森の中の遊園地・多摩テックの思い出
2016年2月26日 更新

森の中の遊園地・多摩テックの思い出

2009年9月30日をもって閉園した、東京都日野市の丘陵地に位置する遊園地「多摩テック」。 自然豊かな森の中を走るゴーカート、色々な乗り物があり、大人も子ども楽しめる施設でした。森の中の遊園地「多摩テック」の思い出をまとめてみました。

10,766 view

多摩テック(たまテック、Tama Tech)

 (1570387)

「多摩テック」は、1961年に、本田技研工業系列のモータースポーツセンターとしてオープン。
初代所長は、当時ロードレース世界選手権250ccクラスで、日本人として初優勝をした高橋国光。

東京都西部の日野市にある約12万平方メートルの丘陵地に設けらモータースポーツをテーマにした遊園地であり、開園初期にはモトクロスコース場があり、90年代には温泉施設「クア・ガーデン」がオープンした。

初期の多摩テックはモータースポーツセンターだった

 (1570376)

1961年、本田技研工業系列のモータースポーツセンターとして多摩テックはオープンし、開園当時の多摩テックには、モトクロスコースがあった!
 (1570378)

1961年開園時、レースが行われた?

多摩テックがオープンした翌年の、1962年9月
三重県鈴鹿市に「鈴鹿サーキット」が完成。

1970年代~1990年代・遊園地「多摩テック」

ナフナフのファミリーアルバム・多摩テック (1570363)

1970年代~1990年代の多摩テックには、「タイヤカー(UFO)」や「水陸両用車(外輪船)」、係員が運転するジェットコースター「ジェットスレー」、巻き上げ式コースターに改造した「カナディアンジェットライダー」が設置された。
多摩テックならではの乗り物の他に「観覧車」などのアトラクションも多くなり多摩テックは、「遊園地」へと変貌した。

1979年、手塚治虫作キャラクターコチラ登場。
1980年代に新設されたアトラクションは、モノレール型の「スーパージェットライダー」や劇場型「マッハセブン」。「トライアルパーク」・ゴーカート「ザ・カートG400」「ロックガーデンプール」もオープンした。

多摩テックの魅力は?ゴーカートと乗り物

 (1570365)

全長1.2kmという長さのコースをもつゴーカート「ハイパーカート」。

ちなみに、F1が行われる鈴鹿サーキット国際レーシングコースは5.807km(幅員10~16m)で、南コースが1.264km(幅員10m)。
 (1570374)

1966(昭和41)年のゴーカート風景。乗っている人のファッションもレトロ!

1964年(昭和39)の東京オリンピックを契機に高速道路が整備され、自動車が、交通の主役となった。

そして、サラリーマンにも手が届く、マイカーの時代が到来した。

テレビで見る自動車の運転にあこがれ、多摩テックで初めて乗ったゴーカートに興奮した。

(※多摩テックは、1964年にF1参戦した当時のホンダの施設)
 (1570380)

1983年「スーパースカイライダー」

多摩テックならではと思うのは、スーパースカイライダーのコーナーのあたりに看板があることだった。

レース場でよく見る形態の広告だが、他の遊園地では見たことがなかった。
 (1570367)

新しい乗り物が登場したり、大人も楽しめる乗る遊具がたくさんあるのが多摩テックの魅力だった。

子供が遊べる、電気自動車、チンチン電車や、幼児が乗れるバイク型の遊具があり家族連れにも人気があった。
 (1570361)

1998年3月
日本初の車両横回転といわれる遊具「UFO」

多摩テックの場所柄、木が多く、その中をアップダウンしながら進んでい行くのが面白い。
多摩テック:明日への扉  (1570364)

鈴鹿サーキットからやってきた、レース体験ができる「フォーミュラープラス」

休日は二時間以上並んで、乗った人気のアトラクション。
F1レーサー気分になれる、表彰台もあった。

2009 9/30 多摩テック アクロX 紹介ビデオ - YouTube

人気の乗り物「アクロX」

多摩テック「ロックガーデンプール」

第64回 多摩テック閉園へ 老舗遊園地の最後の夏を追う:ホンダと共に歩む道:So-netブログ (1570388)

緑に囲まれた、多摩テック「ロックガーデンプール」は、直径30mの円形大型プール。

右に見える赤い消防車「ファン・ファン ファイヤー」は15種類の遊具がつまった子供に人気の幼児プール。

ロックガーデンプールの特徴は、自然の山を利用したスライダープールだった。

2009年9月多摩テック閉園・グランフィナーレ

 (1570384)

2009年、タイムトンネル展示の様子。

閉園が決まってから、グランフィナーレとしてイベントが開催された。
 (1570383)

2009年、「ゴーカート」が復刻展示された。

ターボ付きでタイムも計れる、レース仕様のキングオブカート「ドリームR」は、多摩テック自慢の最高のゴーカートであった。
24 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ゴーカートが楽しかった「多摩テック」について語ろう!

ゴーカートが楽しかった「多摩テック」について語ろう!

「多摩テック」といえばゴーカート。車の運転をしたことのない子供にとって、自分で運転できるゴーカートは最高のアトラクションでした。多くの“乗り物好き”を魅了した「多摩テック」について語ろう!
東京ディズニーランドの「イッツ・ア・スモールワールド」34年の幕を下ろす。2018年春にリニューアル!!

東京ディズニーランドの「イッツ・ア・スモールワールド」34年の幕を下ろす。2018年春にリニューアル!!

東京ディズニーランドのアトラクション「イッツ・ア・スモールワールド」が2月末に34年の歴史に幕を下ろし、ネット上では惜しむ声が上がっている。
red | 2,524 view
夏に連れて行ってもらったプールで大人気だった「ウォータースライダー」の各種ランキング!!

夏に連れて行ってもらったプールで大人気だった「ウォータースライダー」の各種ランキング!!

夏休みと言えば「プール」連れて行ってもらいましたよね?市民プールなどではなく、大きなレジャーランドのプールに行けるときは大喜びしたもんです。そんなプールの人気アトラクションと言えばウォータースライダー!ウォータースライダーのランキングを紹介しましょう~。
青春の握り拳 | 3,120 view
快獣ブースカが迎えてくれた!閉園された花と緑の遊園地『向ヶ丘遊園』。跡地はなんと藤子不二夫ミュージアムに?!

快獣ブースカが迎えてくれた!閉園された花と緑の遊園地『向ヶ丘遊園』。跡地はなんと藤子不二夫ミュージアムに?!

小田急線の向ヶ丘遊園駅にある、自然やアトラクションが楽しめる家族向けのテーマ―パークでした。皆から愛されたテーマパークでしたが閉園してしまいました。
星ゾラ | 20,200 view
運転スキルを学んだ多摩テック!開園当時は批判も!年代別に歴史を振り返ります!

運転スキルを学んだ多摩テック!開園当時は批判も!年代別に歴史を振り返ります!

1961年に開園した多摩テック。本田技研工業系列での経営として乗り物が多く、人気を博しました。2009年の閉園までの歴史を、アトラクションやキャラクターも含め、まとめてみました!!
ひで語録 | 5,658 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト