東京五輪でのブルーインパルスの活躍で思い出す!GSブーム末期に現れたバンド「ザ・ブルーインパルス」とは?
2021年7月31日 更新

東京五輪でのブルーインパルスの活躍で思い出す!GSブーム末期に現れたバンド「ザ・ブルーインパルス」とは?

東京五輪でのブルーインパルスの雄姿を見て、「昔ブルーインパルスっていうバンドがいたよな?」と思い出してしまったので、記事にしてみることにしました。

303 view

GSブーム末期に颯爽と現れた「ザ・ブルーインパルス」!!

紆余曲折を経て、無事開会式が実施された2020年東京オリンピック。開会式当日の7月23日には、航空自衛隊のブルーインパルスが東京上空を飛行し、SNS上ではブルーインパルスの雄姿を撮影した写真の投稿が相次ぎ、大いに盛り上がっていました。そんなブルーインパルスですが、「そういえば昔グループサウンズ(GS)に“ブルーインパルス”っていうバンドがいたよな?」と思い出してしまったので、このたび記事にしてみることにしました。

五輪で活躍したブルーインパルスはこちらですが…

今回特集する「ザ・ブルーインパルス」はこちら!!

 (2294204)

1968年10月、「太陽の剣」で颯爽とデビュー!!

ザ・ブルーインパルスが結成されたのは1968年のこと。まず名古屋にて「ザ・ダックス」というバンドが長谷幸也(ヴォーカル)、湯村寿明(リードギター)らを中心に結成され、当時隆盛を極めていたジャズ喫茶を中心に活動していました。そして長谷、湯村の2名に、茨城で活動していたバンド「ザ・シャイナーズ」から大越反二(ドラムス)、萩谷清(サイドギター)、矢口隆(ベース)の3名が加わり、1964年の東京オリンピックで活躍したブルーインパルスから名前を取った「ザ・ブルーインパルス」を結成。そして彼らは、当時アイドル的な人気を博していたアメリカのバンド、ザ・モンキーズの前座として日本武道館のステージに立つなど、順調にキャリアを積み重ね、同年10月にレコードデビューを果たすこととなります。
 (2294203)

デビューシングルのタイトルは「太陽の剣」。当時日本ビクターが発足させたばかりのRCAレーベルの第1弾(邦楽)としてリリースされました。作詞は奥村チヨ「恋の奴隷」などで有名ななかにし礼、作曲は赤い鳥「翼をください」などで有名な村井邦彦が担当。このコンビは、同年6月に萩原健一が在籍していたザ・テンプターズの代表曲「エメラルドの伝説」をヒットさせたばかりであり、ザ・ブルーインパルスへの期待も相当なものであったことを伺わせます。シングル「太陽の剣」ですが、イントロのブラスアレンジが印象的なロック色の強いGS系歌謡曲で、ザ・テンプターズが歌っても違和感の無さそうな佳曲だったのですが、オリコン最高位は54位と、小ヒットに留まりました。
 (2294205)

1969年、ムード歌謡へとシフト。

オリコンにチャートインは果たしたものの、大ヒットとまではいかなかったザ・ブルーインパルス。その後も新宿ACB(アシベ)などを中心にライブ活動を精力的にこなしていた彼らですが、翌1969年3月には2枚目のシングル「メランコリー東京」を発表しました。
 (2294201)

こちらのシングルですが、「太陽の剣」とは一転してムード歌謡的なサウンドとなっています。1969年当時、GSは急速に人気が低下しており、前述のザ・テンプターズや沢田研二が在籍するザ・タイガースなども売上枚数の低下に悩まされていました。その一方で、パープル・シャドウズが1968年に発表した「小さなスナック」がミリオンセラーを記録する大ヒット。同曲はGSのカテゴリではあるものの中身は完全な歌謡曲であり、このヒットによりGSの歌謡曲化に拍車がかかり、ザ・ブルーインパルスもその流れに飲まれたと推測されます。
 (2294202)

1970年、アングラソングに挑戦するも…

上述の通り、GSブームの衰退に翻弄され音楽性が変化していったザ・ブルーインパルス。1969年にはヴォーカルの長谷が脱退し、代わりに長瀬実が参加。1970年の大阪万博で演奏するなど活動を継続していました。そして、同年4月には3枚目のシングル「苦しみのロック」を発表しました。
 (2294210)

「苦しみのロック」ですが、ムード歌謡然とした「メランコリー東京」とは一転したアングラソングであり、アングラ系で当時「ケメ子の唄」などがヒットしたことから、そのブームに便乗してリリースされたものと思われます。しかしながら、1970年当時はGSブームがほぼ完全に去っており、GSというカテゴリでリリースされたこのシングルに、注目が集まることはありませんでした。そして、この「苦しみのロック」がザ・ブルーインパルスのラストシングルとなり、バンドは同年5月に行われた新宿サンダーバードでのライブを最後に活動を停止、解散となりました。
31 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

T-BOLANがついに30周年!シングルベスト的なライブパフォーマンスをCSで披露!!

T-BOLANがついに30周年!シングルベスト的なライブパフォーマンスをCSで披露!!

CS放送ファミリー劇場で放送中の「ファミリー劇場 de ラグジュアリーLIVE」にて、T-BOLANのバンド史上初となるシングルベスト的なスペシャルプログラムパフォーマンスの放送が決定しました。
隣人速報 | 938 view
元祖イケメンドラマー「ザ・ゴールデンカップス」のマモル・マヌーさん死去。長い髪の少女、愛する君になど

元祖イケメンドラマー「ザ・ゴールデンカップス」のマモル・マヌーさん死去。長い髪の少女、愛する君になど

60年代後半のグループサウンズを代表するバンドのひとつ「ザ・ゴールデン・カップス」でドラマー兼ボーカルを務めたマモル・マヌー(本名:三枝守、さえぐさ まもる)さんが9月1日、心筋梗塞のため亡くなっていたことが明らかとなりました。
隣人速報 | 1,172 view
1975年の「さよなら公演」から45年。双子デュオ「ザ・ピーナッツ」の功績と現在!

1975年の「さよなら公演」から45年。双子デュオ「ザ・ピーナッツ」の功績と現在!

皆さんは「ザ・ピーナッツ」というグループをご存知でしょうか?50年代から70年代にかけて活躍した双子デュオで、「名前は聞いたことがある」という方も多いかと思います。実は1975年に2人は引退しており、今年(2020年)は引退から45周年に当たります。
1987年の松田聖子ベスト「Snow Garden」が最新技術で蘇る!当時の活動は?

1987年の松田聖子ベスト「Snow Garden」が最新技術で蘇る!当時の活動は?

ソニー・ミュージックダイレクトより、1987年11月にリリースされた松田聖子のベストアルバム「Snow Garden」を最新のデジタル・リマスタリングしたBlu-spec CD2『Snow Garden』が発売されます。
隣人速報 | 177 view
【訃報】細川たかし「北酒場」の作曲家・中村泰士さんと作詞家・なかにし礼さんが相次いで死去。

【訃報】細川たかし「北酒場」の作曲家・中村泰士さんと作詞家・なかにし礼さんが相次いで死去。

作詞・作曲家の中村泰士さんが20日に81歳で亡くなり、「北酒場」で中村さんとタッグを組んだ作詞家・なかにし礼さんも23日に亡くなったことが明らかとなりました。
隣人速報 | 867 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト