80年代「オジー・オズボーン」の全盛期を支えた凄腕ギタリストたち
2016年11月10日 更新

80年代「オジー・オズボーン」の全盛期を支えた凄腕ギタリストたち

カリスマヴォーカリスト、オジー・オズボーン。彼が1980年代、ブラック・サバス脱退後、オジー・オズボーンバンドを結成してから発掘した、当時、世界的には無名に近かった3人の凄腕ギタリスト「ランディ・ローズ」「ジェイク・E・リー」「ザック・ワイルド」についてご紹介します。

20,286 view

近ごろは子煩悩なパパのイメージ?オジー・オズボーン

 (1781120)

リアリティ番組MTV「The Osbournes」に主演したオジー家
2002年から2005年にかけて放送されたMTV「The Osbournes」(オズボーンズ)という人気番組で、一家のプライベート姿を披露。世界的名声を取り戻すきっかけになると同時に、音楽を知らない人からの知名度も上がったオジー・オズボーン。

ビバリーヒルズの豪邸にカメラが入り、そこで繰り広げられる妻のシャロン、娘のケリー、息子のジャック、それにペットとの風変りな日常がそのまま放映され話題に。家族はたちまち世界のお茶の間の人気者になりました。

実は70年代から君臨するヘヴィ・メタルの帝王オジー・オズボーン

ヘヴィ・メタル界の帝王として1970年代から活躍を続けるカリスマシンガー、オジー・オズボーン。独特のハイトーンヴォイスと数々の伝説となった常軌を逸するライブパフォーマンスが有名です。80年代には自身のバンドを立ち上げ、当時はまだ無名のギタリストを起用し、彼らは次々にギター・ヒーローになりました。同時にバンドの音楽は世界中の多くのロック・キッズたちのハートを鷲掴みにしました。

そんな彼は1948年12月3日にイギリスのバーミンガムで労働者階級の家に誕生しました。あまり素行はよくなかったようで、盗みを繰り返しては酒代につぎ込んでいたというエピソードも。15歳で学校を辞めた後、起死回生を狙ってバンドを結成しました。
ブラック・サバス(Black Sabbath)

ブラック・サバス(Black Sabbath)

1968年にオジーが中心となり、人を怖がらせる音楽を作るというコンセプトのもと、ブリティッシュ・ハードロックの伝説的バンド、ブラック・サバス(Black Sabbath)を結成。そのコンセプトが当たり、一躍人気のバンドに。数々のアルバムを発表しました。同時に各地を巡る長いツアーの間、オジーはアルコールや薬物に依存しはじめ、バンド継続が危ぶまれていきます。次第にメンバー内で軋轢が生じ、ついには他のメンバーから解雇されてしまいます。

80年代の活躍を支えたギタリストたち…初代「ランディ・ローズ」

Randy Rhoads

Randy Rhoads

1979年、新生オジー・オズボーンバンド結成にあたり、初代ギタリストを募集しているという噂を聞いたランディは、オーディションを受け、見事加入することになります。

そんなランディは、1956年12月6日、カリフォルニアで生まれます。7歳の誕生日に、祖父からアコースティック・ギターをプレゼントされたことがギター人生のはじまり。幼くして父を亡くした彼は、音楽家の母のもと、恵まれた環境で育ちます。オーディションを受けた当時も地元のバンド、クワイエット・ライオットでプレイする傍ら、母の経営する音楽学校で子供にギターを教えるという日常でした。

記念すべきファーストアルバム「Blizzard of Ozz」

80年に「Blizzard of Ozz」、翌81年に「DIARY OF A MADMAN」と、2枚のオリジナルアルバムをリリースし、全英や全米ツアーを敢行するなど、順風満帆に思えたオジー・オズボーンバンド。

しかし1982年3月19日、ランディを乗せた小型飛行機がフロリダ州で墜落。操縦士とメイクアップ・アーティストを含む3人が死亡。25歳の若きギターヒーローがその存在をフルに発揮する前の突然の出来事でした。
Blizzard of Ozz

Blizzard of Ozz

1. I Don't Know
2. Crazy Train
3. Goodbye To Romance
4. Dee
5. Suicide Solution
6. Mr. Crowley
7. No Bone Movies
8. Revelation (Mother Earth)
9. Steal Away (The Night)
10. You Lookin' At Me Lookin' At You

続いてリリースされたセカンドアルバム「DIARY OF A MADMAN」

DIARY OF A MADMAN

DIARY OF A MADMAN

1. Over The Mountain
2. Flying High Again
3. You Can't Kill Rock And Roll
4. Believer
5. Little Dolls
6. Tonight
7. S.A.T.O.
8. Diary Of A Madman
9. I Don't Know (Live)

ランディの死の5年後にリリースされた追悼の想いが込められた「Tribute」

1987年にリリース。不慮の飛行機事故に巻き込まれ、25歳で夭折したランディへの追悼の想いが込められたライブアルバム。彼のギター・ソロも収録される不滅の名盤です。
Tribute

Tribute

1. I Don't Know
2. Crazy Train
3. Believer
4. Mr. Crowley
5. Flying High Again
6. Revelation (Mother Earth)
7. Steal Away (The Night) (With Drum Solo)
8. Suicide Solution (With Guitar Solo)
9. Iron Man
10. Children Of The Grave
11. Paranoid
12. Goodbye To Romance
13. No Bone Movies
14. Dee (Randy Rhoads Studio Out-Takes)
54 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

X JAPANのYOSHIKI、28年ぶりの写真集『XY』を発売!異例の「発売前重版」やメイキング映像にも注目!

X JAPANのYOSHIKI、28年ぶりの写真集『XY』を発売!異例の「発売前重版」やメイキング映像にも注目!

X JAPANのYOSHIKI(54)が、28年ぶりとなるオール撮りおろし写真集『XY』を発売することが決定しました。
隣人速報 | 139 view
【訃報】ハードロックバンド「ヴァン・ヘイレン」のギタリスト、エディ・ヴァン・ヘイレンさん死去。

【訃報】ハードロックバンド「ヴァン・ヘイレン」のギタリスト、エディ・ヴァン・ヘイレンさん死去。

「ヴァン・ヘイレン」でギタリストを務めるエディ・ヴァン・ヘイレン(エドワード・ヴァン・ヘイレン)さんが、癌のため10月6日に亡くなっていたことが明らかとなりました。65歳でした。
隣人速報 | 1,265 view
ピンク・フロイド特別番組がWOWOWで放送!ピンク・フロイド好きな有名人を挙げてみた!

ピンク・フロイド特別番組がWOWOWで放送!ピンク・フロイド好きな有名人を挙げてみた!

プログレの雄「ピンク・フロイド」が結成55周年を迎えたのを記念し、WOWOWにて彼らを特集したスペシャルプログラム『結成55周年記念!ピンク・フロイド特集』の放送が決定しました。
隣人速報 | 4,722 view
【話題】公園でボン・ジョヴィを熱唱する“ボン・ジョヴィおじさん”に注目が集まる!!

【話題】公園でボン・ジョヴィを熱唱する“ボン・ジョヴィおじさん”に注目が集まる!!

全米を代表するハードロックの重鎮「ボン・ジョヴィ(Bon Jovi)」。日本でも非常に人気の高いバンドですが、このたびSNS上にて「公園でボン・ジョヴィを熱唱するおじさんがいる」と、大きな話題となっています。
隣人速報 | 975 view
懐かしのバンドが目白押し!楽器店員が選ぶ「推しバンド」「加入希望バンド」が決定!!

懐かしのバンドが目白押し!楽器店員が選ぶ「推しバンド」「加入希望バンド」が決定!!

島村楽器株式会社が、このたび従業員に対して洋楽ロックバンドに関する調査を実施しました。その結果、楽器店員が選ぶ「推しバンド」「加入希望バンド」に加え、一番ロックが盛り上がっていたのはどの年代だったのかも明らかに!
隣人速報 | 2,919 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト