実話だけに辛すぎる結末!映画「ボーイズ・ドント・クライ」のモデルとなった事件とは?
2022年1月1日 更新

実話だけに辛すぎる結末!映画「ボーイズ・ドント・クライ」のモデルとなった事件とは?

1990年代前半に起こった事件を映画化した「ボーイズ・ドント・クライ」は、心は男性なのに性別は女性として産まれたブランドン・ティーナの人生を描いています。自分の心に忠実に生き、恋をしただけなのに、偏見や差別、そして嫉妬から事件に巻き込まれて悲劇的な結末を迎えてしまうブランドン・ティーナ。アメリカはマイノリティに理解があるというイメージですが、わずか20数年前に起きた事に大きなショックを受ける作品です。

479 view

映画のモデルになったブランドン・ティーナの生い立ち

誰もいない道 - No: 22031938|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (2328454)

まずは映画「ボーイズ・ドント・クライ」のモデルになった事件の概要をご紹介します。
事件が起こった年:1993年
被害者:ブランドン・ティーナ
生年月日:1972年12月12日
出身地:アメリカネブラスカ州リンカーン
産まれる前に父親を亡くしたブランドンは、3歳上の姉と共に祖母のもとで育てられていましたが、3歳になると母親が引き取っています。
姉と共に幼少時から叔父に性的虐待を受けていたブランドンは、その件でカウンセリングを受けた事もありました。
小さい頃はお転婆だと思われていたブランドンでしたが、青年期に入ると自分は男性だと自認するようになり、女子とデートする事もあったのです。
でも母親はブランドンの心が男性であることを認めず、女性との恋愛も認めようとはしませんでした。
辛い思いをしてきたブランドンは、法的なトラブルにも見舞われたため20歳の時にリチャードンソン郡へ引っ越して男性として生活を始めるようになったのです。
そして恋愛関係になるラナや事件の加害者となるジョン・L・ロッターやマーヴィン・トーマス・ニッセンとも知り合いました。

事件の概要

Amazon | ボーイズ・ドント・クライ [AmazonDVDコレクション] | 映画 (2328472)

中性的な容姿と柔らかい物腰で、ハンサムな女の子として転居した町で人気者になったブランドン。
ラナと恋愛関係に発展し、性行為を持ちます。
ただラナを愛撫しても、自分は決して裸になりません。
ブランドンは身体が女性である事を、恋人のラナにも隠していたのです。
そして小切手偽造で逮捕されたブランドンは、新聞に性別が女性と掲載された事で、身体が女性であることがバレてしまったのでした。

Boys Don't Cry (1999) [Trailer]

刑務所に入っている時に手紙で励ましてくれたラナを密かに好きだったジョンですが、ソフトで不思議な魅力のあるブランドンが恋人なら許せると思っていました。
でもブランドンが実は女性である事を知り怒り狂います。
ラナの前でブランドンの下着を脱がせ、女性である事を確認させました。
ブランドンにとって自分の身体は認めたくないし、誰にも見せたくないはずだった事は容易に想像がつきます。
そんなブランドンにとって好きな女性の前で、自分の身体を見られる事は耐え難い屈辱でした。
それでもブランドンを愛するというラナでしたが、ブランドンはジョン達に連れ去られレイプされてしまったのです。
無理矢理下着を脱がせて確認させるシーンや、暴力的なレイプシーンは胸をえぐられるほど見ていて辛いです…。
ジョンたちは性欲というより、ブランドンを傷つけ辱める事が目的で性的虐待を加えているように見え、あまりにおぞましく残酷なシーンでした。

結末

ラナの母親も2人の交際に反対していましたが、ブランドンがレイプされた事を知ると警察に届ける事を勧めます。
そして警察に届け出たブランドンですが、理解のない捜査官にアレコレ聞かれて余計に傷ついてしまったのでした。
まるでセカンドレイプ…。
そして捕まったジョンとトーマスは、警察に届けたブランドンのことを怒り狂って探します。
ラナの友人の家に匿われていたブランドンとラナは、街を出て2人で暮らそうと将来の事を語り合い、ひと時の幸せを味わっていました。
でもジョンとトーマスが友人の家にいるブランドンを探しあて、友人の子供の前で友人を射殺します。
そしてブランドンも射殺されてしまいました。
実話だから仕方ないのですが、ずっと一人で自分の性に苦しんできたブランドンが、やっと最愛の女性に巡り合い二人で幸せになる前に殺されてしまうという結末は受け止める事が難しいです。

なぜブランドンは殺されたのか?

The Brandon Teena Story (Legendado)

この事件のあったネブラスカ州リンカーンは、保守的な田舎です。
この街で髪を切り、男恰好をして男として出かけるブランドンに、「バレたら殺される」と忠告するゲイの従兄弟。
性別が女性なのに男性として生きる事は、差別や偏見を通り越して、殺されかねない程大変な事なのです。
トランスジェンダーへの偏見はアメリカより日本の方があるように思いますが、殺されるほど憎悪の対象になるなんて考えられません。
アメリカは広いので都市部と田舎など、場所によって全然違うようですね。
心は男性で恋愛対象が女性なのですから、その事実を変える事の方がブランドンにとっては無理な事なのに、無理解な人達に囲まれる絶望。
その中でやっと出会えた愛しい恋人。
何も悪くないブランドンに次々に襲い掛かる悲劇、そして救いのない結末。
これは1993年に起こった事件ですが、こんな事件が2度とないように、誰もが自分の心に正直に生きられる世界になる事を願ってやみません。

まとめ

今回は「実話だけに辛すぎる結末!映画「ボーイズ・ドント・クライ」のモデルとなった事件とは?」についてご紹介しました。救いのない結末の辛すぎる事件ですが、二度と繰り返してはいけないと考えさせられる事件ですね。
16 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「復讐するは我にあり」戦後最悪連続殺人事件の実際の逮捕劇の真相とは?

「復讐するは我にあり」戦後最悪連続殺人事件の実際の逮捕劇の真相とは?

日本で実際にあったシリアルキラーによる殺人事件は1960年代に起こっていた!その名も『西口彰事件』。映画『復讐するは我にあり』を見るだけでは足りない事実とは?映画よりもおぞましい時間がそこにはあったその事実とは?
あおい@ | 1,250 view
映画『冷たい熱帯魚』の元になったシリアルキラー・関根元が神を信じた理由がすごい!

映画『冷たい熱帯魚』の元になったシリアルキラー・関根元が神を信じた理由がすごい!

2010年公開映画『冷たい熱帯魚』は実話です!日本で起こったサイコパス・シリアルキラーが起こした埼玉愛犬家連続殺人事件が元になっています。その残忍殺人事件の犯人で元死刑囚の関根元の人間像をまとめていきます。殺人犯なのに「神を信じる」とはどういうことなのかは現役京都の住職の証言により明らかにされています、必見です。
あおい@ | 1,920 view
怖すぎる!映画化された事件

怖すぎる!映画化された事件

昔、世間を騒がせた事件が映画化されることってたまにありますよね。 調べてみると実際におこった事件を映画化したものって結構多くありました。 今回は実際におこった事件を映画化したものをご紹介します。
やすたけ | 33,098 view
映画『顔』15年もの逃走劇で有名な殺人犯・福田和子の実話を基に、阪本順治が描いた稀有な人生

映画『顔』15年もの逃走劇で有名な殺人犯・福田和子の実話を基に、阪本順治が描いた稀有な人生

阪本順治監督、主演・藤山直美で描いた映画は『顔』。約15年にも及ぶ逃走劇で有名な福田和子の実話を基にしている。「日本アカデミー賞」や「2000年度の日本映画ベスト・テン1位」を受賞している。
ひで語録 | 25,550 view
長野五輪金メダリストの里谷多英の公然わいせつ事件の真相は?

長野五輪金メダリストの里谷多英の公然わいせつ事件の真相は?

2022年は冬季北京オリンピックが開催されますね。1998年に日本で開催された長野オリンピックの女子モーグルで金メダルを獲得した里谷多英を覚えていますか?里谷多英が金メダルを獲得した事で、美少女上村愛子と共に一気にモーグルが注目されました。そんな里谷多英ですが、意外にも豪快で破天荒な性格な様で公然わいせつ事件として話題になった事があります。今回はそんな里谷多英の公然わいせつ事件についてご紹介します。
そうすけ | 866 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト