史上最強の逃げ馬!!サイレンススズカ
2016年11月25日 更新

史上最強の逃げ馬!!サイレンススズカ

1998年11月1日の天皇賞秋、圧倒的一番人気だったサイレンススズカに悲劇が 訪れた。レース中の骨折、安楽死、サイレンススズカの一生はそこ終わりを迎えてしまった。まだまだどこまで強くなるかわからなかったサイレンススズカの一生を振り返りたい。

4,777 view
 (1588511)

サイレンススズカは父サンデーサイレンス母ワキア
大逃げというレーススタイルを確立し、ターフを駆け抜けた名馬である。

デビュー戦の圧勝とゲート難

サイレンススズカのデビューは年が明けて3歳になってからだった。鞍上に上村洋行をむかえて、圧勝。デビューしたばかりの馬だったが、クラシック候補の声が上がる。
しかし、2戦目に迎えた弥生賞でサイレンススズカはゲートをくぐってしまい、外枠発走、挙句の果てに出遅れ、皐月賞の切符を逃してしまうが、ある意味サイレンススズカを有名にした一戦と言っても良いだろう

1997年 弥生賞 5枠8番サイレンススズカ(8着)

日本ダービーを目指す

仕切り直しの条件戦はまたも圧勝。まともに走れば強いのだ。続く日本ダービーの切符をかけたトライアルのプリンシパルステークスはさすがに相手が強化されたか、最後詰め寄られながらも勝利をし、ダービーへと駒を進める。ダービーでは同型逃げ馬サニーブライアンがいたため、控える競馬を試みるも、掲示板にものれず敗退。大物と騒がれながらも結果を出せなかった春だった。
プリンシパルステークスメモリアル(サイレンススズカ) - デジカメ競馬日記(重賞プレイバック) (1588505)

新たなパートナーとの出会い

秋になり、神戸新聞杯を2着、古馬に挑んだ天皇賞秋は逃げて見せ場たっぷりの6着、続くマイルチャンピオンシップはマイルとハイペースの二重苦で15着敗退。暮れの香港国際カップは逃げてあわやと思わせるが、5着敗退。結果、秋は1勝もできなかったが、香港でタッグを組んだ武豊騎手との出会いがこの馬の翌年からの快進撃につながることとなる。
 (1588508)

快進撃

古馬になったサイレンススズカはオープン特別のバレンタインステークスから始動し、中山記念、小倉大賞典と重賞レースを連勝。完全に本格化をする。
さらに次走の金鯱賞はミッドナイトベットやマチカネフクキタルを相手に大差のレコード勝ち、G1宝塚記念も勝利し、半年で負けなしの5連勝。一気に頂点に駆け抜けたサイレンススズカだった。

1998年4月18日(土) 2回中京7日 11R 第32回 小倉大賞典(GⅢ) サラ系4歳以上 1800m 芝・左 オープン ハンデ 天候:曇 芝:良 1番人気 14番サイレンススズカ(武豊) 2番人気 6番ツルマルガイセン(高橋亮) 3番人気 13番ナムラキントウン(秋山真一郎) レース結果 着差 人気 1着⑭...

実況:ラジオたんぱ・藤田直樹アナ/ファンファーレ入り・ノーカット 芝・左 2000m サラ系4歳上 オープン (混合)[指定] 別定 晴/良 1 サイレンススズカ 2 ミッドナイトベット 3 タイキエルドラド 動画も貼れる競馬SNS掲示板 競馬ナンデ | 予想・回顧アーカイブス http://www.keiban...

史上最高のG2

サイレンススズカは秋の天皇賞を目指し、毎日王冠から始動する。
このレースには無敗の3歳馬、エルコンドルパサーとグラスワンダーも出走しており
G2レースながらも入場者数は13万人を超え、G1以上の盛り上がりを見せた一戦は
サイレンススズカが後続に影も踏ませない逃げ切り勝ち。
史上最高のG2を制したサイレンススズカは、最高の状態で秋の天皇賞へ
駒を進めるのであった。

運命の天皇賞秋

11月1日に行われた1998年の天皇賞秋。サイレンススズカは1枠1番と逃げ馬にとって
最高の枠を手に入れ、当然のごとく単勝オッズは1.2倍の一番人気、天皇賞秋は
不思議と一番人気が勝てないレースで、府中には魔物が住んでいると言われていたが
さすがに今年はそのジンクスも破られるだろうと思われていた。
ゲートを勢いよく飛び出したサイレンススズカは1000メートルを
56秒台で駆け抜ける。誰もが楽勝、そう思った後続を大きく離して迎えた3コーナー過ぎで悲劇が起こる。
左前脚手根骨粉砕骨折
サイレンススズカはゴール板を駆け抜けることなく、その生涯を閉じた。
33 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

GI6勝の武幸四郎騎手が引退。兄・豊とは史上初の「最多勝利新人騎手」を兄弟で受賞!

GI6勝の武幸四郎騎手が引退。兄・豊とは史上初の「最多勝利新人騎手」を兄弟で受賞!

日本中央競馬会(JRA)は、調教師4人、騎手2人が引退すると発表した。その中には武豊騎手(47歳)の弟でGI6勝を挙げた武幸四郎騎手(38)=栗東・フリー=もおり、武は今月末で引退する。
20世紀最後の大スター「オグリキャップ」地方でも中央でも燦燦と輝いた芦毛の怪物!!

20世紀最後の大スター「オグリキャップ」地方でも中央でも燦燦と輝いた芦毛の怪物!!

地方での圧倒的強さをもって中央へ飛躍。ハイセイコー以来の超人気馬として競馬界に君臨し、熱狂的な競馬ブームを巻き起こしたサラブレッド、「オグリキャップ」を振り返る
ナベゲン | 7,286 view
長い下積みから大輪の華を咲かせた、屈強のサラブレッド「イナリワン」

長い下積みから大輪の華を咲かせた、屈強のサラブレッド「イナリワン」

大井競馬場でデビュー後、4歳まで地方で競走馬生活を送り、5歳になってやっと中央入り、その後GⅠ制覇を果たし、オグリキャップ・スーパークリークとともに「平成3強」と呼ばれるまでになった「イナリワン」を振り返る。
ナベゲン | 2,350 view
芦毛伝説を継ぐ名優!メジロマックイーン

芦毛伝説を継ぐ名優!メジロマックイーン

1990年、中央競馬を賑わせたオグリキャップが引退した。しかし、その年の菊花賞で新たな芦毛のスターが誕生した。 それがメジロマックイーンである。親子三代天皇賞馬という偉業も達成した彼の軌跡を追いたい。
hirokibulk | 1,678 view
母と仔が築いた夢!アドマイヤベガ

母と仔が築いた夢!アドマイヤベガ

アドマイヤベガは二冠牝馬ベガの初年度産駒であり、日本ダービーを制した名馬である。 しかしながら、その道のりは決して平坦ではなかった。 そんなアドマイヤベガの生涯を追っていきたい。
hirokibulk | 1,147 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト