【訃報】昭和の大物歌手・梓みちよさん死去。「こんにちは赤ちゃん」「二人でお酒を」など
2020年2月4日 更新

【訃報】昭和の大物歌手・梓みちよさん死去。「こんにちは赤ちゃん」「二人でお酒を」など

「こんにちは赤ちゃん」などのヒット曲で知られる歌手・梓みちよさんが1月29日、東京都内の自宅で亡くなっていたことが明らかとなりました。76歳でした。

615 view

【訃報】昭和の大物歌手・梓みちよさん死去。

「こんにちは赤ちゃん」などのヒット曲で知られる歌手・梓みちよさんが1月29日、東京都内の自宅で亡くなっていたことが明らかとなりました。76歳でした。

第一報はこちらです!

梓さんは1943年、福岡県福岡市生まれ。宝塚音楽学校在学中に渡辺プロダクションと契約、1962年に「ボサノバ娘」のキャッチフレーズでシングル「ボッサ・ノバでキッス」で歌手デビューを果たしました。翌1963年には、NHKで放送されていたバラエティ「夢であいましょう」で紹介された「こんにちは赤ちゃん」がミリオンセラーを記録、同年の日本レコード大賞で大賞を受賞しました。さらにNHK紅白歌合戦にも出場。60年代には紅白の常連となり、7年連続で同番組に出演しました。
 (2166389)

70年代には「こんにちは~」とは一線を画した大人向けの歌謡曲「二人でお酒を」がヒット、路線転換に成功した梓さん。その後もポップスから歌謡曲まで幅広いジャンルで第一線で活躍を続けました。そして80年代には、1986年に放送されたバラエティ「さんまのまんま」で、明石家さんまの失礼な言動に対し「グラスのシャンパンをかける」といった言動も。このエピソードはミドルエッジ世代には記憶に新しいことかと思います。

シャンパン事件

梓みちよさんの代表曲を振り返る!

昭和を代表する歌手として、1964年には昭和天皇の前で「こんにちは赤ちゃん」を御前歌唱するといった快挙を成し遂げた梓みちよさん。60年代は同曲による清純派のイメージが強く、「きよしこの夜」「ラスト・ダンスを私と」といったスタンダードナンバーも得意としていました。

清純派歌手として一世を風靡する一方で、そのイメージの固定化に苦しんだ梓さん。70年代には、一転して大人向けの歌謡に傾倒するようになります。1974年に発表した前述の「二人でお酒を」がその代表例であり、大人の恋愛模様を描いた同曲は彼女のイメージを一新するのに充分でした。以降、1976年には吉田拓郎作曲の「メランコリー」、1979年には筒美京平作曲の「よろしかったら」をヒットさせています。

こんにちは赤ちゃん

 (2166381)

二人でお酒を

 (2166382)

メランコリー

 (2166383)

よろしかったら

 (2166384)

歌手活動の一方で、「新婚さんいらっしゃい!」「11PM」といったバラエティやテレビドラマへの出演も多かった梓さん。昭和を代表する芸能人の一人として、これからも語り継がれていくことでしょう。ご冥福をお祈り申し上げます。

かつてのヒット曲を振り返りたくなった方はこちら!

25 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

知る人ぞ知る「URCレコード」が50周年!はっぴいえんど、遠藤賢司、なぎらけんいちなどの名盤が怒涛の再発決定!

知る人ぞ知る「URCレコード」が50周年!はっぴいえんど、遠藤賢司、なぎらけんいちなどの名盤が怒涛の再発決定!

日本初のインディーズレーベルとして、60年代後半~70年代におけるフォーク・ロックの世界に新風を吹き込んだ「URCレコード」がこのたび50周年を迎えたのを記念し、同レーベルから発表された名盤の数々が再発されることが決定しました。
隣人速報 | 277 view
60年代~70年代の歌謡界を席捲した「ベンチャーズ歌謡」の魅力!!

60年代~70年代の歌謡界を席捲した「ベンチャーズ歌謡」の魅力!!

60年代、日本の音楽界を席巻した「エレキサウンド」。このエレキの波は歌謡曲にも進出し、そんな中生まれたのが「ベンチャーズ歌謡」と呼ばれる楽曲群です。
【訃報】日本のドゥー・ワップのパイオニア「ザ・キングトーンズ」のリーダー、内田正人さん死去。

【訃報】日本のドゥー・ワップのパイオニア「ザ・キングトーンズ」のリーダー、内田正人さん死去。

60年代より活躍しているコーラスグループ「ザ・キングトーンズ」のリーダー・内田正人さんが、2月15日に亡くなっていたことが明らかとなりました。82歳でした。
隣人速報 | 613 view
「聖母たちのララバイ」収録作品も!岩崎宏美が80年代前半に発表したアルバム7作品が待望の再発!!

「聖母たちのララバイ」収録作品も!岩崎宏美が80年代前半に発表したアルバム7作品が待望の再発!!

1975年のデビュー以来40年以上のキャリアを持ち、「ロマンス」「聖母たちのララバイ」などのヒットで知られる岩崎宏美。彼女が80年代前半に発表し、現在入手困難となっているアルバムCDの「紙ジャケット・コレクション」が、このたびタワーレコード限定で再発されることが明らかとなりました。
隣人速報 | 526 view
フォーク界の重鎮「はしだのりひこ」死去。彼の残した名曲と功績を振り返る!

フォーク界の重鎮「はしだのりひこ」死去。彼の残した名曲と功績を振り返る!

「ザ・フォーク・クルセダーズ」の元メンバーでフォーク歌手として活動していた、はしだのりひこさんが12月2日、死去しました。この記事では、彼の残した名曲と功績を振り返りたいと思います。
隣人速報 | 1,532 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト