石森プロの漫画家、何人言えますか?
2016年3月3日 更新

石森プロの漫画家、何人言えますか?

ミドルエッジの皆様、少年少女のころに小学館の学年誌、テレビマガジン、テレビランドはバイブルではありませんでしたか?アニメや特撮の情報やコミカライズが満載でしたよね。その中でも石森プロの漫画家の先生方も大活躍されていました。先生方の名前のあとに(石森プロ)と書かれてあったのは今でも記憶に残っているのでは…そんな石森プロの先生方についてまとめました。

2,989 view

「石森プロ」という文字列に心ときめいた

昭和時代は今みたいにインターネットはなかったので、特撮やアニメの情報は紙媒体が頼り。特に月刊の子供向けテレビ雑誌はテレビのストーリーそのもののコミカライズがあったりして、民放のテレビ局が少ない地方でオンエアされていない番組でも雰囲気を楽しむことができました。

中でも石ノ森章太郎先生率いる「石森プロ」のアシスタントだった先生方はテレビマガジン・テレビランド(休刊)・てれびくんなどで活躍されていましたよね。

山田ゴロ

山田ゴロ

山田ゴロ

山田 ゴロ(やまだ ゴロ、1952年12月23日 - )は、日本の漫画家である。本名、山田 五郎(やまだ ごろう)。

現在、江戸川大学マスコミュニケーション学科(クリエーター論・文化論・実技)とヒューマンアカデミー(クリエーター論・実技)にて、非常勤講師を勤める。Japan Macintosh Artist club(J-Mac)代表。日本マンガ学会、社団法人日本漫画家協会、デジタルマンガ協会事務局長、マンガジャパン所属。(wikipediaより)
ゴロ先生は、「恐怖新聞」「うしろの百太郎」のつのだじろう先生・円谷作品のコミカライズで有名な中城けんたろう先生のアシスタントを経て石ノ森先生のアシスタントになりました。

ゴロ先生で有名なものはテレビランドに描かれた「ライダーマン」ではないでしょうか。番組でははっきりしなかった結城丈二の生い立ちから描かれていて、ライダーマンの悲劇性が引き立ちましたよね。
 (1592499)

細井雄二

小学館の学年誌、テレラン、テレマガでは細井雄二先生も大活躍でしたね!
細井雄二

細井雄二

細井雄二(ほそい ゆうじ、本名同じ、1950年9月27日] - )は、日本の漫画家。東京都三鷹市出身。別名:秋津わたる(あきつ わたる)。京都造形芸術大学芸術学部教授。(wikipediaより)
細井先生は高校時代に同人グループ「ミュータントプロ」の参加、同人誌「墨汁三滴」に作品を発表していました。(ちなみに、「ミュータントプロ」の主宰はひおあきら先生)「友情のバッテリー」の江波譲二先生のアシスタントを勤められたあと石森プロに入社。

掲載誌・掲載作品は数が多くて、一言では紹介しきれせんが「テレビランド」の「アクマイザー3」と「小学二年生」の「秘密戦隊ゴレンジャー」が筆者の一おしです。
細井雄二の「秘密戦隊ゴレンジャー」

細井雄二の「秘密戦隊ゴレンジャー」

1975年4月より小学館「小学二年生」で連載。
画像が見つからず残念ですが、1月号はお正月らしくペギーが振袖を着たシーンが印象的でした。
画像が見つからず残念ですが、1月号はお正月らしくペギーが振袖を着たシーンが印象的でした。

土山よしき

土山よしき

土山よしき

土山 よしき(つちやま よしき、1949年 - )は、日本の漫画家。本名及び別名義:土山芳樹。妻は漫画家の深見じゅん。愛知県出身。(wikipediaより)
土山先生は、昭和40年代は「土山芳樹」名義でしたが、50年代にはいって「よしき」になりましたね。

これも画像がなくて残念ですが、小学館「小学三年生」の「イナズマン」のバラバンバラのお話はとても泣ける…子供向けだからといって決して手を抜かないストーリーテラーだと思います。ちなみに上記のイナズマンは幼児誌に描かれていたものです。
http://stat.ameba.jp/user_i...

http://stat.ameba.jp/user_images/bb/97/10011784091_s.jpg

土山よしきのテレビランド版「キカイダー01」。
土山先生のキカイダーはファンの間でも評価が高いですよね!
テレビランドでは「キョーダイン」「大鉄人17」も名作でした。

石森プロの作品ではありませんが「テレビランド」の「アローエンブレム グランプリの鷹」も描かれています。
これも主人公・轟鷹也を見守るヒロイン・逢瀬すず子の心情がこまやかに描かれてます。
土山よしきの「アローエンブレム グランプリの鷹」

土山よしきの「アローエンブレム グランプリの鷹」

すがやみつる

「ゲームセンターあらし」で80年代を風靡したすがやみつる先生も石森プロ出身です。
28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

仮面ライダー、ゴレンジャー、キカイダー、サイボーグ009――石ノ森ヒーローは永遠に不滅だ!「石ノ森章太郎クロニクル 魂」本日発売!

仮面ライダー、ゴレンジャー、キカイダー、サイボーグ009――石ノ森ヒーローは永遠に不滅だ!「石ノ森章太郎クロニクル 魂」本日発売!

1938年に生まれ、数々の作品とヒーローを生みだし、60歳の若さでこの世を去ってしまった石ノ森章太郎。彼の生誕80週年を記念して、ヒーローにスポットを当てた集大成本「石ノ森章太郎クロニクル 魂」が登場。設定資料やカラー原画、モノクロ生原稿などを収録しています。
リアル造形とギミックの融合――〝Ultimate Article〟より「仮面ライダー新1号」フィギュアが登場!

リアル造形とギミックの融合――〝Ultimate Article〟より「仮面ライダー新1号」フィギュアが登場!

プレミアムバンダイの〝Ultimate Article〟より、新作フィギュア「仮面ライダー新1号」が登場している。全高は約400mm。リアル造形とギミックのこだわりハイブリッド、一見の価値あり!
【石ノ森章太郎生誕80周年】西武渋谷で「石ノ森章太郎 ART TOY FES」開催!石ノ森作品を愛するトイ・クリエイターとホビーメーカーが集結!

【石ノ森章太郎生誕80周年】西武渋谷で「石ノ森章太郎 ART TOY FES」開催!石ノ森作品を愛するトイ・クリエイターとホビーメーカーが集結!

 様々な人気作品で知られる故石ノ森章太郎氏の生誕80周年を記念し、西武渋谷で「石ノ森章太郎 ART TOY FES」が開催されます。人気クリエイターによるソフビをはじめ、ファッション雑貨、美術工芸品などのコラボ商品が登場!
石ノ森章太郎の漫画「仮面ライダー」「サイボーグ009」「佐武と市捕物控」が播州藍屋とコラボ!ストールを販売!

石ノ森章太郎の漫画「仮面ライダー」「サイボーグ009」「佐武と市捕物控」が播州藍屋とコラボ!ストールを販売!

株式会社ソーイング竹内は、播州織の技術を用いた製品を展開する新ブランド「播州藍屋(ばんしゅうあいや)」を立ち上げ、その企画第1弾のコラボでは、石ノ森章太郎の漫画「仮面ライダー」「サイボーグ009」「佐武と市捕物控」から各2柄ずつ、合計6点のストールを販売。
KURE5-56と仮面ライダーがタイアップした新TVCMが2017年4月30日に放映開始!

KURE5-56と仮面ライダーがタイアップした新TVCMが2017年4月30日に放映開始!

KURE5-56と仮面ライダーがタッグを組んだ新しいTVCMが4月30日から放映が開始されます。仮面ライダーと共演するのは、天才子役「寺田心」くん。いったいどんなCMになっているのでしょうか。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト