懐かしの洋楽クリスマスソング
2022年12月18日 更新

懐かしの洋楽クリスマスソング

1970年代から2000年頃に聞いた懐かしい洋楽クリスマスソング。アーティストや名曲や定番曲にまつわる隠されたエピソードをご紹介!

392 view

1970年

「想い出のクリスマス」(Someday at Christmas)ジャクソン5
1963年に結成、1969年10月メジャーデビューした兄弟グループ「ジャクソン5」のクリスマスソング。ボーカルの可愛らしい歌声は当時12歳のマイケル・ジャクソン。

Jackson 5 - Someday at Christmas

1971年

「ハッピー・クリスマス(戦争は終った)」(Happy Xmas (War Is Over))
1971年に「ジョン&ヨーコ&プラスティック・オノ・バンド・ウィズ・ザ・ハーレム・コミュニティ・クワイア」としてリリースしたジョン・レノンとオノ・ヨーコによって書かれたクリスマス・ソング。1969年3月に結婚したジョンとヨーコは、1971年にアメリカ、ニューヨークに移住。同年9月にリリースした『イマジン』は、大ヒットした。まさに幸せの絶頂だったふたりのクリスマスソングだ。

Happy Xmas (War Is Over)

1979年

「ワンダフル・クリスマスタイム」ポール・マッカートニーとウィングス
1970 年にビートルズが解散した後、1971年にポール・マッカートニーは、妻のリンダ・マッカートニー、デニー・シーウェル、デニー・レインによって「ウィングス」結成した。「ワンダフル・クリスマスタイム」は、「ウィングス」の最後のアルバムとなった。

クリスマス楽しもう!というポールらしい、明るいクリスマスソング。

Paul McCartney - Wonderful Christmastime

1984年11月

「サンク・ゴッド・イッツ・クリスマス」 ( Thank God It's Christmas )
イギリスのロックバンド、クイーンの後期の楽曲。ロジャー・テイラーとブライアン・メイによって書かれ、フレディ・マーキュリーがリード・ヴォーカルを歌っている。

曲名は「神様、クリスマスをありがとう」という意味。最後は「一日、あなたにとって、とても良いクリスマスになりますように」で終わる。

Queen - Thank God It's Christmas (Official Lyric Video)

1984年12月

「ラスト・クリスマス」( Last Christmas)
イギリスの音楽グループ、ワム! (Wham!) が、1984年12月にクリスマスに向けてリリースした。ボーカルは、メンバーのジョージ・マイケルが1人で歌っている。

ワム!、a-haなどがブレイクした80年代のアイドル的な軽快なポップ・ミュージックだ。日本でも累計売上が100万枚を突破する大ヒットとなった。今も定番のクリスマスソングとして知られていまル。ジョージ・マイケルは、2016年12月25日クリスマスの日に53歳の若さでこの世を去った。

Wham! - Last Christmas (Official 4K Video)

1986年

「ドライビング・フォー・クリスマス」( Driving Home For Christmas)
イギリス北東部出身のシンガーソングライターであるクリス・レアが1986年にリリースした。
クリスマスソングの名曲。クリス・レアの家族に対する思い入れを感じる歌詞も素晴らしいが。「ドライビング・フォー・クリスマス」と同じ年の春に発売された「オン・ザ・ビーチ」同様、歌詞では表現できない空気感や情景をメロディーで表現するクリス・レアは天才だ。

Chris Rea ~ Driving Home For Christmas (1986)

1989年

「I ‘ll Be Missing You Come Christmas」New Kids On The Block
アメリカ合衆国マサチューセッツ州出身の10代の男子5人によるボーイ・バンド「ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック」が、人気絶頂期の1989年にリリースしたクリスマスのアルバムの収録曲。同アルバムには「Merry, Merry Christmas」も収録されている。
翌年の1990年5月に発売されたサードアルバム「Step By Step」で世界的な成功を収めた。
「New Kids On The Block」は、後にデビューする日本の「 SMAP 」や韓国のボーイズグループの先駆けとなる。
33 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【80's~90's洋楽】豪華スター夢の共演!!

【80's~90's洋楽】豪華スター夢の共演!!

活気があった80年代~90年代の音楽業界。今回はそんな当時から元気を貰うべく豪華スターたちによる夢の共演を独断と偏見でご紹介していきたいと思います。今ではもう実現不可能なコラボレーションが多くありますね。
mm | 715 view
【洋楽ヒットチャート】1980年代の10年間でアメリカで最もヒットした洋楽トップ10

【洋楽ヒットチャート】1980年代の10年間でアメリカで最もヒットした洋楽トップ10

アメリカのビルボード誌は、毎年の年間チャートに加え、10年ごとに「◯◯年代の10年間チャート」を発表しています。今回は、1980年代(1980年〜1989年)の10年間シングルチャートから上位10曲をご紹介します。アメリカで最もヒットした洋楽を10位からカウントダウンで見てみましょう。
izaiza347 | 579 view
【1984年洋楽】アイ・ライク・ショパン!里見八犬伝!「日本」でヒットした洋楽トップ5

【1984年洋楽】アイ・ライク・ショパン!里見八犬伝!「日本」でヒットした洋楽トップ5

「洋楽」と一言で言っても、アメリカやイギリスなど本場でヒットする曲と、日本国内でヒットする曲はかなり異なります。中には、日本でヒットしても、本国ではヒットしないという逆転現象も!? 今回は "1984年の日本" のにフォーカスして、オリコンシングルチャートを中心に「日本でヒットした洋楽5選」をご紹介します。
izaiza347 | 897 view
【洋楽】人気絶頂の20代・30代で早世...伝説となった女性アーティスト7選

【洋楽】人気絶頂の20代・30代で早世...伝説となった女性アーティスト7選

10代、20代で世界的な人気アーティストとなり、今後さらなる活躍が期待されながら、天に召されていったアーティストたち。特に女性アーティストは、誰もが知る名曲を歌った、誰もが知るアーティストが多く、その活躍は今や伝説となっています。今回は、1970年代から2000年代に活躍した有名女性アーティストの中から、伝説となった7名をご紹介します。
izaiza347 | 932 view
【80年代洋楽】カッコいい!シブい!男同士の超豪華デュエット5選

【80年代洋楽】カッコいい!シブい!男同士の超豪華デュエット5選

デュエットの名曲が多かった1980年代。男女のデュエットがメインだったものの、それに勝るとも劣らない男同士のデュエットもありました。しかも、その顔ぶれが超豪華!アーティストも曲もカッコいい!シブい!現代では決してお目にかかれない、超豪華デュエット5選をご紹介します。
izaiza347 | 403 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト