まさかり投法にサブマリン、個性的な投手が多かった昭和のプロ野球
2022年4月18日 更新

まさかり投法にサブマリン、個性的な投手が多かった昭和のプロ野球

今や国民的スポーツとして、日本に根付いているプロ野球。現在のような娯楽がすくなっか時代、国民はひいきのチームの活躍に一喜一憂していました。そんな昭和のプロ野球界、個性的な選手がたくさんいました。その選手の中から、投法に特徴のある投手をピックアップしてみました。

1,658 view

一刀両断のまさかり投法

1981.11 村田兆治 日米野球

村田兆治(むらたちょうじ )は、1967年のドラフト1位で東京オリオンズに入団。現役時代は東京オリオンズ(ロッテオリオンズ)一筋で活躍した投手です。そのダイナミックな投球フォームから「マサカリ投法」と呼ばれ、打者に向かって真っ向勝負を挑む姿は、まさに侍そのものでしたね。1990年が引退の年となりますが、なんとその年40歳代で10勝を記録しているんですよ。これは、史上二人目の快挙でした。

1976年、村田兆治はフォークボールを習得します。人並み外れた長い指から投じられるフォークボールは、切れ味鋭い変化をしてことごとく打者のバットは空を切りました。ただ、常にノーサインで投げていたため、1979年までの4年連続で2桁暴投も記録しています。しかし、これはこれで一つの勲章でもありますね。

アンダースローの剛速球投手

【山田久志 5年連続開幕戦勝利】プレイバックORIX~1979.4.7 阪急vs.南海~

山田久志(やまだ ひさし )は、アンダースロー投手として、日本プロ野球最多となる通算284勝を記録した投手です。更には、12年連続開幕投手を務めるなど、球界関係者からは史上最高のサブマリン投手と称されているんですよ。阪急ブレーブスの黄金時代を築き上げたメンバーの一人ですね。

一般にサブマリン投手は、ほとんどが技巧派です。コントロール良く、低めを突いて内野ゴロを打たせて取るタイプですね。しかし山田久志は、アンダースローにはない剛球投手でした。威力のあるストレートを高めに投げ込んで勝負できる数少ないサブマリン。力が衰える晩年は鋭いシンカーを覚え、新たな投球術で阪急のエースとして活躍しました。

真っ向勝負のザトペック投法

【ザトペック投法】村山実 予告通り長嶋茂雄から1500奪三振【阪神タイガース】

村山実(むらやまみのる)は、闘志をみなぎらせて打者に向かっていく、真っ向勝負のできる投手でした。その投法は、ザトペック投法と呼ばれていました。ザトペックとは、ヘルシンキオリンピックのマラソンで優勝したエミール・ザトペック選手の姿に似ていることから付けられたようです。「人間機関車」と呼ばれたザトペックは、まさに闘志むき出しのランナーだったのです。

村山実の特徴も、闘志をむき出しにした投球スタイルですよね。何も知らずに投球フォームだけを見ると、オーソドックスなオーバースロー。しかし、村山実という人物が打者に向かって投げる時は、ザトペックになるんです。村山のことを、人は「炎の闘将」と言いました。一球一球に闘志を込めて、全身を使った投げ方をする投手だったのです。そして、その村山の永遠のライバルが、ミスタージャイアンツの長嶋茂雄でした。

失明危機の中で復活を果たしたサブマリン

1975年 広島カープ初優勝の瞬間(TBSラジオ)

金城基泰(かねしろ もとやす)は、豪快なフォームのアンダースロー投手です。そのフォームで勝負ができるとも言われ、大きく腕を振り上げるまるで鳥が羽ばたくような投球フォームでした。1974年のシーズンに広島カープで20勝を挙げ、ブレイクした金城でしたが、不運が襲い掛かります。シーズンオフの霧深い朝、車同士の正面衝突に巻き込まれ、助手席にいた金城さんは重傷を負い、両眼が傷つき失明寸前になってしまったのです。

翌年は退団覚悟の中での療養に務めますが、本人ももうマウンドに上がることは諦めていました。開幕してしばらくした頃、古葉監督から呼び出しを受け、驚きの言葉を聞くことになります。それは、無理を承知でスーパーマンになって復活してくれというもの。意気に感じた金城は、シーズン途中に見事に復活、初優勝に大きく貢献するのです。その選手生命を絶たれかけた投手が、見事胴上げ投手に。まさに、感動の瞬間でしたね。

ぶつけて上等の喧嘩投法

1982 東尾修 2 ピッチングはコントロールだ

東尾 修(ひがしお おさむ )は、1968年に西鉄ライオンズに入団、その後太平洋クラブ・クラウンライター・西武と球団名は変わりましたが、ライオンズ一筋でプレーした投手です。1995年~2001年まで、西武ライオンズの監督の務めています。現役の成績として通算251勝を達成、1988年限りで現役を引退しました。

投法自体は普通のオーバースローですが、東尾の特徴は切れ味鋭いスライダーやシュートを巧みに操り、内外角の横の揺さぶりで勝負すること。特に打者の内角をえぐる強気の投球スタイルが特徴でした。そのため死球になることも多く、通算与165死球は日本記録Tなっています。まさにこれは東尾の勲章。死球を与えても全く動じない性格から「喧嘩投法」とまで言われていました。

15 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

闘将星野仙一投手を本気で怒らせた「宇野ヘディング事件」

闘将星野仙一投手を本気で怒らせた「宇野ヘディング事件」

宇野ヘディング事件と呼ばれたアクシデント。時は1981年8月26日、場所は後楽園球場で起こりました。中日ドラゴンズが対戦していたのがホームチームの読売ジャイアンツ。この試合で、中日ドラゴンズ所属の宇野遊撃手がしてしまったエラーなのですが、普通なら試合中のワンプレーで納まるところが、闘将・星野仙一が投げていた上に、激怒を起こさせてしまったことで話題となりました。
五百井飛鳥 | 2,695 view
NPBとメジャーを繋いだ野茂英雄の凄さ

NPBとメジャーを繋いだ野茂英雄の凄さ

野茂英雄は、日米通算で123勝を挙げた大投手です。当時、日本からメジャーリーグに行くのは、現在のような取り決めもなく、まさに至難の業でした。そんな中単身アメリカに乗り込んだ日本の侍は、見事に花を咲かせます。イチローや大谷翔平など、多くの日本人選手がメジャーで活躍する昨今、その「パイオニア」となった野茂英雄の存在が再脚光を浴びているんです。。この度、メジャーリーグベースボールの公式サイトで、野茂英雄はメジャーリーグベースボールを大きく変えてたとして、その功績を特集しました。
五百井飛鳥 | 853 view
炎のストッパー、津田恒美の生涯

炎のストッパー、津田恒美の生涯

炎のストッパーで知られた広島カープの守護神、津田恒美投手。あの怪物バースにクレイジーと言わせたストレートで、他球団の打者をバッタバッタと仕留めていきました。常に真向勝負の投球はサムライスピリッツを感じさせ、これぞ男の勝負とプロ野球ファンを魅了します。しかし、摘出ができないほどの悪性脳腫瘍に侵され、闘病空しく32歳の若さで旅立ったのでした。全力を尽くして最後まで燃え尽きた、まさに炎のストッパーの生涯といえるでしょう。
五百井飛鳥 | 2,620 view
1900年代のプロ野球を支えた、真っ向勝負の男気投手5人衆

1900年代のプロ野球を支えた、真っ向勝負の男気投手5人衆

1949年、プロ野球の2リーグ制が始まります。そして1958年には、セ・パ両リーグが6球団ずつになり、現在の体制に進み始まるのです。それ以降、2000年を迎えるまでに伝説の展覧試合があったり、ドラフト会議がスタートしたりなど、プロ野球がどんどん国民スポーツに発展していきました。そんな時代、数多くの名試合や名勝負が行わる中で躍動する数々の選手の中から、プロ野球を支え続けた男気に溢れる投手を紹介します。
五百井飛鳥 | 2,028 view
「連中を見返したい!」ハーフを理由にいじめられ野球を始めた仲田幸司の山あり谷あり人生と現在の職業とは?

「連中を見返したい!」ハーフを理由にいじめられ野球を始めた仲田幸司の山あり谷あり人生と現在の職業とは?

80年代から90年代にかけて阪神タイガースと千葉ロッテマリーンズで活躍した左腕、「マイク仲田」こと仲田幸司を覚えていますか? ここでは、複雑な出生によるいじめを乗り越えて野球を始めてからプロを引退するまでの彼の半生を簡単にご紹介していきます。
芍薬 | 471 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト