地方の星は本当はこの馬!!メイセイオペラ
2016年11月25日 更新

地方の星は本当はこの馬!!メイセイオペラ

地方競馬から中央競馬へ…ハイセイコーやオグリキャップなど時代のスターホースが 歩んだ道だが、地方競馬に所属をしたまま中央のG1レースを制覇したのはメイセイオペラが 唯一無二である。TV化もされた彼の偉業を追っていきたい。

4,945 view
未来に語り継ぎたい名馬 (1570230)

メイセイオペラは父グランドオペラ母の父タクラマカンという、ある意味地方競馬らしい渋い血統である。通算成績は35戦23勝、G1レースは中央のフェブラリーSを含む3勝という輝かしい成績である。
出典 prc.jp

デビューから本格化まで

1996年に地方盛岡競馬場でデビューしたメイセイオペラは、徐々に頭角を現し
6戦目から9連勝、しかもほとんどが圧勝で、岩手の怪物トウケイニセイの再来と呼ばれる
ようになる。しかし、中央との交流レース、ダービーGPは2番人気ながらも10着敗退
続くスーパーダートダービーも10着と中央の壁に跳ね返されてしまう。
気を取り直して地方馬との桐花賞は勝利し、古馬を含めた盛岡最強の座についた。

最強のライバル、アブクマポーロ

岩手で敵なしとなったメイセイオペラは全国制覇のため、遠征を試みる
交流G1の川崎記念が98年の初戦となったが、南関東最強のアブクマポーロに手も足も出ず
4着敗退。この後、ライバルとしてアブクマポーロとは何度も死闘を繰り返すこととなる。
地元のレースを勝利し、再度遠征、帝王賞に駒を進めるが、ここでもアブクマポーロの
3着と雪辱ならずだった。しかし、中央馬を相手に互角以上にやれていることも事実で
ここからメイセイオペラのさらなる快進撃が始まるのであった。
第48回 川崎記念 (1570243)

ライバルへの雪辱

地元岩手のレースでは中央馬だろうとまったくの敵なし、メイセイオペラは中央交流レースも含め連勝、そして地元の交流G1南部杯に駒を進める。今まで挑戦する立場のメイセイオペラだったが、今度はライバルアブクマポーロが盛岡に遠征してきたのである。地元の期待を受け、負けられない一戦でメイセイオペラは見事にライバルへ雪辱を果たし、初めてのG1制覇を飾る。
しかし、次走東京大賞典では、今度は迎え撃つアブクマポーロに歯が立たず2着。それでも中央の馬には先着しているので、立派な成績と言えるだろう。
南部杯優駿伝説 ... 第19話 メイセイオペラがくれたもの / 赤見千尋さん (1570242)

中央G1レース制覇

1999年、初戦に選んだのは、中央のG1レースフェブラリーSだった。
ライバル、アブクマポーロは川崎記念へ進んだため、中央のG1レースとは言え、十分勝負になるレースだった。メイセイオペラは2番人気に支持され、直線鋭く抜け出すと後続に2馬身差をつけ優勝。地方所属馬による初めての中央G1レース制覇となった。
水沢から大挙押し寄せたファンたちは歓喜に沸き、鞍上の菅原に対する「イサオコール」が鳴りやまなかった。
 (1570250)

1着 9番 メイセイオペラ 牡5 57 菅原勲 1.36.3 2人 2着 12番 エムアイブラン 牡7 57 武豊 2身 7人 3着 10番 タイキシャーロック 牡7 57 横山典弘 クビ 4人 4着 13番 オースミジェット 牡5 57 四位洋文 1/2身 3人 5着 7番 キョウエイマーチ 牝5 55 秋山真...

故障、そして引退

中央のG1レースを勝ったとはいえ、ダート最強の名を称するにはアブクマポーロを倒さなければいけない。しかし、アブクマポーロは故障で引退、ライバル不在となったメイセイオペラは年末まで連勝街道をまっしぐら、しかし、年末の東京大賞典で1番人気ながら、11着に敗れると、フェブラリーSも4着敗退、帝王賞も11着、その後故障を発生し、引退を余儀なくされる。決して早熟の血統では無く、これからさらに強くなる可能性があっただけに惜しい引退であった。
第45回東京大賞典観戦記 (1570236)

その後の地方馬

メイセイオペラが引退した後、地方所属のままで中央のG1レースを勝利した馬はいない(2016年2月現在)アジュディミツオーやフリオーソ、さらに中央のクラシックレースを沸かせたコスモバルクがいたが、G1には手が届いていない。メイセイオペラがどれだけの偉業を果たしたかがよくわかる。ハルウララのように別の意味で沸かしてくれる馬もいたが、やはり競走馬は強くてなんぼの世界である。ダートグレードがだいぶ整備された今、中央馬をなぎ倒す強い地方馬が出てきてほしいものである。
 (1570248)

 (1570247)

32 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

1990年代の主なG1馬たちの血脈のその後について調べてみた!(1997年編)

1990年代の主なG1馬たちの血脈のその後について調べてみた!(1997年編)

競馬はブラッドスポーツと呼ばれるくらい血統を重視する。そしてその優秀な血脈は、血統表にいつまでも残り続けるものだ。今回は、1990年代に活躍したG1馬達の血脈が、20年以上経った2020年の今、どうなっているか調べてみた。(今回は1997年のクラシック世代編)
saoriママ | 125 view
ロベルト・ヘイロー時代に敢然と立ち向かった父内国産馬!  メジロブライト

ロベルト・ヘイロー時代に敢然と立ち向かった父内国産馬! メジロブライト

「ロベルト・ヘイロー系」種牡馬全盛の時代に抵抗し続けた「父内国産馬」メジロブライト。クラシック時代の勝ちきれなさ、G1の勝ち星ともに父に似たもどかしいものではあったが、その成績を超えた存在感もまた父譲りのものであった。
saoriママ | 111 view
菊の舞台でも福が来た!刹那の輝きを見せた馬  マチカネフクキタル

菊の舞台でも福が来た!刹那の輝きを見せた馬 マチカネフクキタル

 同期のマチカネワラウカドとペアで名前を付けられたマチカネフクキタル。遊び心から付けられた言葉が4歳(今の3歳)の秋に一気に現実となった。馬主にとっても馬にとっても待ちかねた戴冠。しかしその活躍は、刹那的なものでもあった。
saoriママ | 116 view
シルバーコレクターでは終わらなかった。引退間際に見せた光。そして今もなお輝きを増し続けている。  ステイゴールド

シルバーコレクターでは終わらなかった。引退間際に見せた光。そして今もなお輝きを増し続けている。 ステイゴールド

 重賞もなかなか勝てないのにG1では2着、3着に健闘する小柄な馬。競馬ファンは、そんな不思議な「頑張り屋」を、いつしか馬券度外視で応援するようになっていった。しかし、そんな温かい目すら、「違うよ」と言わんばかりに、彼は競馬ファンの想像を遥かに超えるポテンシャルを示していくことになる。
saoriママ | 163 view
【訃報】ミホノブルボンらとともに90年代前半の競馬を盛り上げた「ウィッシュドリーム」が死亡。

【訃報】ミホノブルボンらとともに90年代前半の競馬を盛り上げた「ウィッシュドリーム」が死亡。

ミホノブルボンらとともに、90年代前半の競馬を盛り上げたウィッシュドリームが、9月8日に死亡していたことが明らかとなりました。31歳でした。
隣人速報 | 250 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト