【戦場のメリークリスマス】ビートたけし、デヴィッド・ボウイに坂本龍一出演の大島渚監督作品。
2017年1月30日 更新

【戦場のメリークリスマス】ビートたけし、デヴィッド・ボウイに坂本龍一出演の大島渚監督作品。

 1983年に日本公開された大島渚監督の「戦場のメリークリマス」。主演にデヴィッド・ボウイだけでも豪華ですが、ビートたけし、坂本龍一、それに、内田裕也、ブレイク前に三上博史、ジョニー大倉も出演しており、今となっては、これまた豪華な顔合わせの映画でした。坂本龍一の音楽も印象的であり、戦闘シーンのない戦争映画という触れ込みもインパクトが大きかった作品でした。

6,843 view

戦場のメリークリスマス

戦場のメリークリスマス

戦場のメリークリスマス

 第二次世界大戦下のジャワ山中の日本軍捕虜収容所を舞台に、極限状態におかれた男たちの心の交流を描いた人間ドラマ。「愛のコリーダ」の大島渚監督が、デヴィッド・ボウイ、ビートたけし、坂本龍一といった異色のキャストで撮り上げた話題作。1942年。ジャワ山中の日本軍捕虜収容所。そこには単純で粗暴な軍曹ハラと日本語が流暢な英国軍中佐ロレンス、そして収容所長のヨイノ大尉がいた。そこへある日、英国軍少佐セリアズが連れてこられた……。

「戦場のメリークリスマス」予告編 - YouTube

追悼
出典 youtu.be
 この映画を私は姉と一緒に映画館に見に行ったのですが、三度、見ようとしたのを覚えています。
「もう一回、見よう」
 と姉に提案すると、
「頭が痛いし、なんでそんなに見るのよ!? 二度も見てるじゃない!?」
 と呆れられたのですが…何故、三度も見たかったと言えば、これを見た当時、まだ中学生だったのです…。
「だって二度見ても、なんのことだか、さっぱりわからんのんだもん」
 と私(^_^;)
「中学生には早かったかもね…私は帰るし」
 と姉、冷たく言い放ち…(^^ゞ
 結局、二度、見たわけですが、中学生の私には、この映画をまったく理解できなかったのを覚えています。
 が…、その後、高校生になり、やっと「そういう意味があったのか…」と思えたものにも出会えました。
(その辺も後程…)

監督・脚本

大島渚

大島渚

 脚本にはもう一人、ポール・メイヤーズバーグも参加されています。

キャスト

ジャック・セリアズ英軍少佐

デヴィッド・ボウイ

デヴィッド・ボウイ

セリアズ役には、ほかにもロバート・レッドフォードやニコラス・ケイジにも声をかけていたようですが、いずれも断られたために、ボウイに決まったようです。
適役だったと思いますよ!
出典 ameblo.jp

ヨノイ大尉(レバクセンバタ俘虜収容所所長)

坂本龍一

坂本龍一

ヨノイ大尉役も三浦友和、沖雅也、滝田栄、沢田研二、友川カズキなどの名前もあったそうでうが、スケジュールの都合で坂本龍一さんに決まったようです。
坂本龍一さん、音楽ではサイコーなのですが、俳優という意味では、ちょっと「大根さん」(^_^;)のような気がします…。

ハラ・ゲンゴ軍曹

ビートたけし

ビートたけし

ハラ軍曹役もやはり、当初は、緒形拳や勝新太郎などの名前があったそうですが、これも不可能になり、たけしさんになったようですね。
でも、たけしさん、映画初出演なのに印象に残りましたし、その後、監督として映画制作もはじめられたので、この出演も最適だったと思います。
ジョン・ロレンス英軍中佐 - トム・コンティ
ヒックスリー俘虜長 - ジャック・トンプソン
拘禁所長 - 内田裕也
イトウ憲兵中尉 - 三上寛
カネモト(朝鮮人軍属) - ジョニー大倉
デ・ヨン(オランダ軍兵士) - アリステア・ブラウニング
ウエキ伍長 - 飯島大介
ヤジマ一等兵 - 本間優二
ゴンドウ大尉 - 室田日出男
軍律会議通訳 - 戸浦六宏
フジムラ中佐(軍律会議審判長) - 金田龍之介
イワタ法務中尉(軍律会議審判官) - 内藤剛志
軍律会議検察官 - 石倉民雄
日本兵(俘虜収容所勤務) - 三上博史,車邦秀
セリアズの弟 - ジェイムズ・マルコム
三上博史さんも出演されていたとは…!

音楽

音楽は、坂本龍一。
今回は、映像も入っていたので、ジャパン(バンド)のデヴィッド・シルビアンとコラボした「Forbidden Colours (禁じられた色彩)」の方を選びました。

Sylvian & Sakamoto - Forbidden Colours - YouTube

Vocal version of the theme from "Merry Christmas Mr Lawrence".
禁じられた色彩
出典 youtu.be
54 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

愛知県長久手市にある愛・地球博記念公園を「ジブリパーク」に――このたび、愛知県とスタジオジブリが愛・地球博記念公園に開業を目指している「ジブリパーク」の基本デザインがまとまり、2022年度に開業を目指すことで一致したことが明らかとなりました。
隣人速報 | 3,544 view
12月1日は映画の日! アンケート《ペットと言って思いつく映画》 1位は「101匹わんちゃん」

12月1日は映画の日! アンケート《ペットと言って思いつく映画》 1位は「101匹わんちゃん」

12月1日《映画の日》にちなんで、アイペット損害保険株式会社はペットが出てくる映画に関する調査を実施しました。対象は犬・猫の飼い主。調査の結果、最も人気だったのは「101匹わんちゃん」。他にもあの映画たちがランクインしています。
東京ディズニーランドの「イッツ・ア・スモールワールド」34年の幕を下ろす。2018年春にリニューアル!!

東京ディズニーランドの「イッツ・ア・スモールワールド」34年の幕を下ろす。2018年春にリニューアル!!

東京ディズニーランドのアトラクション「イッツ・ア・スモールワールド」が2月末に34年の歴史に幕を下ろし、ネット上では惜しむ声が上がっている。
red | 2,553 view
山本政志監督による伝説の映画『ロビンソンの庭』がデジタルリマスター化!?現在クラウドファンディングを実施中!!

山本政志監督による伝説の映画『ロビンソンの庭』がデジタルリマスター化!?現在クラウドファンディングを実施中!!

ロカルノ映画祭審査員特別賞、ベルリン映画祭zitty賞、日本映画監督協会新人賞を受賞した、1987年公開の山本政志監督劇場映画デビュー作『ロビンソンの庭』。現在入手困難となっている名作が、デジタルリマスター化を目指しクラウドファンディングを実施中です!
隣人速報 | 709 view
家族ゲーム、肉弾、サード、竜馬暗殺…伝説の映画会社「ATG」の作品がDVD&Blu-rayで一挙に登場!!

家族ゲーム、肉弾、サード、竜馬暗殺…伝説の映画会社「ATG」の作品がDVD&Blu-rayで一挙に登場!!

1960年代に発足し、既存の日本映画とは一線を画した傑作の数々を世に送り出した伝説の映画会社「日本アート・シアター・ギルド(ATG)」。この度、ATGが世に送り出した作品群がDVD&Blu-rayとなって一挙に発売されることが明らかとなりました。発売予定日は2019年2月13日。
隣人速報 | 700 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト