辰吉丈一郎 きっと今日も走って練習して、アホいうて笑ってはるんやろうなあ
2016年11月25日 更新

辰吉丈一郎 きっと今日も走って練習して、アホいうて笑ってはるんやろうなあ

世界的に有名なレフリー、リチャード・スチールはいう。「オスカー・デ・ラ・ホーヤには若い女性ファンが何人いるか知らないが、あれだけ多くの青少年を夢中にさせるという点では辰吉が世界一だ」Yes!辰吉ほど人を勇気づけることができる人はいません。

199,351 view

ハイライト動画

辰吉 (超常現象) K.O集 - YouTube

辰吉

辰吉全盛期の練習風景★ミット打ちが鬼★Tatsuyoshi☆ - YouTube

joe
出典 youtu.be

岡山のジョー

岡山県倉敷市児島と瀬戸内海

岡山県倉敷市児島と瀬戸内海

辰吉丈一郎は
岡山県倉敷市児島阿津に生まれた
 (1614341)

父、粂二は
ボクシング好きで
漫画「あしたのジョー」から「丈一郎」と名づけた
母は
丈一郎が1歳になるかならないかくらいの頃に家を出ていった
 (1614355)

出典 ameblo.jp
父は
赤ん坊を丈一郎を背負って働き
体調が悪く自分は食べられないのに
血を吐きながら丈一郎の食事だけは用意した
病院を行くよういわれても
丈一郎が1人になるのを恐れて行かなかった
あるとき父は5、6人のヤクザからケンカを売られ
「お前は危ないからちょっとここにおれ」
そういって丈一郎を自動販売機の上に置き
アッという間に全員を殴り倒し
「さあ帰ろうか」
といったという
そして10日間、留置場に入れられた
その間、家を出ていた母親が帰ってきて丈一郎の面倒をみた
 (1614366)

粂二、丈一郎親子は
夜9時から
家にあったサンドバッグやボクシンググローブ、バット、木刀、バーベル
学校の校庭にある樹木や遊具でトレーニングをした
雨どいを伝って学校の3階までいったこともあった

イジメられっ子

 (1614347)

丈一郎は
いじめられっ子だった
保育園の送迎バスに乗ると丈一郎だけ席がなかったり
砂場や池に突き落とされたり
飲めなかった牛乳を
他にも飲めない子供はいたのに
丈一郎だけ無理やり飲まされたり
耳そうじを丈一郎だけやってもらえなかったり
他の子供よりよくお尻を叩かれ
いじめられて泣いていていても怒られた
芋掘りのときも
「向うに行け」
といわれ
芋がないドブの近くで掘っていた
 (1614349)

こんなことがずっと続き丈一郎は屈折してしまった
例えば
運動会のパン食い競走で
走るのが速いから
パンまではトップで走っていきながら
1番になるといじめられそうなので
そこでわざわざみんながパンをくわえるのを待って
自分が1番でないことを確認してからゴールに向かって走り
わざと負けたことを悟られないように
「くそっ」
とくやしがってみせた

イジメを克服

 (1614344)

5歳の息子に父、粂二はいった
「ジョー
泣いても何でもいいから負けは認めるな
勝つとか勝たんとかの問題やない
とにかく負けを認めるな
とりあえずやってみい
そんなら自然と強くなるから」
この一言が
丈一郎の眠っていたなにかに火をつけた
あるとき
丈一郎は殴られた
でも泣きながらずっと気をつけをしていた
そしてずっと殴られていた
気味が悪くなったのか
嫌がらないから面白くなくなったのか
相手は殴るのをやめた
すると丈一郎はその相手を殴って泣かしてしまった
「・・君
今日泣いてん
ボク勝ったんやで」
「当たり前や
それが普通や
そんなことはこれからもあるやろ
自分を信じなアカンで」
224 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

辰吉、西岡利晃を幾度も倒したタイの英雄ウィラポン!最後は長谷川穂積に屈した!

辰吉、西岡利晃を幾度も倒したタイの英雄ウィラポン!最後は長谷川穂積に屈した!

タイの国民栄誉賞を4度受賞しているタイの英雄ウィラポン。ムエタイからボクシングに転向したボクサー。90年代には浪速のジョー・辰吉丈一郎の挑戦を2度も退け、ウィラポンの名が一躍日本中に知られることとなった。西岡利晃、長谷川穂積との戦いも特集する。
ひで語録 | 7,336 view
畑山隆則 炎のハート、氷の頭脳、そして圧倒的な闘争本能を持った狼

畑山隆則 炎のハート、氷の頭脳、そして圧倒的な闘争本能を持った狼

ライオンでもトラではなく、そのイメージは狼です。しなやかで、狡猾で、ハングリーで、ガツガツしてて、いつもなにか狙っていて。あ、でもパンチ力はゴリラですけど。
RAOH | 64,028 view
浜田剛史  ジュースを飲むべきか自動販売機の前で2時間考え込んだ最後のサムライ、最後のストイックボクサー

浜田剛史 ジュースを飲むべきか自動販売機の前で2時間考え込んだ最後のサムライ、最後のストイックボクサー

「パンチは10cmの隙間があれば倒せる」、15連続KO、超攻撃的で超破壊的なボクシング、超ストイックな練習、野武士的ルックス、すごくまじめですごく謙虚。このちぐはぐさがたまらなく好き!
RAOH | 37,687 view
渡辺二郎・元ボクシング世界王者の生い立ち~プロボクサー時代の画像

渡辺二郎・元ボクシング世界王者の生い立ち~プロボクサー時代の画像

元世界J・バンタム級チャンピオンの渡辺二郎は、日本人として、はじめてWBAとWBCの王座を統一した。日本拳法からボクシングに転身し、アマチュアで4試合した後にプロボクサーとしてデビューする。当時話題になった試合や、渡辺二郎の入場テーマ曲を思い出してみた。
リオ五輪・卓球水谷選手の「ガッツポーズ論争」。語源となったガッツ石松氏が独自の解釈を披露!

リオ五輪・卓球水谷選手の「ガッツポーズ論争」。語源となったガッツ石松氏が独自の解釈を披露!

リオ五輪の卓球男子シングルスで銅メダルを獲得した水谷隼選手。その勝利時の「ガッツポーズ」に対し、野球解説者・張本勲氏が「喝」をいれ、「ガッツポーズ論争」が話題となっている。そこで元プロボクサーのガッツ石松氏が"正しい"ガッツポーズを説明した。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト