2017年11月15日 更新

森川美穂ベスト盤リリース記念♪インタビュー&動画コメント

1985年にデビューしてから32年。これまでのシングル全30曲から厳選した12曲を再レコーディング。さらに新曲を追加した“今の森川美穂”が歌うベストアルバムを発表。 リリースを記念して、メールインタビューを敢行。さらにミドルエッジ読者向けの動画コメントを頂戴しました。

3,006 view

歌姫・森川美穂がミドルエッジに登場~!

1980~1990年代に活躍し、我らの目と耳を楽しませてくれた歌姫・森川美穂。
11月15日にアルバム『森川美穂ベストコレクション Be Free』を発表する彼女にメールインタビューを敢行。
さらにミドルエッジ読者向けの動画コメントを頂戴しました。
森川美穂(もりかわ みほ)

森川美穂(もりかわ みほ)

1968年5月5日生まれ、大阪府出身。
日出女子学園高校卒業。
1985年、シングル「教室」でアイドル歌手としてデビュー。
1990年、NHKアニメ『ふしぎの海のナディア』の主題歌「ブルーウォーター」がヒット。
7枚目のアルバム「Vocalization」、8枚目のアルバム「POP THE TOP!」が連続でオリコン週間4位を獲得し、“GiRLPOP" 系アーティストとして音楽ファンに広く認知された。
優れたルックスと確かな歌唱力で全国の学園祭から熱狂的に支持され「学園祭の女王」の異名で各メディアの露出が増加。
1992年からは、フジテレビの人気番組『夢がMORI MORI』のキックベースコーナーにレギュラー出演、お茶の間での認知度も一気に拡がった。
1997年以降はミュージカルにも出演。
2015年に歌手生活30周年を迎え、現在は大阪をベースにアーティスト活動を行いながら、並行して大阪芸術大学で准教授として「ヴォーカル実技」を教えている。

ミドルエッジ独占インタビュー

新アルバム『森川美穂 ベストコレクションBe Free』のことや、懐かしいあの曲についてのエピソードなどを聞いてみました♪
ミドルエッジ
編集部

まず今回のアルバム「森川美穂ベストコレクション Be Free」はどのような想いや経緯から制作することになったのでしょうか?

森川美穂

ファンの方のアンケートを取ってみようと、やってみたところ、皆さんから熱い要望をいただいたので、制作しようと話が進みました。

ミドルエッジ
編集部

アルバムの選曲・曲順はどのように決めていったのですか?

森川美穂

ファンの方のアンケート「あなたが選ぶ 森川美穂のシングルベストテン」 を参考にしました。

ミドルエッジ
編集部

再レコーディングにあたって、どのようなことを意識されて臨まれたのですか?
また、どんなところに注目して聴いて頂きたいですか?

森川美穂

今回は現在一緒にLIVEをしているバンドでの同録です。
LIVE感を楽しんでいただけたら嬉しいです。
私自身は、オリジナル性を大切にしつつ、改めて歌うことで再発見したことや 新鮮さを失わないよう意識しました。

ミドルエッジ
編集部

今回のアルバムタイトルに8thシングル『Be Free』を付けたのはどのような理由からでしょうか?

森川美穂

ファンの方のベスト1が「Be Free」だったことと、私自身、若い頃よりずっと自由にうたえるようになったからです。

ミドルエッジ
編集部

今回「おんなになあれ」の演奏に参加されているギタリストの押尾コータローさんとは、どのような経緯からコラボすることになったのですか?

森川美穂

かれこれ10年程前にラジオ番組で初めて押尾さんのギターで歌う機会に恵まれ、いつかご一緒したいと思っていました。
今年初めにまた同じような機会があり、長年密かに想っていたことと今回のアルバムのタイミングがうまく合ったのでお願いしました。

ミドルエッジ
編集部

ご自身も出演された『夢がMORI MORI』のオープニング曲「恋していれば大丈夫」も収録されていますね。
番組の想い出を一つ教えてください。

森川美穂

キックベースボールの収録の朝が毎回早くてつらかった・・・(笑)

ミドルエッジ
編集部

アニメ「ふしぎの海のナディア」の主題歌だった「ブルーウォーター」は物語にピッタリの名曲として作品のファンから長く愛され続けています。
当時、歌う際にアニメの世界観やキャラクターなどを意識されたりしたのでしょうか?

森川美穂

歌う時はまだアニメができていなかったので、(ストーリーだけは知っていました)
意識はしていません。

ミドルエッジ
編集部

新曲「ビニールの傘」の作詞は松井五郎さんですね。森川さんご自身でも作詞をされていますが、松井五郎さんの書く歌詞をどのように感じられていますか?

森川美穂

情景描写と心情が溶け合うことで生まれるドラマティックさは圧巻です。
言葉の選び方と使い方、すべてにプロフェッショナルを感じます。
松井五郎さんの作品を歌えて本当に幸せです。

ミドルエッジ
編集部

森川さんは現在、大阪芸術大学でヴォーカル実技を生徒に教えられていますが、人に教えることがご自身に与えた影響はございますか?

森川美穂

これまで動物的勘で歌ってきたことを、少し頭で考えるようになったことくらいです。

ミドルエッジ
編集部

幼い頃から歌手に憧れていたそうですが、その夢を叶えてから32年間が経ちます。
振り返ってみていかがですか?

森川美穂

歌うことが大好きという情熱が冷めないことに、自分でも驚いています。

ミドルエッジ
編集部

歌手をやめたいと思ったことはございましたか?

森川美穂

やめたいと思ったことはありません。
環境がやめるという選択肢を持ったことはあります。

ミドルエッジ
編集部

『歌手・森川美穂』としてのこれからの目標を教えてください。

森川美穂

私の歌謡曲を作っていくこと。 「ビニールの傘」は、その第一弾です。 日常の中にある様々な愛を同世代に向けて歌い、歌の旅を続けていくこと。

森川美穂さん、ご多忙なところお答え頂き、ありがとうございました!

ミドルエッジ読者への動画メッセージ

【ミドルエッジ】森川美穂 動画コメント

森川美穂さんからミドルエッジ読者の皆さんへ動画コメントを頂戴しました。

新アルバム『森川美穂 ベストコレクションBe Free』

森川美穂ベストコレクションBe Free

2,800
1985年のデビュー以来、これまで森川美穂が発表したシングル30曲の中より
ベストな楽曲を選曲し、現在の森川美穂が新たにレコーディングした究極の
セルフカヴァーアルバム。

森川美穂「Be Free」MV (11月15日発売 AL『森川美穂ベストコレクションBe Free』収録)

【収録楽曲】
1. おんなになあれ (オリジナル:1987年3月5日発売/6thシングル)
arr.&play 押尾コータロー

2. Be Free (オリジナル:1988年4月6日発売/8thシングル)
3. POSITIVE (オリジナル:1991年12月18日発売/15thシングル)
4. わかりあいたい (オリジナル:1988年7月21日発売/9thシングル)
5. 目覚めたヴィーナス (オリジナル:1992年6月17日発売/16thシングル)
6. チャンス (オリジナル:1989年4月19日発売/11thシングル)
7. 99 Generation (オリジナル:1996年4月17日発売/23rdシングル)
8. PRIDE (オリジナル:1987年10月1日発売/7thシングル)
9. 恋していれば大丈夫 (オリジナル:1994年5月25日発売/20thシングル)
10. 翼にかえて (オリジナル:1992年10月22日発売/17thシングル)
11. ブルーウォーター (オリジナル:1990年4月25日発売/12thシングル)
guest solo guitar:いまみちともたか
12. 教室 (オリジナル:1985年7月21日発売/1stシングル)
13. ビニールの傘 (新曲)


最新のライブ開催&メディア出演情報などは、オフィシャルサイトでチェック!
38 件

関連する記事こんな記事も人気です♪

【秋山準&大森隆男 独占インタビュー①(秋山準編)】デビュー25周年!全日本プロレス秋山社長が語る、これまでとこれからの全日本プロレス!

【秋山準&大森隆男 独占インタビュー①(秋山準編)】デビュー25周年!全日本プロレス秋山社長が語る、これまでとこれからの全日本プロレス!

10月21日にデビュー25周年記念大会を横浜文化体育館で行う秋山準・全日本プロレス社長。全日本プロレスの象徴である馬場さんにスカウトされての入団から25年。今は全日本プロレスの社長を務めている秋山選手に、25周年記念大会を迎えるにあたって、これまでとこれからの全日本プロレスをミドルエッジ読者に対して語って頂きました。
【インタビュー】人間椅子・和嶋慎治が語ったイカ天・オカルト・江戸川乱歩…。

【インタビュー】人間椅子・和嶋慎治が語ったイカ天・オカルト・江戸川乱歩…。

デビューから28年を迎えるロックバンド『人間椅子』の和嶋慎治が、オカルトやミステリーに惹かれたきっかけ、イカ天・バンドーブーム時の経験、バンド名の由来にもなった江戸川乱歩作品など懐かしい想い出から、若いミュージシャンや他アーティストのカバーまで音楽に関する熱い想いを語った超ロングインタビュー。
元祖チャイドルがママになって帰ってきた!野村佑香がミュージカル調で「ママあるある」を歌う動画公開!

元祖チャイドルがママになって帰ってきた!野村佑香がミュージカル調で「ママあるある」を歌う動画公開!

江崎グリコが新商品「ポッキー贅沢ショコラティエ」の発売を記念して、「元チャイドル」野村佑香出演のミュージカル動画「ママランド」を公開しました。ママ友付き合いに疲れたお母さんや、当時野村佑香のファンだったお父さんの両方にオススメできる動画となってます!
隣人速報 | 728 view
[インタビュー]ソロデビュー30周年の工藤静香が語る新アルバム『凛』と懐かしの過去作品

[インタビュー]ソロデビュー30周年の工藤静香が語る新アルバム『凛』と懐かしの過去作品

今年でソロデビュー30周年を迎える工藤静香がデビューアルバム『ミステリアス』から最新アルバム『凛』まで全アルバムについて語った貴重なインタビュー。さらに期間限定のお得情報もご紹介。
ほんとうはエロいアイドル歌謡曲

ほんとうはエロいアイドル歌謡曲

年端もいかない若い女の子や男の子が、エッチな歌詞の歌を一生懸命歌う…。そんな見るもの・聴くものに背徳感を与える70年代~90年代にかけてのエロいアイドルソングを、今回は独断と偏見により5段階で評価しながら紹介していきます。
こじへい | 8,842 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト