【名曲トリビア】山本譲二が「みちのくひとり旅」で紅白に初出場した時、サブちゃんからの祝儀は○○○○万円だった!?
2018年4月20日 更新

【名曲トリビア】山本譲二が「みちのくひとり旅」で紅白に初出場した時、サブちゃんからの祝儀は○○○○万円だった!?

「お前が俺には最後の女 俺にはお前が最後の女〜」多くの人が知る山本譲二さんの名曲「みちのくひとり旅」ですが、譲二さんはこの曲で念願だった紅白歌合戦に初出場。その際、師匠である北島三郎さんからもらったお小遣いが、ものすごい金額だったそうです!!!フェラーリが買えちゃう!!

6,069 view

山本譲二「みちのくひとり旅」

山本譲二 - みちのくひとり旅 - C-187 - スノー・レコード通販買取 (1816705)

30歳の譲二さん。若くてすごくかっこいいですね!
作詞:市場馨、作曲:三島大輔、編曲:斉藤恒夫
1980年8月5日に発売され、山本譲二さんの初ヒット曲でミリオンセラーとなりました。(最終的なレコード売り上げは130万枚)

山本譲二/みちのくひとり旅

30代前半の頃の譲二さん。歌声が若々しいですね。

山本譲二 みちのくひとり旅

最近の譲二さん。歌に重みがあって渋いですね。
「ここでいっしょに死ねたらいいと すがる涙のいじらしさ
その場しのぎのなぐさめ云って みちのくひとり旅」

発売当時は30歳でしたが、それにしては大人っぽい歌詞ですよね!
その頃の譲二さんはどんな気持ちで歌っていたのでしょうか。

発売から1年でようやくオリコンベスト8に!

多くの人が知る名曲ですが、発売当初はまったく売れず、ヒットし始めたのはなんと10ヶ月後だったそうです。
じわりじわりと人々の心を掴んでいったのですね。
発売から2か月以上が経過した1980年10月31日放送分の日本テレビ系『カックラキン大放送!!』にて披露したが、その時点では特に大きな話題とはならなかった。
発売から4か月後にようやく関西の有線放送で話題になり、発売から10か月が経過した1981年6月29日放送のフジテレビ系『夜のヒットスタジオ』にて披露したことで一気に人気に火がついた。
発売から9か月経過した1981年5月4日付のオリコンチャートにて96位に初登場、その約4か月後の8月31日付けで8位とベストテン入り。
山本譲二さんといえど、華々しくデビューして当たり前のようにヒット曲に恵まれたわけではなかったようです。

サブちゃんに『これが売れなかったら、もう歌は辞めろ』と言われていた!!

 (1816707)

師匠であるサブちゃんこと北島三郎さんに言われたそうです。こんなこと言われたら、もうやるしかないですよね!
──北島氏の付き人として下積み時代が続き、2年後、正式に(北島氏の)事務所に所属するもレコードは2枚続けて不発。そして背水の陣でリリースしたのが「みちのく」(80年8月リリース)でしたね。
「オヤジに『これが売れなかったら、もう歌は辞めろ』とハッパをかけられた。もうあとはないと思った」

──どのあたりから、売れると確信しましたか?
「当初、全国をキャンペーンで回った時は、売れている手応えはなかった。けど、翌81年6月に『夜のヒットスタジオ』(フジテレビ系)に出たあと、キャンペーン先の福岡でタクシーを降りたら、俺の周りがもうすごい人だかりで、どうしたんだろう思ったら、みんな俺を待っていた。このあたりから手応えを感じるようになったね」

この曲で念願の紅白初出場!

 (1816717)

ようやくオリコンベスト8にランクインした1981年、山本譲二さんはこの曲で『第32回紅白歌合戦』に出場。
鳴かず飛ばずで苦労してきましたが、念願だった紅白に初めての出場となりました。

サブちゃんからの祝儀がすごい!

──81年に「NHK紅白歌合戦」に初出場。その時にうれしいサプライズがあったとか?
「オヤジから1000万円の小遣いをいただいて、それを持って故郷に帰り、おふくろに渡したら、肩を震わせ泣いてね。『もっともっといい思いをさせるから』と言ったのを覚えている。親孝行って気持ちがいいものだって、しみじみ思ったよ」
1000万どーん

1000万どーん

49 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

日劇閉館イベントで「スニーカーぶる~す」が上映。近藤真彦が公開の81年当時を振り返り舞台挨拶でコメント

日劇閉館イベントで「スニーカーぶる~す」が上映。近藤真彦が公開の81年当時を振り返り舞台挨拶でコメント

2月4日に閉館するTOHOシネマズ日劇で「青春グラフィティ スニーカーぶる~す」(1981年)が上映され、たのきんトリオの一人として出演していた近藤真彦が舞台挨拶に登壇。1981年の公開当時の想い出を語った。
安室奈美恵が引退!アムラーを生み出したカリスマ歌姫の伝説をまとめてみました!

安室奈美恵が引退!アムラーを生み出したカリスマ歌姫の伝説をまとめてみました!

あの安室奈美恵が、公式HPにて2018年9月16日をもって引退することを電撃発表しました。今年デビュー25周年を迎え、地元・沖縄で凱旋公演を行ったばかりでの今回の発表。日本中が衝撃に包まれています。
隣人速報 | 10,890 view
【北島三郎】北島ファミリーを率いる演歌会の大御所でありながら、「サブちゃん」と呼ばれ慕われるこの人は、後継者問題で悩んでいるって本当?!

【北島三郎】北島ファミリーを率いる演歌会の大御所でありながら、「サブちゃん」と呼ばれ慕われるこの人は、後継者問題で悩んでいるって本当?!

紅白歌合戦のトリといえば、この人「北島三郎」。山本譲二や歌手の小金沢君などを率いて演歌会を驀進していました。しかし、娘がとある弟子と恋に落ちたことで、だんだんと雲行きが怪しくなって…?そんな疑惑をのぞいてみましょう。
cyomo | 1,291 view
80年代紅白歌合戦珍場面

80年代紅白歌合戦珍場面

大晦日と言えば、数年前は格闘技中継戦争があったり、ダウンタウンの絶対に笑ってはいけないシリーズも見ものですが、やはり紅白!と言う人も多いのでは!?紅白だけでも視聴率が50%近くいくとは、やはり日本人はなんだかんだ言ってテレビ好きですよね。大イベントで生なだけに歴史に残る珍場面も!80年代代の紅白珍場面を集めてみました。
yt-united | 11,474 view
荻野目洋子が舞台公演後に挙式!結婚15年越しの花嫁!

荻野目洋子が舞台公演後に挙式!結婚15年越しの花嫁!

2001年に結婚した荻野目洋子。舞台公演後に15年越しで結婚式を挙げ、感謝のコメント。3人の子宝に恵まれた荻野目洋子と元テニスプレーヤーの辻野隆三さんの笑顔が印象的なワンシーン。荻野目洋子、最大のヒット曲「ダンシング・ヒーロー」にも触れる。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト