名前は知らなくてもあなたも絶対知ってる「ギルバート・オサリバン」
2017年11月30日 更新

名前は知らなくてもあなたも絶対知ってる「ギルバート・オサリバン」

きっと誰でも一度は聞いたことがある「アローン・アゲイン」。ノスタルジーあふれる声とメロディラインのあの曲を歌った「ギルバート・オサリバン」について語ってみよう。

3,049 view

聞いたことあるでしょ「アローン・アゲイン」

1972年にリリースされたバラード曲。歌っているのはギルバート・オサリバン。
当時聞いたことがない人でも、
CMソングとか、1986年の映画「めぞん一刻」
2004年のTBS「ホームドラマ!」のオープニングタイトルで、
知っている人もいるかもしれませんね。

ギルバートオサリバン アローンアゲイン

正確にはタイトルは「アローン・アゲイン(ナチュラリー)」
歌詞の最後のことばそのものです。

少しかすれたオサリバンの声と、歩く速さのこころよいテンポ、
セピア色めいた、哀愁のある、ノスタルジーあふれる曲想、
イージーリスニングに近い、やわらかく明るいバラードのようですが
実は歌詞はかなり暗くて重いです。

教会で花嫁を待っていたのにドタキャンされて
自殺しようとしている人間の歌なんです。
親が亡くなった時のこととかも思い出されて
「またひとりぼっちになっちゃたんだ」
そういう歌です(涙

1972年にリリースされると、アメリカ合衆国のBillboard Hot 100シングルチャートとイージー・リスニング・チャートで計6週1位を獲得した[1]。また、ケイシー・ケイサムのチャート番組『American Top 40』が集計した1970年代のベスト50曲では5位(デビー・ブーンの「恋するデビー」が1位)となった。イギリスでは、全英シングルチャートで3位を獲得した[2]。日本ではオリコン洋楽シングルチャートで1972年10月23日付から5週連続1位を獲得した[3]。
こんな暗い暗い歌詞なのに、こんなにヒットしたのは
やっぱりこの曲がそれでもなお魅力的だったからでしょう。
改めて聴くと、メロディラインは淡々としていて、
サビで歌いあげるような節回しもないのに
聴いている人間のなかにひたひたとうちよせてくる
静かな湖の波のような曲だと思います。

ギルバート・オサリバンという人

Gilbert O'Sullivan

Gilbert O'Sullivan

このもじゃもじゃヘアも特徴です。
ちょっとアート・ガーファンクルっぽいけど。

2009年のテル・アビブのコンサートでの画像。
バックにあるのは1970年代の画像ですね。
ギルバート・オサリバン(Gilbert O'Sullivan、1946年12月1日 - )は、アイルランド出身の歌手、シンガーソングライター。本名:レイモンド・エドワード・オサリバン (Raymond Edward O'sullivan) 。芸名は劇作家ウィリアム・S・ギルバートと作曲家アーサー・サリヴァンをもじったもの。代表曲に「アローン・アゲイン」(Alone Again - Naturally)や「クレア」(Clair)などがある。出身はアイルランドだが育ったのはイギリスである。
名前に「O'」が入るので、アイルランド系ですね。
「アローン・アゲイン」で親の死についての歌詞があって、
自分のことではないかと取りざたされたそうですが
オサリバンの父は11歳の時に亡くなっていて、また父親は母親につらく当たっていたらしく
自分のことを歌ったわけではないと、当時のライナーノーツに書いています。

13歳でアイルランドからイギリスに移住。
おそらく当時大ブームだったビートルズの影響も多分に受けていたでしょう。1960年中盤、美術大学在学中にバンド活動を始めます。

1969年にMAMレコードと契約、「Mikado」で有名なオペレッタの作曲チームGilbert & Sullivanから本名とかけて、Gilbert という芸名で、1970年に「ナッシング・ライムド」でデビューします。

Nothing rhymed ( with lyrics ) - Gilbert O' Sullivan

若い!
しかももじゃもじゃヘアじゃないし!
イントロから切ないです~。
歌詞もかなり難解で抽象的。
「僕の心の中の感情は、僕を決して否定しない
良しとすることをあえて選んで悪くすることだってある
賭けで勝った金なんて身につかないってよく言うだろ

古いものも新しいものも得るものもない
生まれるものも失くすものもない」

サビの「Nothing~」と繰り返し歌うとこなんか
ある意味中二病か、とも思いますけどね。今から考えると。
若い、まだ20代のオサリバンが感じていた社会への憤りというか、
不安とか欺瞞とかがシニカルに出てますね。
でも
「Nothing I couldn't say
 Nothing why 'cos today
 Nothing rhymed」
(口に出せないものなどない
 今日だから、というものもない
 韻を踏んで詠うものも)
なんて歌詞を、韻を踏んで歌ってるんですよね(^^)
Nothing Rhymed シングルジャケット

Nothing Rhymed シングルジャケット

イギリスのシングルチャートでは8位、アメリカで30位、オランダで1位だったそうです。
このシングルの入ったデビューアルバム「Himself」は、全英チャートで最高5位をマーク、
86週の長きに渡ってランクインするロングセラーとなり、
ギルバート・オサリバンの名が一気に広まりました。
Himself CD, Deluxe Edition,...

Himself CD, Deluxe Edition, Import

日本では「ギルバート・オサリバンの肖像」というタイトルでしたね。

アローン・アゲイン、それから次々にヒットを

1972年の「アローン・アゲイン」はヒットし、同年のグラミー賞にノミネートされます。
同時期に発売されたアルバム「バック・トゥ・フロント」も全英でトップになります。

その後、オサリバンは次々にヒットを連発します。
「ゲット・ダウン」「クレア」「ウー・ベイビー」。

「ゲット・ダウン」は、「アローン・アゲイン」のバラード調とは違って
当時のリズムを意識したテンポアップロックの曲。
「クレア」は、当時プロデューサーであったゴードン・ミルズの3歳の末娘を歌った曲で
オサリバンがベビーシッターを引き受けた時
とてもなついてくれたことから生まれた曲だそうです。
歌詞の中に「レイおじさん」と出てくるのは、
オサリバンの本名「レイモンド」のこと。
日本では「アローン・アゲイン」の次になじみのある曲でしょうね。

ギルバートオサリバン クレア

プロデューサーとの決裂と、その後

そこまで親密につきあいのあったプロデューサーのゴードン・ミルズとオサリバンですが、
音楽性についての見解と、権利関係のもめごとから、決定的に決裂します。
ロイヤリティについてミルズが多く取り過ぎていたことが裁判沙汰になり、
1982年に結審しオサリバンが勝訴、ミルズが1986年に51歳で死去するまで
オサリバンがヒットを生み出すことはありませんでした。
長年にわたる裁判により、人間不信に陥っていたそうです。

係争中に自分をささえてくれたスウェーデン女性のアウゼと1980年に結婚、一人娘が生まれます。

裁判後、曲作りに意欲的になりますが、レコード会社との契約がうまくいかず
イギリスのチャンネル諸島にあるジャージー島に移り住み、
そこでマイペースな創作活動を始めるに至ります。

27 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コマじろうだモンゲー 2017/12/6 19:41

    九重佑三子さんが歌ってましたね。
    また一人、というタイトルだそうです。

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

メガドライブミニ発売記念!?収録されるゲームのキャラを「編みぐるみ」にする人が出現!!

メガドライブミニ発売記念!?収録されるゲームのキャラを「編みぐるみ」にする人が出現!!

9月19日に発売が決定した「メガドライブミニ」。このたび、メガドライブミニに収録されるゲームに登場するするキャラを「編みぐるみ」にしている人がいると、SNSを中心に話題となっています。
隣人速報 | 662 view
元祖グラビアアイドル!アグネス・ラムの「未公開ビキニ」が45年ぶりに発掘!デジタル写真集になって発売決定!!

元祖グラビアアイドル!アグネス・ラムの「未公開ビキニ」が45年ぶりに発掘!デジタル写真集になって発売決定!!

元祖グラビアアイドルとして数々の雑誌を彩ったアグネス・ラムの未公表写真が45年ぶりに発掘!それらを1冊にまとめたデジタル写真集「アグネス・ラム 砂浜の恋人」が、小学館より現在好評発売中です。
隣人速報 | 11,683 view
90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

集英社が発行する日本を代表する少女漫画誌「りぼん」の展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が、東京・新宿高島屋及び京都高島屋などで開催されることが決定しました。
隣人速報 | 1,371 view
講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

1954年の創刊以来、女の子に愛されてきた漫画雑誌「なかよし」が、2020年1月号で65周年を迎えます。日本で現存するマンガ雑誌の中で最も長い歴史を持つ「なかよし」。その65周年を記念し、原画展の開催が決定しました。開催期間は10月4日から12月25日まで。
隣人速報 | 761 view
ハローキティがついに「ハリウッド映画」に進出!サンリオがかつて製作したハローキティのアニメ映画って?

ハローキティがついに「ハリウッド映画」に進出!サンリオがかつて製作したハローキティのアニメ映画って?

株式会社サンリオとワーナー ブラザース ジャパン合同会社は、サンリオキャラクター初のハリウッド映画の脚本家に、脚本家プロダクション「ノウン・ユニバース」のリンジー・ビアの起用を発表しました。
隣人速報 | 388 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト