2017年1月26日 更新

本当にあった恋物語「マリリンに逢いたい」。ワンコの一途な思いに涙が止まらない!

激しい潮流をものともせず、3kmも離れた島から島へ泳いで渡ったシロ。その先には愛しいマリリンが待っていた。沖縄に実在したワンコの純愛ストーリー。涙なくして語れない物語がそこにはあった。

16,394 view

作品紹介

1988年(昭和63年)7月に劇場公開、沖縄の慶良間(ケラマ)諸島に実在した「シロ」と「マリリン」2匹のワンコの純愛物語。
画面いっぱいに広がる沖縄のきれいな自然。
島の緑、砂浜の白、「ケラマブルー」と呼ばれる透明にして青い海。
そして、シロの飼い主の恋愛・人間の欲望等が絡みつつも、胸が熱くなる物語です。

何といってもこの映画の主人公は2匹のワンコ。
座間味島にいる愛しいマリリンに逢うために、3キロ離れた阿嘉島から海を渡るシロ。
そのけなげで一生懸命な姿に自然と涙がこぼれてしまいます。
 (1715257)

 (1716505)

シロと飼い主の中里大輔(加藤昌也)と久保田皆美(安田成美)
出典 ameblo.jp
 (1716509)

座間味島内を走り回るシロとマリリン。
本当に楽しそうです。
【あらすじ】
中里大輔は故郷沖縄で民宿を開くため、東京で拾った小犬のシロと共に帰ってきた。シロは座間島の民宿「たましろ」の娘・佐和子の飼うマリリンという雌の小犬が気に入った様子。大輔もそこで東京から来ていたOLの久保田皆美に初めて会った。大輔は座間味島から3キロ離れた阿嘉島で民宿の建設を始めた。やがてやくざな兄・達郎も帰郷して手伝うことになった。シロは3キロの海を渡って頻繁にマリリンに会いに行く。大輔の民宿「ココ・クーラー」の最初の客は皆美だった。彼女は近々カメラマンをやめ、結婚することになっていた。達郎はシロをTVに売り込もうとして那覇に連れていくが失敗、そこでシロは野犬に襲われて怪我をするが、それでもマリリンに会いに行くことをやめようとしなかった。達郎の寝煙草でココ・クーラーが火事になった。大輔は皆美に愛を告白するが、彼女は結婚の準備に東京へ帰るという。そんなときマリリンが病気で死んだ。シロはマリリンに会うため、傷を負った足を引きずりながら海を渡っていった。このまま皆美と別れていいのか悩んでいた大輔は、後を追いかけ空港で2人は再会した。
海を一生懸命泳いで渡るシロ。
深手を負いながらもマリリンのもとへ向かうシロ。
他界したマリリンを探して走り回るシロ。
マリリンのお墓の前で何度も何度も遠吠えをするシロの姿。
涙が溢れて止まりません。本物のシロが演じているだけになおさらです。。

テーマソング

荻野目洋子 - DEAR コバルトの彼方へ

出典 youtu.be

主な出演者

主演 シロ

 (1716298)

ほとんどの説明書きは、主演加藤昌也・安田成美とありますが、本当の主演はシロだと思いませんか?(加藤さん、安田さんごめんなさい)
シロの実話を元に作成されたのですから。
しかも、劇中のシロは本物のシロなんです。
何とも素晴らしい演技力ではありませんか。

マドンナ マリリン

 (1715793)

残念ながら、本当のマリリンは撮影時の1987年8月に他界してしまいました。
でも、劇中のマリリンとシロの絡み具合が何とも言えません。並んで走り回るシーンなど2匹とも本当に楽しそうです。

安田成美(久保田皆美)

 (1715807)

沖縄に独身最後の旅行で訪れ、中里大輔(加藤昌也)と恋に落ちてしまうOL役。
実生活ではとんねるずの木梨憲武の奥方です。

加藤昌也(中里大輔)

 (1715811)

シロの飼い主。
今作品が主役デビューとなります。
モデル出身なだけにルックスは申し分なしです。
最近ではアンフェア、テラフォーマーズなどに出演。
出典 eiga.com

三浦友和(中里達郎)

 (1715812)

シロを利用しようとする悪い男を見事に演じてます。
年輪を重ねて実にいい俳優になりました。

美談の始まり

1986年12月、琉球新聞に「白い犬が海を渡って恋人ならぬ恋犬に逢いに行く」というふうな記事が掲載されます。掲載したのは「マリリンに逢いたい」の原作者・宮里芳和氏。
これがきっかけでシロとマリリンは超有名犬になります。
テレビ・新聞・雑誌等々、アッと言う間に2匹は日本中に知れ渡るようになりました。
そして、ロケが始まり「マリリンに逢いたい」が制作されるのでした。

でも、シロはなぜ海を渡るという危険な行為をしたのでしょうか。
それは、阿嘉島には犬がいなかったからなのです。
昔、阿嘉島ではネズミ駆除のためにイタチを導入し、犬はイタチを追い払ってしまうからと嫌われました。それで犬を飼っている家がなかったのでした。
シロはマリリンが亡くなった後も海を渡ったそうです。
海の先、座間味島には2匹の愛の結晶、子供たちが待っていたのでした。

仔犬の頃のシロとマリリン

 (1716334)

居酒屋「うりずん」という店に飾ってある本物のシロとマリリンの写真です。
シロがまだ子犬の頃です。
こうしてみるとマリリンは「年上の女(ひと)」なんですね。
話題になる遥か前ですから貴重な写真です。
出典 ameblo.jp

ケラマブルーとシロ

シロとマリリンが過ごした、自然豊富な座間味周辺の海をちょっとご紹介。

ケラマブルーの海

 (1716405)

言葉で表せない美しすぎる海と自然のベストマッチです。
この辺の海の青さは「ケラマブルー」と呼ばれています。

ウミガメの宝庫

 (1716410)

春から秋まで毎日のように訪れるウミガメ。
澄みきった海で癒しとの出会い。
たまりませんねぇ。

ホエールウォッチング

 (1716421)

1~3月の冬限定。
北の海から暖かい沖縄の海に出産・子育てをするために、ザトウクジラが集まります。
目の前で見るクジラは迫力満点です。

阿嘉島から座間味島を望む

 (1716043)

きれいな海ですね。シロはこの海を泳いで渡ったのですねぇ。

座間味島(マリリンの島)
 ⇧
  |
  |
無人島
  |
  |
  |
  |
  |
  |
 ⇩
阿嘉島(シロの島)
一説によると、シロは海を一気に渡ったのではなく途中の無人島に一旦上陸し、休みながら島を横断してまた泳ぎだしたらしいのです。泳ぎやすい波の高さや潮流のルート、進むべき方向、自分の行き先をわかっていたのですね。おりこうなワンコです。

遠泳中のシロ

 (1716293)

マリリンに逢うため座間味島に向かって海を渡っているときのシロ。(実物です)

座間味でのシロとマリリン(実物)

 (1717052)

なんとも貴重な写真ですねぇ。
2匹のほのぼのとした、楽しそうな気持が
伝わってくる1枚です。
シロはいつも島を泳いで往復していたわけではないようです。
座間味島からの帰りは、5時のサイレンを合図に阿嘉島から来ている役場の職員の帰る船に便乗したりしました。行きはなぜか乗れなかったんですねぇ。
間違って座間味から那覇行きの船に乗ってしまったこともあるそうです。そして、翌日の船でまた戻ってきたそうです。島の人々が協力してくれたのでしょうね。
普通のワンコでは考えられない大冒険です。シロは本当に賢いワンコなのですね。
53 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

   

20世紀交歓所20世紀しばりのフリマサイト

関連する記事こんな記事も人気です♪

日本映画の大作『敦煌』。制作・宣伝費45億円もの費用を費やした壮大な物語とは!?

日本映画の大作『敦煌』。制作・宣伝費45億円もの費用を費やした壮大な物語とは!?

バブル真っ只中の1988年、文化遺産・莫高窟に隠された経典等をもとに作られた超大作。人間の欲望、男女愛の葛藤等を背景に、それぞれの男たちが、それぞれの守るべきものを命を懸けて必死に守ろうとする姿を描いた作品をご紹介しましょう。
ナベゲン | 7,665 view
市川準の監督デビュー作!映画『BU・SU』性格ブスの女を18歳の富田靖子が無表情で熱演!!

市川準の監督デビュー作!映画『BU・SU』性格ブスの女を18歳の富田靖子が無表情で熱演!!

映画『BU・SU』は、1987年に公開した市川準が監督デビューした作品です。ひねくれてしまった性格ブスの女の子が成長していく物語です。当時18歳だった富田靖子が主演を務めました。
星ゾラ | 5,240 view
映画『パラダイム』SFホラー作家のジョン・カーペンターのB級ホラー!ジワジワとくる不気味な作品だった!!

映画『パラダイム』SFホラー作家のジョン・カーペンターのB級ホラー!ジワジワとくる不気味な作品だった!!

映画『パラダイム』は、1988年に日本で公開されたジョン・カーペンターの気味の悪さを持つB級ホラー作品です。独特の映像構成とBGMで、滲み出る恐怖を演出していました。
星ゾラ | 5,183 view
日本最後のクーデター『226』。昭和11年2月26日、その日は30年ぶりの大雪だった。

日本最後のクーデター『226』。昭和11年2月26日、その日は30年ぶりの大雪だった。

昭和11年(1936年)2月26日に陸軍青年将校たちが起こしたクーデター事件を、五社英雄監督が描いた大作。単なる事件の概要だけでなく、将校たちの人間関係、家族愛を見事にマッチさせたヒューマンストーリーを、実際の二・二六事件とともにご紹介しましょう。
ナベゲン | 2,884 view
映画・ときめきに死す。若かりし沢田研二と樋口可南子の共同生活!

映画・ときめきに死す。若かりし沢田研二と樋口可南子の共同生活!

1984年の映画「ときめきに死す」。森田芳光監督の独特な感覚が味わえる。役者・沢田研二や樋口可南子のキスシーンや衝撃的なラストシーン等見どころも豊富。「ときめきに死す」のあらすじや裏話をご紹介!!
ひで語録 | 4,734 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト