『キララとウララ』斬新なテクノ歌謡でデビューした美少女アイドル・デュオ
2016年12月5日 更新

『キララとウララ』斬新なテクノ歌謡でデビューした美少女アイドル・デュオ

メンバーのキララ(大谷香奈子)が小室哲哉の元妻であったことでも知られる美少女アイドル・デュオ『キララとウララ』。 先進的で斬新なテクノ歌謡を打ち出しながら、ブレイクすることなく1986年に解散。 当時は『ピンクレディー2世』と呼ばれ、現在では『昭和のPerfume』と言われる異色のアイドルについて動画&画像による活動詳細と、メンバー二人の現在を紹介。

6,331 view

テクノ歌謡の美少女アイドル・デュオ『キララとウララ』

先進的で斬新なテクノ歌謡(テクノポップ)。
アグレッシブな戦略で打ち出された美少女アイドル・デュオ『キララとウララ』。

『ピンクレディ2世』と言われながら、ヒット曲に恵まれずブレイクできなかった美少女アイドル・デュオについて紹介。
キララとウララ

キララとウララ

右がキララこと、大谷香奈子
1966年8月24日生まれ
千葉県出身。血液型はO型。
身長159cm、B82W58H85、体重45kg(1984年時点)

左がウララこと、天野なぎさ
1966年9月29日生まれ
千葉県出身。血液型はA型。
身長156cm、B83W60H85、体重48kg(1984年時点)

『キララとウララ』、異色のネーミング理由

「〇〇と〇〇」みたいなグループ名はアイドルとして非常に珍しい名称である。

中学1年生で同級生になってから、ずっと仲良しだった大谷香奈子と天野なぎさ。
レコードデビュー前は、普通に『香奈子&なぎさ』として活動していた。
『香奈子&なぎさ』時代の写真

『香奈子&なぎさ』時代の写真

右がキララ(大谷香奈子)
左がウララ(天野なぎさ)
『香奈子&なぎさ』として、雑誌・グラビアの活動をしていた二人だが、レコードデビューする際に事務所の社長に芸名はどうするのか聞かれ、自分たちで考えた『キララとウララ』を使いたいと答えたという。

『キララとウララ』のネーミングは仲良く遊んでいた中学時代にすでに決めていた。
学校で歌いながら星を観察する「星を見る会」があり、「ああ、キララって光ってる星がある」と冗談で言ったところ、「その呼び名いいね!」ということになり、「じゃあ、もうひとつの呼び名はウララって感じじゃない」ということで『キララとウララ』というコンビ名が誕生。
そして、大谷の方が「キラキラ」しているイメージだった為、キララが大谷に決定し、天野がウララに決定したという。

当時は芸名の由来を事務所が「こう答えなさい」と指示することも多く、このネーミング理由が真実である確証はないが、中学生二人が考えたネーミングで、一緒にアイドルデビューできたのであれば、とても強い縁と絆が成し得た奇跡ではないだろうか。

『キララとウララ』のコンセプトは、『80年代のピンクレディー』

1982年にデビューした中森明菜、小泉今日子、石川秀美、堀ちえみ、早見優ら『アイドル 花の82年組』の陰に隠れて活躍できなかった『不遇の83年組』を見て、徹底的に差別化を考えて『キララとウララ』はプロデュースされた。

ソロアイドルが全盛の中、二人組のアイドル・デュオとしてデビュー。
そして、派手な衣装と個性的な振付け。
1970年代後半に一世を風靡したデュオのアイドル『ピンクレディー』を強く意識した。

『キララとウララ』のレコード会社も、ピンクレディーと同じビクター音楽産業。
ピンクレディーでの成功体験を持つスタッフの「あのブームをもう一度!」という思いも影響したのではないかと推測したくなる。

歌はシンセサイザーなどの電子楽器を使ったテクノサウンドを取り入れたテクノ歌謡。
榊原郁恵『ROBOT』(1980年)や、イモ欽トリオ『ハイスクール・ララバイ』(1981年)など、それまでもテクノ歌謡はいくつかリリースされていたが、『センチ・メタル・ボーイ』では「未来」と「宇宙」をイメージしテクノ要素を強調した。

ピンクレディーっぽい路線で懐かしさを、テクノ歌謡で新しさを。
相反する二つの要素を融合させたのが『キララとウララ』である。

1984年8月1日、『センチ・メタル・ボーイ』でデビュー

勘違いして覚えている人も多いが、『センチメンタル・ボーイ』ではなく、『センチ・メタル・ボーイ』。
想いが通じない人を歌詞では「鉄のハート」と称しており、センチメンタルになる自分と鉄(メタル)な相手をかけたネーミングになっている。
キララとウララ『センチ・メタル・ボーイ』

キララとウララ『センチ・メタル・ボーイ』

1984年8月1日リリース
作詞:売野雅勇/作曲・編曲:井上大輔

作詞には、中森明菜「少女A」、郷ひろみ「2億4千万の瞳」などの売野雅勇。
作曲には、フィンガー5「学園天国」、シブがき隊「NAI・NAI 16」などの井上大輔。
数多くのヒットソングを手がけてきた二人を起用した。

キララとウララ『センチ・メタル・ボーイ』

「宇宙人(みたいな)相手への片想い」が曲のテーマ。
コミュニケーションの比喩としてモールス信号が歌詞に登場し、イントロもモールス信号を意識した音になっている。
水・金・地・火・木・土・天・海・冥のエフェクト音声も新鮮だった。
安室奈美恵など踊りながら歌うスタイルの歌手が多用するインカム(ヘッドセットマイク)は、1980年代半ばではとても珍しくインカムを使用したアイドルとしては『キララとウララ』が元祖だったと言われている。
まだインカムが高額な頃で、当時の金額にして200万円かかったという。

徹底した差別化戦略でデビューした『キララとウララ』。
しかし、デビュー曲「センチ・メタル・ボーイ」はタイアップもなく、大きな話題とならずにヒットしなかった。

デビュー当初は使っていた『宇宙のララ星から来た二人』という小倉優子『コリン星』の元祖みたいなキャッチコピーはあっさり捨てた…

以降、試行錯誤を繰り返しながら発売した『キララとウララ』の全シングルを紹介。

『キララとウララ』2ndシングル「多感期のフラミンゴ」

キララとウララ『多感期のフラミンゴ』

キララとウララ『多感期のフラミンゴ』

1985年3月5日リリース。
作詞:売野雅勇/作曲・編曲:井上大輔・青木望

「センチ・メタル・ボーイ」と同じく、売野雅勇&井上大輔のコンビを起用。
前曲から半年以上も開いていることから、この頃から路線の試行錯誤が始まっていたと推測できる。

キララとウララ『多感期のフラミンゴ』

本人達も出演したキリンの清涼飲料水「Kilala(キララ)」CMソング。
人気歌番組『ザ・ベストテン』の放映時間内にこのCMが流れてたが100位以内にも入ることができなかった。
この『多感期のフラミンゴ』のCMソング起用には謎がある。
商品名は『Kilala(キララ)』。
まさに『キララとウララ』とタイアップする為に生まれた商品のネーミング。
(ウララの立場は微妙だが…)
発売開始も『キララとウララ』と同じ1984年。

なのに、『Kilala(キララ)』が新発売された時のCMは歌も出演も原田知世だったのだ。

【CM】KIRIN キララ 新発売 原田知世(1984年)

歌は原田知世が主演を務めた角川映画『愛情物語』と同名の挿入歌。
当初は『キララとウララ』がCMに起用されるはずだったのが、当時全盛だった角川パワーによって割り込まれてしまったのか。
それとも、偶然に『キララ』の名を含んだアイドルデュオがいたので発売翌年に起用してみたのか。
真相はいまだ明らかにされていない。
52 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

三浦彩香?遠峯ありさ?小室ファミリーを代表する華原朋美(朋ちゃん)ってアイドル時代は何やってたの!?

三浦彩香?遠峯ありさ?小室ファミリーを代表する華原朋美(朋ちゃん)ってアイドル時代は何やってたの!?

小室ファミリーを代表する歌手のひとりであった「朋ちゃん」こと華原朋美。1995年の歌手デビュー以前に、三浦彩香、遠峯ありさという芸名でアイドルとして活動していたのを皆さんご存知でしょうか?この記事では、彼女が歌手となる前の活動をクローズアップしたいと思います。
ミドルエッジ男子必見!河合奈保子“伝説のビキニ”が「デジタル写真集」として配信開始!!

ミドルエッジ男子必見!河合奈保子“伝説のビキニ”が「デジタル写真集」として配信開始!!

80年代を代表するアイドルのひとり、河合奈保子を特集した1982年発行の雑誌「別冊近代映画 河合奈保子スペシャルパート3」が、このたびデジタル写真集として配信をスタートしました。
隣人速報 | 10,604 view
ミドルエッジ世代の男女が選ぶ「かつては美少女だったと思う美熟女タレント」が決定!注目の第1位は!?

ミドルエッジ世代の男女が選ぶ「かつては美少女だったと思う美熟女タレント」が決定!注目の第1位は!?

ランキングサイト「ランキングー!」にて、40~60代の男女3,222名に「かつては美少女だったと思う美熟女は?」というアンケート調査が実施されました。注目の第1位は誰なんでしょうか?10位から順にご紹介したいと思います!
隣人速報 | 42,317 view
大場久美子(58)がナイスバディ過ぎるビキニ姿を披露!還暦前にはとても見えないと話題に!!

大場久美子(58)がナイスバディ過ぎるビキニ姿を披露!還暦前にはとても見えないと話題に!!

歌手・女優として活躍する大場久美子(58)が、自身のブログにてキッチンで撮影したビキニ姿を披露しました。還暦前とは思えないその若々しい姿が、現在ネットを中心に大きな話題となっています。
隣人速報 | 52,823 view
「貝殻ビキニ」で有名な武田久美子(50)が久々に披露したビキニ姿が若々しすぎると話題に!!

「貝殻ビキニ」で有名な武田久美子(50)が久々に披露したビキニ姿が若々しすぎると話題に!!

80年代から90年代にかけてグラビアで活躍した女優・武田久美子が、自身のブログにて久しぶりとなるビキニ姿を披露、その美しさが話題となっています。
隣人速報 | 20,835 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト