【橋田壽賀子】偉大な脚本家でタレントとしても活躍!プロフィール・代表作まとめ
2020年9月27日 更新

【橋田壽賀子】偉大な脚本家でタレントとしても活躍!プロフィール・代表作まとめ

数々の名作ドラマを手掛けた脚本家で、お茶の間の”ご意見番”としても人気者となった橋田壽賀子さん。今回は、そんな偉大な存在にスポットを当てて、プロフィールや経歴・代表作を紹介していきたいと思います。ぜひ記事をご覧になり、彼女の功績や魅力を振り返ってみてください。

144 view

数々の名作ドラマを生んだ脚本家・橋田壽賀子さん

橋田壽賀子さんのプロフィール

橋田壽賀子さんのプロフィール

生年月日:1925年5月10日
出生地 :大阪府堺市西区
血液側 :B型
職業  :脚本家・タレント
活動期間:1949年~

橋田壽賀子さんの経歴

1925年、日本統治時代の朝鮮で生まれた橋田壽賀子さん。帰国するまでの9年間は、現在の韓国の首都・ソウルにあたる京城で過ごしました。帰国後は大阪で生活され、日本女子大学文学日国文科を卒業しています。
この後、学者になることを夢見て東京大学を受験するも失敗し、同時に受験していた早稲田大学文学部国文科に入学。在学中には芸術科の演劇専修に移り、学生劇団『子羊座』で役者を務め、久板英二郎さんの脚本塾に通って演劇の脚本を学んだそうです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E7%AB%B9 (2228010)

1949年、早稲田大学を中退して、松竹に入社し、脚本部の所属となります。松竹初の女性社員として歓迎され、この時代に執筆した映画の脚本も多いです。
1959年、秘書の仕事への異動を命じられ、それを機に松竹を退社。以降、フリーの作家として活動します。当初は積極的にテレビ局に原稿を売り込んでいたようですが、なかなか採用されずに小説などを書いていたそうです。
https://www.tbs.co.jp/tbs-ch/item/d0646/ (2228019)

1964年、TBS系列で放送されたテレビドラマ『愛と死をみつめて』の脚本に注目が集まり、脚本を書いた橋田壽賀子さんの名前が世の中に広まりました。
1966年、テレビ局のプロデューサーだった岩崎嘉一さんと結婚。主婦業をこなしながら、脚本家としての執筆活動も続けました。1988年に岩崎嘉一さんは肺腺ガンを患い、翌年には死別しています。岩崎嘉一さんとは晩年を別荘地として知られる熱海で過ごし、現在も東京と熱海を行き来する生活を送っているようです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A9%8B%E7%94%B0%E5%A3%BD%E8%B3%80%E5%AD%90 (2228022)

2015年にはホームドラマの時代ではないと脚本家を引退するような発言もありましたが、週刊誌の取材では、書きたい脚本の仕事があればと引退を否定しています。同年、日本政府より脚本家として初の文化功労者に選出されました。

橋田壽賀子さんにまつわるエピソード

脚本に対するこだわり

橋田壽賀子さんの脚本はセリフが長く、演出や俳優によるセリフの変更は許さないことで知られています。一字の言い間違いも許されず、アドリブは一切禁止なのだそうです。
こういったこだわりの背景には、映画の脚本を書いていた時代に、監督から、映画は映像で見せるものだからセリフを短くするように指示されたことや、出演している俳優たちによってセリフを勝手に削られた経験に対する反発があるのだとか。
上品な言葉使いが多いのも橋田壽賀子さんの作品の特徴で、その理由は、綺麗な日本語を使いたいという想いによるものだといいます。

橋田ファミリー

橋田壽賀子さんが脚本を手掛けるドラマでは、”橋田ファミリー”と呼ばれる役者の起用が目立ちます。山岡久乃さん・八千草薫さん・渡辺美佐子さん・池内淳子さん・佐久間良子さん・宇津井健さん・泉ピン子さんといった顔ぶれは、”橋田ファミリー”として有名です。
三田佳子さんや大原麗子さんといった面々や丹波哲郎さん・小林桂樹さんも橋田壽賀子さん脚本のドラマでは常連といえる存在ですよね。
いかりや長介さんや伊東四郎さんが役者として飛躍するきっかけになり、えなりかずきさん・坂上忍さん・伊藤淳史さんの子役時代は目を掛けていたといいます。橋田壽賀子さんは脚本を書くだけではなく、出演キャストの選定などにも深く関わっていたようですね。

タレントとしての活躍

1990年代、橋田壽賀子さんはタレントとしてのテレビ出演も目立ちました。一時期はその人気ぶりを”スガコブーム”と呼び、フジテレビ系列で放送されていた『笑っていいとも!』にレギュラー出演していた時期もあります。しかし、他の出演者のトークを遮ってしまう場面もあり、次第にバラエティー番組に出演する機会は減っていきました。
ただ、橋田壽賀子さんご本人はお話しすることが大好きみたいで、要望があれば積極的にテレビ出演しているそうです。再び、”スガコブーム”の第二波がくるといった未来も否定できないですね。

橋田壽賀子さんの代表作品

テレビドラマ
『おんな太閤記』

『おんな太閤記』

放送時期:1981年
放送局 :NHK
出演者 :佐久間良子
     赤木春恵
     長山藍子
     中村雅俊
     浅茅陽子

内容&あらすじ

39 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

稀代のヒットメーカー野島伸司の「90年代名作ドラマ」を振り返ります!

稀代のヒットメーカー野島伸司の「90年代名作ドラマ」を振り返ります!

90年代は『101回目のプロポーズ』や『未成年』など野島伸司の作品が数多くヒットしましたね!!野島伸司は「トレンディドラマ」を多数ヒットさせた上で、「社会派ドラマをやりたい」と考えていたそうです。懐かしのドラマを振り返ってみましょう!
ロングアゴー | 17,573 view
【あなたの心に残るギャグ・セリフクイズ】あのシーンが蘇る!みんながマネした流行言葉たちにクイズで挑戦!!②

【あなたの心に残るギャグ・セリフクイズ】あのシーンが蘇る!みんながマネした流行言葉たちにクイズで挑戦!!②

小学校の休み時間にマネしたギャグ、中学や高校になって口癖のように使ってみたセリフ。テレビを通して観た、様々なギャグやセリフが心に残っている人は多いことでしょう。そんなギャグやセリフを10個ピックアップ、それぞれにまつわるテーマをクイズにしてみました。ぜひ、懐かしみながら挑戦してみて下さい!
【イントロクイズ】懐かしのフジテレビ『月9』ドラマ主題歌

【イントロクイズ】懐かしのフジテレビ『月9』ドラマ主題歌

1980~1990年代に高視聴率を獲得したフジテレビの月曜夜9時のドラマ、通称『月9』ドラマの主題歌に関するイントロクイズです。
【あなたの心に残るギャグ・セリフクイズ】あのシーンが蘇る!みんながマネした流行言葉たちにクイズで挑戦!!①

【あなたの心に残るギャグ・セリフクイズ】あのシーンが蘇る!みんながマネした流行言葉たちにクイズで挑戦!!①

小学校の休み時間にマネしたギャグ、中学や高校になって口癖のように使ってみたセリフ。テレビを通して観た、様々なギャグやセリフが心に残っている人は多いことでしょう。そんなギャグやセリフを10個ピックアップ、それぞれにまつわるテーマをクイズにしてみました。ぜひ、懐かしみながら挑戦してみて下さい!
菊池桃子・田中美奈子ら、トレンディ女優が"アラフィフ"世代の恋愛エピソードを演じる!!

菊池桃子・田中美奈子ら、トレンディ女優が"アラフィフ"世代の恋愛エピソードを演じる!!

11日放送の、関西テレビ・フジテレビ系特番「ラブドラマバラエティー 50キュン恋愛物語」で、賀来千香子、有森也実、菊池桃子、森口瑤子、田中美奈子ら、"アラフィフ"世代が最近"キュン"とした恋愛を基にしたエピソード・ドラマに出演する。80年代から90年代前半にヒットした曲もドラマで起用されている。
red | 2,560 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト