2017年3月27日 更新

孤高の求道者は今なおボクシングの夢を追う、西島洋介山!

日本クルーザー級のパイオニアとしてその名を轟かせた西島洋介山を知らない人はいないだろう。手裏剣パンチを武器に闘った地下足袋ファイターは、そのボクサー人生の多くをアメリカで過ごした。またボクサーとして現役を退いた後には、日本国内で総合格闘技やキックボクシングにも出陣することに。様々なバックボーンを持ったファイター達とリング上で相見えてきた西島洋介山、孤高のボクサーはその拳にどんな想いを乗せて闘っていたのだろうか。

7,879 view

「西島洋介山」インタビュー!

西島洋介山と聞けば、読者の方の多くがご存知のプロボクサーであろう。

1973年生まれの彼は1990年代中盤にNABO北米クルーザー級、OPBF東洋太平洋クルーザー級、WBF世界クルーザー級で続けざまに王座戴冠。日本国内唯一のヘビー級選手と称され、地下足袋で闘うそのスタイルに「日本人ヘビー級チャンピオン」の夢を抱いた人も多かったのではないだろうか。

現役時代、その階級ゆえに主戦場をアメリカに求めた西島洋介山。
プロボクサーを引退した後、国内で総合格闘技やキックボクシングに闘いの場を求めた西島洋介。

今回ミドルエッジ編集部(ミド編)は、現在「マスターにし」としても活動されている西島洋介さんにお話を伺う機会を頂戴した。

柔和な表情と謙虚な人柄、そしてボクシングへの一途な想いが同居する西島洋介さん。
40代前半、いまだ夢の途中にある西島さんのボクシング人生を、本稿を通してお伝えしたい。

「成功への道」はこれから

取材当日、定刻に現れた西島さんはブラックスーツを身に纏っていた。

世界で闘ったその闘気を包み隠すようなスーツ姿に、ミド編は思わず「あ、西島洋介山だ!」と心の中で叫ぶ。
当日はシックなスーツ姿で取材に臨んでいただいた

当日はシックなスーツ姿で取材に臨んでいただいた

そんな当方の胸の内を悟ったか、柔和な表情で話しかけて下さる西島さん。
最初の話は、ミド編がテーブルに置いていたノートPCに関する話題から始まった。

「パソコン、ブラインドタッチ出来ますか?」

「???」

コチラからインタビューすることで頭がいっぱいのミド編に、西島さんは穏やかに尋ねてくる。
聞けば、西島さんはなんとこれまでの数十年、毎日ノート日記を書き続けているのだという。
毎日ノートで日記を書き続けているんですよ。
その膨大な日記を、いずれパソコンに打ち込みたいんです。

これから「成功への道」を歩んで、いつか一冊の本に。
離婚もしたし今はボトム(笑、ここから成功への道を。
「ブラウン管の向こうでスポットライトを浴びていた男の半生を!」と過剰に意気込んでいたミド編だったが、西島さんのこの言葉で場が一気に和むことに。

話はまず、西島さんの「これから」で始まった。

「大好きなボクシングを目いっぱい教えたい、ビジネス抜きで(笑」

「いずれはボクシングジムを経営したいんです。」西島さんはそう語る。

「だけど…」
ジム経営は決して甘くないはず。
出来るなら、違う仕事で資金を工面してからジム経営に挑戦したいんです。

「格闘技以外で食べていけない」と言われるのは嫌ですし、いろんな仕事をやってきました。
格闘家時代は朝8時から14時まで仕事してジム通い、ピーター・アーツと闘ったときはラーメン屋でした(笑。

他の仕事をしながら「ボクシングは楽しく教えたい」んですよね。
「ボクシングは楽しく教えたいんだ」この言葉を繰り返し仰る西島さん。

ボクシング→総合格闘技→キックボクシングと渡り歩いた彼のキャリアにおいて、いかにボクシングが大切なものであったかが伝わってくる。

話は、そんな西島さんとボクシングの出会いにまで遡った。

マイク・タイソンをみてボクシングを志す

少年時代は野球をやっていたんですよ。
でも中1か中2の頃だったかな、テレビの試合でマイク・タイソンを観たんです。

当時は空手やプロレスも人気でしたし八巻建弐、アンディ・フグ、アントニオ猪木、スタン・ハンセン、ジャンボ鶴田、ブルーザー・ブロディ…

そんななか、マイク・タイソンがとても輝いてみえたんですね。

「180センチで大きな奴をなぎ倒す、夢がありますよね」

1988年に東京ドームで行われたマイク・タイソンの試合は、後々まで西島さんの記憶に残る試合に。

【東京ドーム(1988年3月21日)マイク・タイソンがトニー・タップスを2R2:54TKO】

西島さんとトニー・タップスは後年、アメリカで同じジムに。
そのトニー・タップスの強さを目の当たりにして、今更ながらにマイク・タイソンの強さを思い知ることになったのだそうだ。
西島さんはマイク・タイソンと同じ180センチ

西島さんはマイク・タイソンと同じ180センチ

マイク・タイソンへの憧れ、そして「俺にもやれる!」そんな気持ちを抱いた中学時代。
野球マンガ「キャプテン」や「タイガーマスク」「アラレちゃん」もよく観ました。

中2まで広島で高校は埼玉でしたが野球は高校1年まで。中3のころにはボクシングを志して体を作り始めていました。

高校では2か月程度で野球を辞めて、高校2年からは近くのボクシングジムへ通いました。当時は93キロ、本当は100キロになりたかったんですよ(笑

1992年3月、18歳でプロデビュー

プロデビューまでは自身でもラッキーと語るほど、順調に進んでいったのだという。

中学でマイク・タイソンに憧れた男は高校2年でボクシングを始め、高校卒業と同時に憧れの男と同じ世界に飛び込んだのだ。

7人のボクサーを参考にしてファイトスタイルを創り上げた

ミド編)憧れのマイク・タイソンのテクニックを研究されましたか?
もちろん研究しましたよ、でもパンチ力が違うのでマネは出来ない。
7人のボクサーを参考にして、そのエッセンスで自分のスタイルを創り上げました。
「地下足袋で闘うボクサー」

「地下足袋で闘うボクサー」

地下足袋スタイルに手裏剣パンチ、宇宙パンチ。
当時所属していたオサムジム会長のアイデアで、西島選手の個性が生まれた。
日本のボクサーはあまり観ずにアメリカのボクサーを観ていました。
印象として日本のボクシングはド付き合い、アメリカのボクシングはエンターテインメント。

日本は「あしたのジョー」の世界でストイックに体を絞る。でもアメリカではとにかく食べてヘビー級にすること、アメリカのボクサーはみんな(ビッグビジネスになるので)ヘビー級を狙っていましたね。
デビューしてほどなく「日本国内唯一のヘビー級選手」として注目を集め始めた西島選手は1995年にNABO北米クルーザー級、1996年にOPBF東洋太平洋クルーザー級、1997年にWBF世界クルーザー級と続けざまに王座を戴冠。

この頃に、メディアを通じて「西島洋介山」を知った読者は数多いことだろう。

所属ジム会長との仲違い、渡米

プロボクサー人生の後半、西島選手は所属していたオサムジムとの確執から渡米してカリフォルニア州でライセンスを再取得することに。

当時のことを西島さんはこのように語ってくれた。
僕に投資してくれた会長は、ボクサーとして負けなしでずっと勝ち進んでから、行く行くはジョージ・フォアマン等のビッグマッチを!といったプランを考えてくれていました。そして怪我をする前に引退をと。
だけど僕はマイク・タイソンに憧れて、ただひたすら強くなりたかった。

ビジネスとしてのボクシングも理解出来たし、でもボクシングが強くなりたかった。

当時の周囲は自分の気持ちを考えてくれて「絶対アメリカに行った方がいい」と。
けれど、会長を裏切るような形でアメリカ行きを決断したことは心のどこかに引っかかっていて。

後悔はしていない、だけど出来れば会長とは和解したいですね。。。
ボクサーとしての強さを追い求めたかった西島選手。
プロボクサーとしてのキャリア形成で意見の異なった会長と袂を分かち、ボクサー人生の後半は渡米してカリフォルニア州のライセンスで闘うこととなる。

当時の決断を後悔はしていない西島さんだが、「踏みとどまっていたら最後までプロボクサーとしてのキャリアを全う出来ていたかも知れない」という一言が、とても率直で印象的だった。

ボクサー引退から総合格闘技、キックボクシングの世界へ

西島選手のボクサーとしての引退試合は2003年7月10日、カリフォルニア州クルーザー級王座決定戦だった。
勝てばカリフォルニア州クルーザー級王座戴冠となったこの試合、結果は2RTKOで敗北。
勝てば日本国内での試合可能性も見えてくるはずだった一戦、勝ちたかったです。
ただ当時、すでに肘が相当悪くて結果としてはボクシング最後の試合がKO負けとなってしまいました。。。

引退した後に心残りだったのは「なんで強い相手と闘わなかったの?」と言われた言葉でした。

悔しくて、強さを証明したくて総合格闘技、キックボクシングへ

ボクサー引退から2年半経った2006年2月26日、PRIDE.31でマーク・ハントと対戦し総合格闘技デビューを果たした西島選手。
2009年8月11日にはK-1 WORLD GP 2009 IN TOKYOでピーター・アーツと対戦し、キックボクシングの領域にまで戦いの場を広げることに。

ミド編)総合格闘技、キックボクシングに拳のみで挑もうとされました。
ボクシングへのこだわりというわけではなくて、勝算から考えて(戦術として)拳一本に絞って闘い方を組み立てただけだったんです。シューズ履いた方が力も出るし。
ただ、こんな正直なコメントも飛び出した。
K-1やPRIDEに出ると決めた時、強い選手のDVDを全て取り寄せてもらったんです。研究しようと思って。
でも結局観てたのは、ボクシングの部分ばっかり(笑。
61 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

元K-1ファイター西島洋介をダイエットサービスのトレーナーに起用!

元K-1ファイター西島洋介をダイエットサービスのトレーナーに起用!

元K-1ファイターであり、ボクシングの元クルーザー級世界王座の西島洋介が、ダイエットサービス『BB7』のパーソナルトレーナーに起用されました。本稿では西島洋介山と名乗っていた90年代の活躍もご紹介します。
日本人初のヘビー級世界チャンピオンを期待されたボクサー「西島洋介山」の経歴と現在

日本人初のヘビー級世界チャンピオンを期待されたボクサー「西島洋介山」の経歴と現在

日本国内初のクルーザー級ボクサーとして注目を浴びた西島洋介山のボクシング、K-1、総合格闘技の戦績。引退と現在について紹介。
きちんとチキン | 37,479 view
やっぱりこの人が最強!?全盛期のマイク・タイソンは無敵だった!!

やっぱりこの人が最強!?全盛期のマイク・タイソンは無敵だった!!

マイク・タイソンは1985~88年といわれています。当時小~中学生だった私は、親父の見るテレビを一緒にみながらマイク・タイソンを知ったものです。全盛期から失墜までも早かったですが、その全盛期の試合は「グローブに何か入ってるんじゃないか?」と思うほど、相手とのパンチの威力の違いに驚いたものでした。
青春の握り拳 | 31,118 view
【垣原賢人】直情一直線、安全策ナシの人生!そしてUの戦士カッキ―はミヤマ☆仮面となる!!

【垣原賢人】直情一直線、安全策ナシの人生!そしてUの戦士カッキ―はミヤマ☆仮面となる!!

垣原賢人は往年のプロレスファンにとってUWFを愛する「Uの戦士」、お子様連れのファミリーにとってはクワガタを愛し”クワレス”を主催する「ミヤマ☆仮面」。悪性リンパ腫と闘いながらも2017年8月14日、後楽園ホールにて「カッキーライド~垣原賢人復帰戦~」を開催する垣原賢人、その安全策ナシに直情一直線な人生をご覧いただきたい。
マイク・タイソンの愛車フェラーリがオークションに出品!落札予想価格は約2億5千万円!!

マイク・タイソンの愛車フェラーリがオークションに出品!落札予想価格は約2億5千万円!!

元世界ヘビー級チャンピオンのマイク・タイソン氏の所有していた高級スポーツカー「フェラーリ・F50」が、オークションハウスのサザビーズに出品された。2億4600万円を超える破格の予想落札価格がついている。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト