2017年1月24日 更新

ミドルエッジ御用達!?幻の珍品ゲーム【銀河任侠伝】で80年代をプレイバック!

【銀河任侠伝】は、1987年にジャレコが発表したアーケード用アクションゲームです。しかし現在、復刻等は一切されておらず、一部のコアなファンしか知らない幻のゲームとなりました。その理由とは…!?

5,446 view

【銀河任侠伝】、一体どんなゲーム?

『銀河任侠伝』は、ジャレコより1987年に発表されたアーケードゲームです。

ジャレコといえば『エクセリオン』『シティコネクション』『フロントライン』などを手がけたゲーム界の老舗。
ファミコンソフト開発にも早くから参戦し、ミドルエッジ世代には『フォーメーションZ』『忍者じゃじゃ丸くん』『フィールドコンバット』『寺尾のつっぱり大相撲』などが懐かしく思い出されると思います。
一方で、『燃えろ!プロ野球』『バイオ戦士DAN』など、賛否両論の実験作も多く発表してきました。
そんなジャレコでも最大の珍品と言われるのが、この『銀河任侠伝』です。

その理由は、おいおいお話するとして…

1985年、ジャレコが発売したファミコンゲーム「フォーメーションZ」はロボット↔飛行機の変身形態が斬新だった!! - Middle Edge(ミドルエッジ)

1985年、ジャレコが発売したファミコンゲーム「フォーメーションZ」はロボット↔飛行機の変身形態が斬新だった!! - Middle Edge(ミドルエッジ)

【ファミコン】バイオ戦士DANとは何だったのか - Middle Edge(ミドルエッジ)

【ファミコン】バイオ戦士DANとは何だったのか - Middle Edge(ミドルエッジ)

ゲームの内容

オープニング

オープニング

「任侠である主人公ヤッちゃんが、商売敵・コブラ軍団にさらわれた組長兼恋人・クリスちゃんを助けるため、地上と宇宙で激闘を繰り広げる」

・・・という内容のテレビ映画の撮影、という設定なので、このテロップ風の画面が最初に現れます。

その他、ステージとステージの間にジャレコのCMが入る、といった演出も。
8方向レバー+ジャンプ(宇宙ではメカの弾)、パンチ(ドス)で自機・やっちゃんを操作し、全8ステージを攻略します。
宿敵コブラにさらわれた二代目組長&恋人・クリスちゃんを追いかけ、地上と宇宙を行ったり来たり。
マップ

マップ

1,3,4,6,7面が地上、2,5,8面が宇宙ステージ。
地上ではアクションゲーム、宇宙ではシューティングゲームになります。
主人公の攻撃手段はパンチですが、敵を倒すと出す「義理人情」の文字を取ると、ドス・長ドスが使えるようになります。(ただし攻撃を受けるとパワーダウン)
残機ありのライフ制で、同じく敵の出す「E」を取るとライフ1つ回復。(最大8つ)
その他、規則的に出る「招き猫」を取ると体力が全回復、さらに「まむしドリンク」を取ると体力全回復に加え画面上の敵が一掃され、ビーム(流星剣)が16発撃てるようになります。

ですので、敵の多い難所でいかに招き猫とドリンクが出るようにするかが、攻略の最大のポイントになります。

ただし、このゲームの最大の見所は…

アクションステージ

アクションステージ

管理人さんと四◯さんのいる一◯館で、中村◯水と対決!?
このゲームの最大の特徴は、敵側サイドが他社の映画やアニメのパロディと思しきキャラクターで構成されており、これらがステージ上に大量に現れる点にある。
また、敵キャラクターだけに限らず、ステージの背景やアイキャッチ、BGMにもパロディが散りばめられている。エンディングのスタッフロールでは、申し訳程度に「EXCUSE」という言葉に続く形で「JUMP, JOEX, NTV, SUNDAY, KITTY, SUNRISE, PIERO, TBS, KYONC, JOCX」といった、パロディ元の作品を扱う会社や、少年雑誌、テレビ局の名前が表記される。
出典 銀河任侠伝-Wikipedia
そう、1987年当時の映画、アニメ、TV番組等のパロディがてんこ盛りだったのです!

そのため、ゲームの内容よりむしろ、当時のゲーム業界や世間の流行を知ることのできる史料としての価値が高く評価されています。

■ キャラクターデザイン・ANO清水とは?

『銀河任侠伝』テーブルポップ

『銀河任侠伝』テーブルポップ

当時、筐体の上に飾られていたPOPから。
イラストは、当時「うる星やつら」のスタッフでもあったANO清水氏。

筆者自身も、実物を見たことがあります。
その時の感想は「わ〜、ちゃんとしたアニメ絵だ」程度でしたが…
やはりクリスちゃんとか、高橋留美子っぽい…
出典 ifs.nog.cc
【銀河任侠伝】のキャラデザインを担当した「ANO清水」とは、『うる星やつら』『Dr.スランプ アラレちゃん』『銀河漂流バイファム』『ぬらりひょんの孫』『僕は友達が少ない』等を手がけたアニメーター・アニメ監督の西島克彦氏の別名義です。
ゲーム関係の仕事の際のペンネームが『ANO清水』とのこと。

制作段階では地味だった【銀河任侠伝】を世紀の珍品にした、最大の功労者(!?)です。
なりゆき任せで作ったキャラを次々採用したため、当初と全く違った内容になったとか…

昭和の名作をオマージュした。ネタあり、笑いあり、涙ありのアドベンチャーゲーム『バトルゴルファー唯』 - Middle Edge(ミドルエッジ)

昭和の名作をオマージュした。ネタあり、笑いあり、涙ありのアドベンチャーゲーム『バトルゴルファー唯』 - Middle Edge(ミドルエッジ)
「仮面ライダー」「巨人の星」「ゲゲゲの鬼太郎」「快傑ズバット」などを「パロディーネタ」にした演出。昭和生まれなら思わず「ニヤリ」としてしまう要素が100%濃縮された、セガ的ノリの良さが光る!最高ランクのB級作品!!
ANO清水氏には、こんな仕事もありました…

■ 現状、入手可能なの?

各所からの知的財産権に抵触する可能性に加えて、映画の撮影舞台という設定があるとは言え暴力団をモチーフにしている事からCERO規定に抵触し、全年齢向けゲームとして新たにアーケード以外のプラットホームで販売する事が出来ない可能性が高く、現在に至るまでコンシューマーゲーム機への移植やリメイク、バーチャルコンソールやPSN等へのダウンロード配信は一切なされていない。(Wikipediaより)

そのため現状では、マニア向けに基板(アーケードゲーム機の中味そのもの)が高値で取引され、遊ばれています。
つまり著作権もろもろの事情により、現在では再現不可能!ということです。
当時の販促用ポスター

当時の販促用ポスター

こちらも現在、プレミアが付いています。

ヤバ過ぎるキャラクターたち…

というわけで、ゲームそのものを体験していただくのは難しいので…

実際のプレイ画面を観ながら、80年代当時の世相をふり返っていきましょう!

Ginga NinkyouDen 1987 Jaleco Mame Retro Arcade Games - YouTube

あらかじめ、予習していただくことをオススメします!
実はヒロインにも、秘密が隠されています!
本作のヒロイン・クリスちゃん。

本作のヒロイン・クリスちゃん。

主人公・やっちゃんの彼女にして、銀河組の跡目を継ぐ二代目。

そう、二代目はクリスちゃんなのです。

『二代目はクリスチャン』

『二代目はクリスチャン』
1985年公開の角川映画。
原作・つかこうへい、監督・井筒和幸。

敬虔なシスターが、成り行きからヤクザの2代目を襲名して大暴れするアクションコメディ。
志穂美悦子の好演で大ヒットしました。

・では、ゲーム本編をみていきましょう!

オープニング

オープニング

これも実は、『パックマン』の幕間劇のパロディ。

ゲームメーカー「ナムコ」の歴史!パックマンは知ってるよね!? - Middle Edge(ミドルエッジ)

ゲームメーカー「ナムコ」の歴史!パックマンは知ってるよね!? - Middle Edge(ミドルエッジ)
『パックマン』は1980年にナムコが発表し、一大ブームを巻き起こしたビデオゲーム。
続編も多く作られ、ナムコを代表するタイトルです。
ラウンド1・前半

ラウンド1・前半

ゴ◯ラや月◯仮面を倒して進んでいくと、ラ◯ボーが登場!

[元祖特撮ヒーロー]テレビドラマ版「月光仮面」は誰でしょう? - Middle Edge(ミドルエッジ)

[元祖特撮ヒーロー]テレビドラマ版「月光仮面」は誰でしょう? - Middle Edge(ミドルエッジ)

『ランボー/怒りの脱出』(1985)

『ランボー/怒りの脱出』(1985)
主演シルベスター=スタローン。監督はジョージ=コスマトス。
前作『ランボー』(1982)が、ベトナム帰還兵の苦悩を描いた内容だったのに比べ、徹底的にアクション重視に。
ラウンド1・後半

ラウンド1・後半

ラウンド1の後半は、どうみても「一◯館」。
必殺仕事人・中◯主水が大量発生します。

マンガ『めぞん一刻』の最終回ってどうだった? - Middle Edge(ミドルエッジ)

マンガ『めぞん一刻』の最終回ってどうだった? - Middle Edge(ミドルエッジ)
『めぞん一刻』の最後、すごく好きです。

≪必殺仕事人≫副業、裏稼業。爽快に必殺! - Middle Edge(ミドルエッジ)

≪必殺仕事人≫副業、裏稼業。爽快に必殺! - Middle Edge(ミドルエッジ)
年末に放映されてた拡大スペシャル版が、特に好きでした!
ステージ1・クリア

ステージ1・クリア

地上面では、ボスを倒してから待機するカメ(疾風号)の背に飛び乗るとクリア。

宇宙では、カメから(なぜか)メカに変身します。
ラウンド2はシューティングステージ。

ラウンド2はシューティングステージ。

2面のボス、「サザエさん」。
弱点でもある口から、UFOを吐いて攻撃してきます。
(UFOを倒すと『捕まった宇宙人』が…)

宇宙では、ボスを倒すとラウンドクリア。

UFO事件簿/捕まった宇宙人

UFO事件簿/捕まった宇宙人
メキシコに墜落したUFOから発見された宇宙人だという、謎の写真。
ラウンド2クリア後の画像

ラウンド2クリア後の画像

ラウンド2クリア後に挿入される、やっちゃんの雄姿。
これもなんか、何処かで見たような・・・!?
59 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『忍者くん魔城の冒険』ファミコンの忍者くんシリーズ第一弾!気絶させてから倒すアクションゲームだった!!

『忍者くん魔城の冒険』ファミコンの忍者くんシリーズ第一弾!気絶させてから倒すアクションゲームだった!!

ファミコン『忍者くん魔城の冒険』は、UPLのアーケードゲーム版の移植作品です。1985年にジャレコから発売され、敵をただ倒すのではなく、気絶させてから倒すなどのアクション要素を盛り込んだゲームでした。また、忍者くんシリーズの第一弾となっています。
星ゾラ | 2,112 view
『北斗の拳』の原哲夫先生が○○○を描いたら・・!? シティーハンター、うる星やつらetc.

『北斗の拳』の原哲夫先生が○○○を描いたら・・!? シティーハンター、うる星やつらetc.

『北斗の拳』や『花の慶次』などで知られる漫画家・原哲夫先生が描いた“有名人の似顔絵”や“他作品のキャラクター画像”を一挙ご紹介♪♪
鼻から牛乳 | 699,825 view
【1987年のテレビゲーム】コンピュータゲームが大きく発展した1980年代を、ファミコンを中心に1年ごとに丁寧に振り返る。

【1987年のテレビゲーム】コンピュータゲームが大きく発展した1980年代を、ファミコンを中心に1年ごとに丁寧に振り返る。

【1987年のテレビゲーム】1980年代に幼少期から青春時代を生きた私たちは、家庭用ゲーム期黄金世代と呼ばれる世代です。1983年のファミコン登場以降、家庭用ゲーム機が遊びの主流へと駆け上がる中で、私たちは「外遊び」「家遊び」「勉強」を巧みに使い分けながら、ファミコンを中心とした家庭用ゲーム機の進化を肌で味わってきたといえるでしょう。そんな1980年代を1年ごとに振り返る、今回は1987年について振り返ってみます。
青春の握り拳 | 31,368 view
【ストリートファイター】格ゲーの原点!殴る体感ゲーム【大ブレイクしたスト2(ストリートファイターⅡ)の元祖】

【ストリートファイター】格ゲーの原点!殴る体感ゲーム【大ブレイクしたスト2(ストリートファイターⅡ)の元祖】

大ブレイクしたスト2(ストリートファイターⅡ)の前には格闘ゲームの原点ともいうべき『殴る』体感ゲーム「ストーリートファイター」がありました。ど派手なアーケード筐体がとても印象的だった「ストリートファイター」。どんなゲームだったのか振り返ってみましょう。
あるのん | 15,660 view
記憶に残るとても楽しかった!!縦スクロールシューティングゲーム「究極タイガー」!!

記憶に残るとても楽しかった!!縦スクロールシューティングゲーム「究極タイガー」!!

1987年登場の東亜プランの代表作「究極タイガー」。とても楽しいゲームで、それは、縦スクロールシューティングゲームの1つのスタンダードスタイルを築き上げたほどです。そのゲームシステム、アイテム、武器、など、紹介いたします。
よっちゃん | 2,568 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト