【一発屋?orヘヴィロテ?・洋楽編】いつのまにか華麗に消えてしまった…あの曲をまとめてみます。
2016年5月24日 更新

【一発屋?orヘヴィロテ?・洋楽編】いつのまにか華麗に消えてしまった…あの曲をまとめてみます。

 ハヤテのように現れて華麗に去っていってしまったアーティストたち、そしてラジオでヘヴィーローテーションされていたあの曲も…忘れてしまわないうちに! 1970年代から1990年代まで時代を彩った20世紀の「一発屋(洋楽編)」たちをまとめてみます。

27,159 view
 「一発屋」の洋楽ヴァージョンです。中には「一発屋」と呼ぶには、ちょっとためらってしまうようなアーティストも含まれているかもしません。ご了承ください。
 ヒットした(あるいはラジオなどでヘヴィーローテーションされていた)けど、なんとなく一曲だけで華麗に去っていってしまったアーティストたちを、時代ごとにまとめてみます。

70年代

ジグソー「スカイ・ハイ」

ジグソー(Jigsaw)

ジグソー(Jigsaw)

 この曲は今でもいろんなところで聴くことができますね!
 70年代当時はプロレスのミル・マスカラスの入場テーマ曲でした。
 そのほかにも、こんなにテーマソングとして起用される名曲と言っていいと思います。
 
 元北海道日本ハムファイターズの二岡智宏、元阪神タイガースの八木裕の登場曲、ガイナーレ鳥取の試合出場選手紹介時のBGMとして使われたほか、CM音楽などでも多用されている。
ミル・マスカラス

ミル・マスカラス

後ろ姿ですが、こんなふうにトップロープから高く飛ぶ…まさに「スカイ・ハイ」!

SKY HIGH !!! 1975 JIGSAW - YouTube

The Virgin Mary spoke with the bride of her Son about a certain bishop for whom the bride was praying devoutly. Here she gives noteworthy instructions and of...
ジグソー「スカイ・ハイ」
出典 youtu.be

ワイルド・チェリー「プレイ・ザット・ファンキー・ミュージック」

ワイルド・チェリー(Wild Cherry)

ワイルド・チェリー(Wild Cherry)

「ダンス甲子園」!
 この曲は70年代でもヒットしたかと思いますが、むしろその後、80年代「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」の「ダンス甲子園」でいつも流れていたことで、かなり有名になりました。

Wild Cherry - Play That Funky Music - YouTube

Wild Cherry - Play That Funky Music
ワイルド・チェリー「プレイ・ザット・ファンキー・ミュージック」
出典 youtu.be

ザ・ナック「マイ・シャローナ」

ザ・ナック(The Knack)

ザ・ナック(The Knack)

これぞ偉大な一発屋!
いわずもがな"My Sharona"のメガヒットで、他の全てが吹き飛んでしまった感もあるのですが、
当時のキャピトルレコードのスター発掘戦略(ビートルズの再来を狙っていたと言われてますが)
とか、当時の辣腕プロデューサー、マイク・チャップマンのいい仕事とか、ナックが本来もって
いたネオ・ロカビリーな方向性とかが、この1曲に集約された格好ですよね。
投稿者 teacups 様から引用させていただきました。

The Knack - My Sharona - YouTube

Music video by The Knack performing My Sharona (Audiovisual).
ザ・ナック「マイ・シャローナ」
出典 youtu.be
 ザ・ナックのように一曲が爆発的に売れてしまうと、他の曲がかすんで見えて(聞こえて)しまうというパターンもありますね!
 大ヒットは喜ぶべきですが、次のプレッシャーも大きいように思いますね…。

バグルス「ラジオ・スターの悲劇」

2002年に発売されたPlayStation 2用ゲームソフト「グランド・セフト・オート・バイスシティ」にもゲーム内のラジオで流れる曲として収録されており、2003年には、日本のテレビドラマ『東京ラブ・シネマ』の挿入歌に起用された

The Buggles - Video Killed The Radio Star - YouTube

Music video by The Buggles performing Video Killed The Radio Star. (C) 1979 Island Records Ltd.
バグルス「ラジオ・スターの悲劇」
出典 youtu.be
70 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

少女隊やWinkもカバー!「バグルス」「ザ・ナック」などを越える超絶一発屋「ゼーガー&エバンズ」とは?

少女隊やWinkもカバー!「バグルス」「ザ・ナック」などを越える超絶一発屋「ゼーガー&エバンズ」とは?

皆さんは「ゼーガーとエバンズ」という2人組をご存知でしょうか?60年代を中心に活動したフォークグループで、いわゆる「一発屋」と言われるグループのひとつです。しかし、彼らの「一発屋度合い」は他のミュージシャンの比ではありません!この記事では、一発屋の中でもとりわけ特異な存在である彼らを特集してみたいと思います。
【一発屋?orヘヴィロテ?・洋楽編(2)】(1)に続き今回は80年代を中心に集めてみました。

【一発屋?orヘヴィロテ?・洋楽編(2)】(1)に続き今回は80年代を中心に集めてみました。

 一発屋なのかヘヴィーローテーションなのか、ハヤテのように現れてヒットを飛ばし華麗に去って行ってしまったあの曲をもう一度! 中には「一発屋」ではないけれども「その一曲がデカ過ぎて…!」というアーティストの曲もあります。今回は80年代と90年代洋楽が中心です。
Yam | 4,633 view
大事MANブラザーズの「それが大事」の新たなPVが制作される!バンタンカッティングエッジ2018にて初公開!!

大事MANブラザーズの「それが大事」の新たなPVが制作される!バンタンカッティングエッジ2018にて初公開!!

株式会社バンタンが運営するファッション、映像などのスクール「バンタンデザイン研究所」は、大事MANブラザーズの「それが大事」のPV(プロモーションビデオ)を制作する産学協同プロジェクトを実施しました。
隣人速報 | 266 view
【ジュリア・フォーダム】そのセクシーな低音と伸びる高音は一度聴いたら忘れられない!

【ジュリア・フォーダム】そのセクシーな低音と伸びる高音は一度聴いたら忘れられない!

日本のドラマの挿入歌や映画、CMにも起用されたことのあるジュリア・フォーダム。その歌声は芯のある太い低音と、伸びのある美しい高音の両方を兼ね揃えています。そんなジュリア・フォーダムの初期の名曲を聴き直してみたいと思います。
つきねこ | 308 view
あみん、アラジン、TOM★CAT…一発屋が「一発当てた直後に出したシングル」(80年代編)

あみん、アラジン、TOM★CAT…一発屋が「一発当てた直後に出したシングル」(80年代編)

日本の音楽史を語る際に外せない存在である「一発屋」。一発屋というとその代表曲ばかりが注目されますが、代表曲の「その次に発表したシングル」を皆さんご存知でしょうか?この記事では、あまりスポットライトの当たらない「一発屋が一発当てた直後に出したシングル」のうち、80年代に発表された曲について書いてみたいと思います。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト