った、薄幸ともいえる作品でしたf^^;
『週刊少年サンデー』(小学館)1985年43号より1986年21号まで連載された。単行本は少年サンデーコミックス(小学館)から全3巻、のちワイド版(スーパービジュアルコミックス版、小学館)が全1巻、文庫版(MFコミックス版、メディアファクトリー)が全2巻で刊行されている。

短期間にがらっと、、

まずはオリジナルの最初の(って3巻完結ですけどねf^^;)1巻と、
最終巻(って3巻完結ですけどねf^^;)の3巻の表紙を見比べてみて下さい、、
 (1597975)

「バランサー」1巻、表紙
 (1597977)

「バランサー」3巻、表紙
、、ずいぶん雰囲気違うでしょう?^^; なんなら正反対。
表紙だけでなく内容もそうなんです、正反対。

短い間のこの変遷の理由の前に、
物語の紹介と、そしてほとんど連載が始まるなり訪れた不意打ち(?)のことを振り返ってみます。

主人公「××××」と物語の導入

wada y (1598084)

主人公は、コードネーム「J」と呼ばれる男。オランダ・アムステルダムに住み、大佐(「カーネル」。「J」同様、カーネルは通り名にすぎない。素性、所属組織など不明)と呼ばれる男から招集を受けると、傭兵として任務を行う。
出典 wada y
物語最初の任務は、第二のシェバイツァーといわれる医学博士が、裏で中央アフリカのサビア国政府と行っているヘロイン密造工場の破壊と博士の抹殺。それも別段正義の味方やどこかの政府からの仕事ではなく、値崩れを恐れる麻薬同業者からの仕事であることが仄めかされます。少年誌らしからぬハードさですねえ、、

物語二つ目の任務では、刑期1000年のプリズナー(囚人)、コードネーム「P」が登場します。
彼の刑期は、ベトナム戦争下自分たちの部隊が助けた現地の村の人々を、解放戦線の仕業に偽装した米軍と南軍が虐殺したことに逆上し、彼らを血祭りに上げたことによるものです。
その人間性にふれたJは、彼に「他人に名のるのはこれが最初で最後だ!!」と、自らの南郷兵衛という名を告げます(ずいぶん古臭い名ですが、果たして、、)。

早くも、、なぜに?

三つ目の任務で早くも、、
敵の正体に気づいた南郷は、Pことカーツらに「ここでお別れだ/きみたちが相手にできる敵ではない…悪い予感があたった…」と告げ逃がした後、独り敵と対峙します。黒羽とか白羽とかいままでまったく出てこなかった場違いな台詞のあと、爆風のなかから南郷の腕時計だけが吹き飛ばされてきます。
!、、連載数週、早くも主人公が死んでしまうとわっ>_<

へなちょこ「××××」

ところで!
連載開始時、この作品のタイトルは「バランサー」ではありませんでした。
その名も「ジャップ」!
少年誌らしからぬハードな内容に、日本人の蔑称「ジャップ」!
少年誌だけど攻めて行くぜ!てな気概が感じられるじゃないですか!
いやあその心意気、たいしたものよっ。
、、と思っていたら、ですよ ?( ̄ω ̄;)

連載数週で即行、上記の南郷の死より前です、
ジャップは日本人の蔑称、差別的表現で、差し障りがあるのでタイトルを変えますとの告知、、
はあ?
善し悪しは別にして、そんなこと連載前から分かってることじゃん!なにをいまさら、、
筆者ら当時子どもだった読者も口をぽかんと呆れたものでした (ノ゚ο゚)
 (1597970)

第1話掲載号表紙
最初、タイトルは「ジャップ」だったことが見てとれる
、、変えたタイトルは「バランサー」。
ああ。正義の味方でなく、義があるでなく、結果的に、ときに悪と悪のバランスを保って世界が崩れるのを防ぐ、バランサーね、、
びびって変えるくらいなら、最初から「ジャップ」とかせずに「バランサー」でいってくれれば、それはそれでよかったのに、、f^^:

と、気を取り直しかけたところへの、
早々突然の主人公の死なのでした。
ここまでハードな内容とわっ!主人公がこんなに早く呆気なく死んじゃって、どう展開するんだろう、、?などと驚愕と期待のなか、
タイトル問題のへなちょこさに、一抹の不安もあった当時の我々読者でした、、>_<

大胆な針路転換(!?)

とりあえず、悪い予感は当たりました、、
 (1598386)

連載開始から8週後の号、「衝撃の新展開」告知の表紙。
、、そりゃ驚くわ^^;
39 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • セーラー服大好き 2017/11/21 10:51

    当時、中学二年だった俺は二巻のクローネ危機一髪の下着姿で後ろ手に縛られ口にガムテープを貼られた姿に興奮してネタにしてました。タクシーを止める為に不意に下着姿を曝されてしまうのも興奮しました。

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「ベルサイユのばら」作者の短編コミックがKindleなどで一挙配信開始! 今こそ読みたい池田理代子作品

「ベルサイユのばら」作者の短編コミックがKindleなどで一挙配信開始! 今こそ読みたい池田理代子作品

池田理代子の短編作品「あのひとはいま…」「星くずの童話(メルヘン)」「クロディーヌ…!」をはじめとした全10作品の電子配信がスタートしました。扱っているのはKindleストア、楽天Kobo電子書籍ストア、Google Play、iBooks、Yahoo!ブックストア、SONY Reader Storeなどの6電子書店。
80年代の青少年のバイブル!「かぼちゃワイン」の三浦みつる、引退を発表。

80年代の青少年のバイブル!「かぼちゃワイン」の三浦みつる、引退を発表。

「The・かぼちゃワイン」で有名な漫画家・三浦みつるが自身のTwitterにて、新作描きおろしである「バック・トゥ・The・かぼちゃワイン」をもって漫画家を引退することを発表しました。
隣人速報 | 8,973 view
大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀による70年代の人気漫画「はいからさんが通る」。そのアニメ映画が前後編の2本製作されるが、タイトルが決定した。前編は11月11日、後編が2018年内に公開される予定だ。
80年代~90年代のりぼん歴代連載作がスカイツリーに集結!「250万乙女のときめき回廊」1月9日から開催予定

80年代~90年代のりぼん歴代連載作がスカイツリーに集結!「250万乙女のときめき回廊」1月9日から開催予定

月刊少女漫画雑誌「りぼん」の創刊60周年を記念したイベント「250万乙女のときめき回廊 at TOKYO SKYTREE」が、2017年1月9日~3月31日までの期間限定で開催される。今回、80年代~90年代に連載された人気漫画が東京スカイツリーを彩る。
red | 2,062 view
あだち充が月刊少年サンデーに登場!そこで語られた『タッチ』のタイトルに込められた意味が衝撃的すぎる!

あだち充が月刊少年サンデーに登場!そこで語られた『タッチ』のタイトルに込められた意味が衝撃的すぎる!

1981年から1986年まで『週刊少年サンデー』にて連載された野球漫画の名作、あだち充の『タッチ』。『月刊少年サンデー』の人気コーナー「カメントツの漫画ならず道」にあだち充が登場し、タイトルの意味をサラリと告白し、ファンを驚かせている。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト