「みんなと共に世界へ」親友がくれた闘争心、船井龍一選手!
2019年2月16日 更新

「みんなと共に世界へ」親友がくれた闘争心、船井龍一選手!

ガチンコファイトクラブに魅せられてボクシングの門を叩いたシャイな目立ちたがり屋、船井龍一選手。30歳を過ぎて、努力を継続する力とは別の勝つために必要な「闘う」力を身に纏った第39代日本スーパーフライ級王者、次なる高みは世界!ここまでのボクサー人生について船井選手に伺って参りました。

1,373 view
1981年から続くボクシングの名門ワタナベボクシングジム。

2018年時点の同ジムのパンフレットによれば世界、東洋太平洋、日本、男女合わせて15人の王者が在籍。複数タイトルを持つチャンピオンもいるため、その保有タイトル数は12を数えます。
ボクシングの名門「ワタナベボクシングジム」

ボクシングの名門「ワタナベボクシングジム」

同ジムに所属する船井龍一選手(1985年8月31日生まれ)もその一人。第39代日本スーパーフライ級王者(2017年3月22日戴冠)にしてWBOアジアパシフィック・スーパーフライ級王者(2018年6月14日戴冠)です。
次なる高みは世界戦!

ミドルエッジ編集部(ミド編)は船井選手にインタビュー。
真面目な印象の船井選手に、その変わらぬボクシング愛を伺いました。

きっかけは「ガチンコファイトクラブ」

船井龍一選手

船井龍一選手

-第39代日本スーパーフライ級王者
-WBOアジアパシフィック・スーパーフライ級王者
-船井選手は33歳。ミドルエッジの読者層からすると若い世代ですがボクシング選手としては長いキャリアでいらっしゃいます。ボクシングを志したのはいつ頃からだったのでしょう。
「ボクシングを始めたのは高校1年の夏でした。当時は高校生になってボクシングを習う人が多かったように思います。僕は中学3年生の時に”ガチンコファイトクラブ(TBS)”を見たのがきっかけです。

番組はヤンキーがプロボクサーになる内容でしたが僕はプロボクサー=世界チャンピオンと思い込んでて『そんな簡単になれるのか?』って思いながら番組を見てました。見ながら『あ、プロボクサー=世界チャンピオンじゃないんだ』と気が付きましたけど(笑。

竹原慎二さんの広島弁怖いな~って思いながらボクシングというスポーツを知ったんです。しばらくして、畑山隆則さんと坂本博之さんの日本人同士の世界戦があって

※2000年10月11日 WBA世界ライト級タイトルマッチ 畑山隆則(王者)×坂本博之(挑戦者)

それを見て『ああ、ボクシングってカッコいい!』と思うようになりました。」

畑山隆則 vs 坂本博之 WBA世界ライト級タイトルマッチ  2000年10月11日

「小学校ではバスケットボールをやっていたんですが団体戦がすごく苦手で。集団の中でどう動いていいかわからなくてレギュラーにもなれず悔しい思いをしていた時に、スケートボードを趣味で始めたんですよ。」
-スケボー!バスケットにスケボーというと、当時のアーバンな若者を思い出しますね(笑。
「バスケットする人ってスケボー好きな人も多かったんです。僕も仲間と一緒に始めました。そしたら複数でやるバスケットより個人でやるスケボーの方が居心地がよくて。

『個人スポーツの方がいいな』って思っていた時にガチンコファイトクラブを見て、ボクシングにすごく興味が出て。高校に入ったらアルバイトでお金をためてボクシングジムに入りたいと思うようになったんです。

都立港工高(現・都立六郷工科高)に入ったらたまたまボクシングをやっている同級生がいて、その同級生に相談したんです。そしたら彼が『お前ん家の近くにワタナベボクシングジムがあるよ』と教えてくれたので、高校1年からワタナベボクシングジムに通うこととなりました。」
ワタナベボクシングジムに通い始めてからはボクシング一色の生活となった船井選手。
プロデビューは高校卒業後、19歳の頃でした。
-プロになる前、船井選手はアマチュアでも8戦を戦いました。アマチュアでオリンピックを目指す、プロになる。いずれに進みたいという考えがあったんですか?
「いやそれがそういう訳ではなくて。元来、自分自身に自信が持てず積極性も無い、そんな劣等感があったんですよ。だからボクシングは『強くなりたい』一心で始めたんです。」

「きっかけはガチンコファイトクラブですが、別にヤンキーだったわけでもなくて高校3年間はボクシングに打ち込みました。アマチュアでの8戦ですが戦績は4勝4敗、弱かったんですよ(笑。最初はただ興味があって始めたくらいですから体も細くて、でも『強い人になりたい』という憧れがあったから続けられたんです。」

ターニングポイントとなった高校卒業後の一年間

-高校1年からボクシングを始めて高校3年間はボクシングに打ち込み、19歳で見事プロデビューしました。
「実は高校卒業後に一度就職したんです。本当に弱かったし、自分に自信もなかったので…。」
-え!プロデビューした年ですよね?
「はい。ボクサーとしてチャンピオンになれる人はほんの一握りだし、自分なんか絶対に無理だと思っていました。高校卒業後は就職するか調理師専門学校に行くかで悩んでいたんです。でも、自分の周りにいるみんなが就職すると言うので、その流れに身を任せてしまったところがありました。」
63 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「おやじファイト」で得られた生きがい!40代ボクサー、阿部浩治さん

「おやじファイト」で得られた生きがい!40代ボクサー、阿部浩治さん

自分の過去を振り返った時、誰しも口惜しかったり恥ずかしかったことがあると思います。そんな過去をどう受け入れて消化するかは人それぞれ。40代でリングに立つボクサー阿部浩治さんはそんな自身の過去を美化することなく向き合うことで生きがいを手に入れることが出来ました。
ガチンコファイトクラブ!!あのキャラの人達はは今・・・5期生編。

ガチンコファイトクラブ!!あのキャラの人達はは今・・・5期生編。

1997年10月16日から2005年3月15日までTBS系列で放送された番組。色々な素人が出演し番組を盛り上げました。その後のガチンコファイトクラブの5期生を追ってみました。
ギャング | 189,695 view
ガチンコファイトクラブ!!あのキャラの人達は今・・・

ガチンコファイトクラブ!!あのキャラの人達は今・・・

1997年10月16日から2005年3月15日までTBS系列で放送された番組。色々な素人が出演し番組を盛り上げました。その後のガチンコファイトクラブの1期生と2期生を追ってみました。
ギャング | 292,763 view
孤高の求道者は今なおボクシングの夢を追う、西島洋介山!

孤高の求道者は今なおボクシングの夢を追う、西島洋介山!

日本クルーザー級のパイオニアとしてその名を轟かせた西島洋介山を知らない人はいないだろう。手裏剣パンチを武器に闘った地下足袋ファイターは、そのボクサー人生の多くをアメリカで過ごした。またボクサーとして現役を退いた後には、日本国内で総合格闘技やキックボクシングにも出陣することに。様々なバックボーンを持ったファイター達とリング上で相見えてきた西島洋介山、孤高のボクサーはその拳にどんな想いを乗せて闘っていたのだろうか。
「人生は考え方ひとつで変えることが出来る」幾度となく新たな挑戦を続ける小林一光さん。

「人生は考え方ひとつで変えることが出来る」幾度となく新たな挑戦を続ける小林一光さん。

かつて「伝説の保険営業マン」とまで呼ばれた小林一光さんの座右の銘は「受けた恩は石に刻んで、与えた恩は水に流す」。学生時代の輝かしいキャリアを引っ提げて、というわけではなかった小林さんがなぜ「営業」というフィールドで何度も日本一の称号を得、またその称号をあっさり捨てて次のフィールドに挑み続けるのか、お話を伺いました。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト