オフコースと言えば何人組を思い浮かべますか?初期の「3人時代のオフコース」の魅力!!
2018年9月10日 更新

オフコースと言えば何人組を思い浮かべますか?初期の「3人時代のオフコース」の魅力!!

「さよなら」「言葉にできない」「愛を止めないで」などのヒット曲で有名なオフコース。ミドルエッジ世代の皆さんが彼らを思い出すとき、「5人編成」もしくは「4人編成」の姿を思い浮かべると思いますが、実はデビュー時は3人編成でした。

1,384 view

オフコースって「5人時代」「4人時代」が有名ですが…

「さよなら」「言葉にできない」「愛を止めないで」などのヒット曲で有名なオフコース。小田和正が所属していたグループとしてもあまりにも有名です。ミドルエッジ世代の皆さんが彼らを思い出すとき、「5人編成」もしくは「4人編成」の姿を思い浮かべると思いますが、実は彼らはメンバーチェンジを繰り返しておりデビュー時は3人編成でした。この記事では、3人編成だった時代のオフコースについて書いてみたいと思います。
 (2046151)

オフコースの代表曲「さよなら」。こちらは5人編成です。
 (2046159)

1984年のヒット曲「君が、嘘を、ついた」。この時は4人編成でした。

とはいえ元々は「4人組」でした。

オフコースの原型は、1964年に神奈川県横浜市の聖光学院高校に在籍していた小田和正、鈴木康博、地主道夫、須藤尊史の4人が結成したグループで、文化祭で音楽を披露する目的で結成されました。
 (2046176)

こちらが聖光学院高校。神奈川でも屈指の名門です。

1967年、小田・鈴木・地主の3人がオフ・コースを名乗り始める!

高校卒業後、小田は東北大学に、鈴木は東京工業大学にそれぞれ進学。離れ離れになったものの、その後も活動は継続していました。そして1967年、須藤を除く小田・鈴木・地主の3人は“THE OFF? COURSE”と名乗り始めます。この名前は、聖光野球部OB会“オフコース (OF COURSE)”から取ったものです。
 (2046179)

小田が学生時代を過ごした東北大学。
1969年、大学4年生になっていた彼らは社会人になる前の記念にと第3回ヤマハ・ライト・ミュージック・コンテストに出場。予選を順調に勝ち抜き、グランプリ大会では第2位を獲得しました。2位でも凄いことなのですが、ここで1位を取れなかった(ちなみに1位は「赤い鳥」でした)ことが彼らに音楽の世界に留まる決断をさせます。
 (2046177)

こちらが「赤い鳥」。「翼をください」で有名なグループです。

1970年、「群衆の中で」でデビュー!!

1970年4月5日、小田・鈴木・地主の3人は東芝音楽工業よりシングル「群衆の中で」でデビューを飾ります。当時のグループ名は「ジ・オフ・コース」。作詞は当時の売れっ子作家・山上路夫、作曲はベティ・ディーンのペンによるフォークソングで、オリジナル曲ではありませんでした。レコーディングでも演奏はスタジオミュージシャンが行い、本人たちは歌唱のみでした。
 (2046137)

超希少な「群衆の中で」のEP。今となっては数万円のプレミアが付いています。
 (2046138)

こちらがジャケ裏。

ジ・オフ・コース/群衆の中で (1970年)

小林和行が加入、地主道夫が脱退。

シングル「群衆の中で」でデビューはしたものの、売上は低迷し世間の注目を浴びることはありませんでした。そんな中、聖光学院の後輩であった小林和行がベースとして加入、4人編成となります。しかしその直後、今度は地主道夫が建築の道を志すために脱退(後に竹中工務店に入社)。再び3人編成となります。
 (2046140)

1971年に発表された、小田・鈴木・小林の3人編成での唯一のシングル「夜明けを告げに」のEP。こちらも数万のプレミアです。
33 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

さだまさしが所属していたフォークデュオ・グレープの相方「吉田正美」とは?

さだまさしが所属していたフォークデュオ・グレープの相方「吉田正美」とは?

「精霊流し」「無縁坂」といったヒット曲を生み出したフォークデュオ・グレープ。そこでさだまさしの相方であった「吉田正美」を皆さんご存知でしょうか?この記事では、さだまさしの陰に隠れがちな「吉田正美」にスポットを当ててみたいと思います。
フォーク界の重鎮「はしだのりひこ」死去。彼の残した名曲と功績を振り返る!

フォーク界の重鎮「はしだのりひこ」死去。彼の残した名曲と功績を振り返る!

「ザ・フォーク・クルセダーズ」の元メンバーでフォーク歌手として活動していた、はしだのりひこさんが12月2日、死去しました。この記事では、彼の残した名曲と功績を振り返りたいと思います。
隣人速報 | 1,170 view
安室奈美恵が引退!アムラーを生み出したカリスマ歌姫の伝説をまとめてみました!

安室奈美恵が引退!アムラーを生み出したカリスマ歌姫の伝説をまとめてみました!

あの安室奈美恵が、公式HPにて2018年9月16日をもって引退することを電撃発表しました。今年デビュー25周年を迎え、地元・沖縄で凱旋公演を行ったばかりでの今回の発表。日本中が衝撃に包まれています。
隣人速報 | 10,457 view
アルフィーの三億円事件を題材にしたシングル「府中捕物控」が発売中止処分を下されたのをご存知ですか?

アルフィーの三億円事件を題材にしたシングル「府中捕物控」が発売中止処分を下されたのをご存知ですか?

1974年のデビュー以来、現在も破竹の勢いで活躍している長寿グループ「アルフィー」。ミドルエッジ世代としては80年代前半の「メリーアン」「星空のディスタンス」などで有名ですが、そのブレイク以前に、発売中止を余儀なくされたシングルがあるのをご存知でしょうか?
70年代伝説のレーベル「URC」から早川義夫と三上寛のアルバムがアナログレコードで復刻!!

70年代伝説のレーベル「URC」から早川義夫と三上寛のアルバムがアナログレコードで復刻!!

1960年代後半~70年代にかけて個性溢れる名盤を多数世に送り出し、今なお日本の音楽シーンに影響を及ぼし続けている伝説のレーベル「URC」より、早川義夫のソロアルバム「かっこいいことはなんてかっこ悪いんだろう」及び三上寛の「BANG!」が、このたびLPレコードとカセットテープで復刻発売されました。
隣人速報 | 204 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト